ホーム > 生産 > 施設園芸


ここから本文です。

更新日:平成28年2月29日

担当:生産部園芸特産課

施設園芸

【注目・新着情報】

  ・施設園芸・植物工場における先進技術と東海地域(静岡)の地域農業を支える施設園芸をメインテーマに「施設園芸新技術セミナー・機器資材展in静岡」(日時:平成28年10月13日~14日)が開催されます。詳しくはこちら(一般社団法人日本施設園芸協会へリンク)NEW

平成28年度の施設園芸への支援

次世代施設園芸の地域展開の促進

次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し、次世代施設園芸を各地域に展開するため、拠点の成果に関するセミナー等の情報発信、拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに、次世代型大規模園芸施設の整備を支援します。

平成28年度予算概算決定

強い農業づくり交付金

国産農畜産物の安定供給のため、生産から流通までの強い農業づくりに必要な共同利用施設の整備等を支援します。

平成28年度予算概算決定

産地活性化総合対策事業

産地の活性化を図るため、「強み」のある産地形成、生産・流通システムの高度化など、生産現場での多様な課題の解決に向けた取組を支援します。

平成28年度予算概算決定 

花粉交配用昆虫

蜜蜂をはじめとした訪花昆虫は、蜂蜜等の有用な畜産物の生産のみならず、いちご、メロン等果菜類などの園芸作物生産における花粉交配の手段として用いられる等、省力化を図る上で欠かせないものとなっています。

安定した野菜生産のためには、園芸農家においても花粉交配用蜂群の適切な管理が必要です。

蜜蜂

セイヨウオオマルハナバチ(特定外来生物)について

セイヨウオオマルハナバチは特定外来生物に指定されています。法令等で定められた基準に従って管理してください。

訪花昆虫への支援

お問い合わせ先

生産部園芸特産課
担当者:訪花昆虫係・施設園芸支援係
代表:048-600-0600(内線3335)
ダイヤルイン:048-740-5894
FAX:048-601-1431

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

関東農政局案内

リンク集