ホーム > 生産 > 野菜の消費拡大


ここから本文です。

更新日:平成28年2月19日

担当:生産部  園芸特産課

野菜の消費拡大

あなたの野菜摂取量は足りていますか?

健康を保つために大切な野菜の摂取量は、まだまだ目標量に足りない状況です。

「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21(第2次))-厚生労働省」では、平成34年度の成人1人当りの野菜の摂取目標量を350g以上としていますが、平成25年国民健康・栄養調査(厚生労働省)によれば1人当り平均摂取量は283.1gとなっています。

健康のために、もっと野菜を食べましょう。
詳しくは… あなたの野菜摂取量は足りていますか?-野菜を食べて健康に- 

加工・業務用野菜対策

 野菜の消費拡大対策

東京都中央卸売市場で冬期間に入荷が増える関東地域の主要野菜と、地域の野菜の料理レシピを紹介しています。

これまでの取り組み

平成23年度 

夏野菜のレシピ、地域のイベント等をご紹介しています。

「夏の元気は野菜から!」…夏野菜はビタミンやミネラル、食物繊維、機能性成分が豊富に含まれており、暑い夏を元気に過ごすため欠かせない食材です。この野菜に関するイベント、ご当地朝市・道の駅、野菜レシピ等を紹介しています。 

東日本大震災の被災地及びその周辺地域で生産・製造されている農林水産物、加工食品を販売するフェア等を紹介しています。

野菜産地のルポと料理レシピ等が掲載されています。 

夏の元気は野菜から!夏ベジプロジェクト お鍋でほかほか  鍋ほか推進プロジェクト

平成22年度

東京都中央卸売市場で冬期間に入荷が増える関東地域の主要野菜と、地域の野菜の料理レシピを紹介しています。

  •  たくさん食べよう関東の野菜!~8月31日は野菜の日~

「野菜の日」である8月31日を中心とした時期に、野菜の機能性や成分等のパネル展示、関東地域で夏に収穫される野菜と料理レシピ等を紹介しました。

実施時期:平成22年8月23日~9月3日

場所:埼玉県さいたま市中央区新都心2-1  さいたま新都心合同庁舎1号館1階インフォメーションセンター 

  • 夏ベジプロジェクト

農林水産省では、夏野菜の時期7月~9月の野菜の消費拡大のために、企業・団体等と協力してキャンペーン活動を実施しました。

詳細はこちら。 

 

平成21年度

  •  冬野菜の情報
  •  夏野菜の情報

平成20年度

 夏の野菜料理で涼しくなろう!

 

平成19年度

「私の一人鍋レシピ」 →詳細はこちら 

参考リンク 

農林水産省

 

 

青果物健康推進協会

農畜産業振興機構

 

 

お問い合わせ先

生産部園芸特産課
代表:048-600-0600(内線3348)
ダイヤルイン:048-740-0442
FAX:048-601-1431

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

関東農政局案内

リンク集