このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

関東の水稲

出穂期の水田

写真:出穂期の水田

 

関東の水稲の現状

  • 関東の水稲をめぐる状況について(PDF : 880KB)
  • 関東農政局/各種統計 
       管内都県の作付面積、収穫量などの各種統計情報や、農林水産統計年報、ポケット関東農林水産統計などが掲載されています。
  • 統計情報(品目別分類/米) [農林水産省へリンク]
       全国の作付面積や収穫量など、米に関する各種統計情報が掲載されています。



水稲直播栽培関連情報

担い手農家への農地の集約が進むなか、一層の水稲の生産コスト低減や作業省力化を図る栽培方法として、水稲直播栽培が期待されており、各試験研究機関や都道府県等では、各種栽培技術の開発が進められています。 

           ・直播選択ドットネット
           ・グレーンドリル乾田直播
           ・不耕起V溝乾田直播
           ・無コーティング直播「かん湛!」

        
<播種して踏む!麦作後にできる水稲乾田直播技術>


スマート農業関連

ロボット技術や情報通信技術(ICT)などを活用した新たな農業(スマート農業)を実現するために、生産から出荷まで一貫した体系の実証研究を行い、スマート農業の実現の加速化を推進しています。
管内のスマート農業実証プロジェクト採択課題一覧4地区パンフレット(PDF : 2,257KB)
都道府県
市町村
実証課題名
 実証グループ名 代表機関    実証経営体    領域    品目
茨城県
龍ケ崎市等
関東平坦部における栽培管理支援システムとスマート農機の連携による大規模水稲作営農体系の実証
茨城南部スマート農業実証コンソーシアム

農研機構中央農業研究センター 生産体系研究領域
(有)横田農場、YAMAGUCHI farm(株)、内藤貫通  水田作
(大規模)
 水稲
  〃
下妻市
スマート農業技術を活用した超低コスト輸出用米生産の実証
R&G石島輸出用米低コスト栽培実証コンソーシアム  (株)ライス&グルーン石島    (株)ライス&グルーン石島
水田作
(輸出用米)
 水稲
千葉県
神崎町
千葉県香取地域における大規模水田輪作体系のスマート農業実証 神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会  神崎町 (農)神崎東部  水田作
(大規模)
 水稲
長野県
伊那市
中山間地農業を支える集落営農におけるスマート農業技術を駆使した先進的水田複合経営の実証 信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム  長野県農業試験場 (農)田原  水田作
(中山間)
 水稲

新規需要米関連情報

主食用米の需要が減少しているなか、食料自給率向上や水田の有効活用を図るため、新規需要米(飼料用米、米粉用米、稲発酵粗飼料(WCS)等)の生産拡大が進められています。

米の輸出について

コメの輸出量を飛躍的に拡大するため、戦略的に輸出に取り組む産地、輸出事業者が連携した「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」を推進しています。

        コメ海外市場拡大戦略プロジェクト管内の参加状況(平成31年3月31日現在)(PDF : 56KB)
            


高温障害関連情報

  近年、関東管内では夏期の高温による白未熟米の発生など、米の品質低下が問題となっています。 
  このため、各試験研究機関や都道府県等では、高温障害対策技術や高温耐性品種の開発・導入が進められています。

 

 

  • 関東における高温耐性品種の特性
       高温登熟性に優れる、高温登熟を回避することができる等、高温耐性品種が各地で育成・導入されています。

ふさおとめ(千葉県   平成9年)
   熟期は早の早、県下全域で栽培されており、高温登熟性に優れる。耐冷性強。

ふさこがね(千葉県   平成19年)
   熟期は早の中、県下全域で栽培されており、高温登熟性に優れる。耐冷性強。いもち病に強い

風さやか(長野県   平成25年)
   熟期は中の晩で、高温登熟を回避することができる。耐倒伏性強。いもち病に強い。

とちぎの星(栃木県   平成27年)
   熟期はコシヒカリよりもやや遅く、縞葉枯病抵抗性を有し、高温登熟性に優れる。
  (最新農業技術・品種2017)[農林水産技術会議へリンク]

関東以外で作付けられている高温耐性品種としては、つや姫(山形県)、てんたかく(富山県)、元気つくし(福岡県)、
にこまる(農業・食品産業技術総合研究機構)等があります。

 

その他水稲関連情報


 

他農政局の稲作振興に関する情報 

 

管内各都県の稲作振興に関する情報[各都県ホームページへリンク]

 

その他関連団体へのリンク

お問合せ先

生産部生産振興課
担当者:農産係
代表:048-600-0600(内線3351)
ダイヤルイン:048-740-1011
FAX:048-601-0533

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader