ホーム > 消費・安全 > 意見交換会、食品安全セミナー > 意見交換会等の概要(消費・安全関係) > 「信頼への一歩は入出荷記録から~食品のトレーサビリティに関する意見交換会~」の概要について


ここから本文です。

更新日:08年09月22日

担当:消費・安全部消費生活課

「信頼への一歩は入出荷記録から~食品のトレーサビリティに関する意見交換会~」の概要について

  食品の出荷、流通、販売時に各事業者が、何を、いつ、どこから入荷し、いつ、どこへ出荷したかをそれぞれ記録・保管しておくことにより、食品の移動をたどっていけるようにしておく「トレーサビリティ」は、食中毒等の発生時に、問題となる食品の速やかな回収や問題のない食品の流通経路の確保、原因の究明などに役立つものです。

  こうしたトレーサビリティの取組をより多くの事業者の方々に広げていくため、入出荷日、入出荷先等を記録・保管する取組の意義や課題について、共通の理解が深まるよう、食品事業者、消費者、行政等様々な立場の方々の間で意見交換を行いました。

日時

平成20年9月18日(木)13:30~16:30

場所

さいたま新都心合同庁舎1号館  講堂(2F)

埼玉県さいたま市中央区新都心1-1

内容

    トレーサビリティについての情報提供                   

  (1)  「食品のトレーサビリティについて」

  農林水産省関東農政局消費・安全部消費生活課課長補佐   石田   慎二

  (2)  「食品トレーサビリティシステム構築事例」

  三州製菓株式会社  品質管理アシスタントマネージャー         篠崎   典之   様

  (3)  「市場流通におけるトレーサビリティの取り組み」

  横浜丸中青果株式会社  営業本部営業推進部門長               岡田   貴浩   様

 

   パネルディスカッション及び意見交換                    

   【コーディネーター】 

農林水産省関東農政局消費・安全部消費生活課長                 坂本   里美

   【パネリスト】

三州製菓株式会社   品質管理アシスタントマネージャー           篠崎   典之   様

横浜丸中青果株式会社   営業本部営業推進部門長                 岡田   貴浩   様

家庭栄養研究会  副会長                                                                  蓮尾   隆子   様

農林水産省消費・安全局消費・安全政策課調査官                    大島   潔

 

概要等

1                2          3 

 

 

配付資料

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課 
担当者:長谷川
代表:048-600-0600(内線3210)
ダイヤルイン:048-740-0096
FAX:048-601-0548

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

関東農政局案内

リンク集