このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

GAPに関する情報

GAP(農業生産工程管理)について

GAPとは、農業者自らが、


(1)農作業のルールを決定する。
(2)ルールに従って農作業を行い、記録を残す。
(3)ルールが守れたか点検を行う。
(4)次回の農作業に向けて改善を行う。

という一連の「農業生産工程管理」(プロセスチェック手法)のことです。GAP(農業生産工程管理)は、農産物の安全確保のみならず、環境保全、農産物の品質の向上、労働安全の確保等に有効な手法であり、このような生産工程の管理手法を我が国の多くの産地・農業者が取り入れ、自らの営農・生産条件や実力に応じて取り組むことが、安全な農産物の安定的な供給、環境保全、農業経営の改善・効率化の実現につながります。また、生産された農産物の安全性や品質の確保等について消費者・食品事業者等の信頼を確保する上でも有効な手法となります。
*GAPとは、「Good Agricultural Practice」の略です。

GAPの定義

国連食糧 農業機関 (FAO) 
(仮訳)GAPとは、農業生産の環境的、経済的及び社会的な持続性に向けた取組みであり、結果として安全で品質の良い食用及び非食用の農産物をもたらすものである。 

農林水産省ガイドライン
農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のこと。

 

GAPに取り組んでみましょう


パンフレット「農業生産工程管理(GAP)をやってみよう」(PDF : 2,334KB)
農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン(農林水産省HP)

管内のGAP取組事例紹介

GAPに先進的に取り組まれている事例を取りまとめました。

平成27年度紹介事例
平成26年度紹介事例
平成25年度紹介事例
平成24年度紹介事例
平成23年度紹介事例

平成22年度以前に調査及び紹介した事例を含めた一覧は
こちら

GAP関連予算について

平成28年度予算概算決定について (PDF:1,310KB)

施策関連情報(PDF:1,310KB)

「必見!農業者の皆さん労災保険の特別加入をご存じですか!!」(パンフレット)(PDF : 1,663KB)
「生鮮野菜を衛生的に保つために-栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針」(PDF : 2,437KB)

会議等情報

リンク集 

農林水産省へのリンク
GAP取組支援データベース(平成23年5月27日掲載)
【農林水産省・平成22年度産地収益力向上支援事業全国推進事業(先進的総合生産工程管理体制構築事業)成果】
特定非営利活動法人 農業ナビゲーション研究所のページ。生産者や農業関係者がGAPの検討や導入あるいは指導を行う際に活用出来る情報が掲載されております。

関東地域の各都県のホームページ(GAP関連)へのリンク
茨城県 
栃木県
群馬県 
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
山梨県
長野県
静岡県 

 過去の情報

農業生産工程管理(GAP)推進に関する関東ブロック会議の開催について(平成23年3月3日)
「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」の策定に伴う関東ブロック説明会の開催について(平成22年4月28日)
平成20年度GAPシンポジウムの概要を掲載しました。(平成21年6月9日)
GAP手法に関する情報(導入マニュアル及び基礎GAPシート(農林水産省HP)

お問合せ先

生産部生産技術環境課
担当者:農政調整官、技術係
代表:048-600-0600(内線3336)
ダイヤルイン:048-740-0432
FAX:048-601-1431

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader