このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

和食文化の保護・継承

新着情報

ユネスコ無形文化遺産登録


平成25年12月4日、我が国からユネスコ無形文化遺産に登録申請していた「和食;日本人の伝統的な食文化」が登録されました。登録を契機として、日本食文化を未来に向けて守り伝えていくこと機運に繋げることが重要になります。

「和食;日本人の伝統的な食文化」とは
「自然の尊重」という日本人の精神を体現した食に関する社会的慣習

【内容】
(ア)新鮮で多様な食材とその持ち味の尊重 食材健康的な食生活年中行事
(イ)栄養バランスに優れた健康的な食生活
(ウ)自然の美しさや季節の移ろいの表現
(エ)正月行事などの年中行事との密接な関わり

 食文化ホームページ(農林水産省へリンク)



「和食」の保護・継承に向けた取組

だしで味わう和食の日

日本の食文化にとって大変重要な時期である秋の日に、毎年、一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけの日のとなっていくよう願いをこめて、11月24日を"いい日本食"「和食」の日として制定されています。
また、「だしで味わう和食の日」は、11月24日「和食の日」を中心に給食を和食献立にしてもらい、その汁物等で、和食の要である本物のだしのうまみを実感し、「和食」とは何か考えるきっかけにしてもらうものです。

一般社団法人和食文化国民会議(外部リンク)

< だしで味わう和食の日の取組紹介 > 
30年度 

1  社会福祉法人 志心福祉会 はなぶさ保育園 (京都府京都市伏見区) NEWアイコン

  
はなぶさ保育園では、毎年、和食の日(11月24日)に合わせて「和食献立の給食」を提供しています。
  平成30年度の献立は、(ア)ごはん、 (イ)鮭のバター醤油焼き、(ウ)ひじき煮、(エ)さつま芋と玉ねぎの味噌汁の4品です。
         
はなぶさ1 はなぶさ2 はなぶさ3
 和食給食の献立 4品  鮭をおいしく食べます ごはんおいしい!

2  社会福祉法人 稲荷保育園 (京都府京都市伏見区) NEWアイコン

  
稲荷保育園では、毎年、和食の日(11月24日)に合わせて「和食献立の給食」を提供しています。
 
平成30年度の献立は、(ア)ごはん、 (イ)秋刀魚の蒲焼き、(ウ)野菜煮物、(エ)かぼちゃの味噌汁の4品です。

秋の秋刀魚 みんなで食べる 秋刀魚給食食べる
 和食給食の献立 4品  みんなで食べます  秋刀魚おいしい!



29年度

 1  京都府八幡市立有都小学校 (京都府八幡市)


  平成29年11月24日、「だしで味わう和食の日」の取組を取材するため、京都府八幡市立有都小学校を訪れました。
  有都小学校では、毎年、和食の日(11月24日)に合わせて「和食献立の給食」を提供しています。
  平成29年度の献立は、(ア)きのこご飯、 (イ)いわしのみりんぼし、(ウ)ほうれん草のごま和え、(エ)たぬき汁、(オ)牛乳の5品で、材料に八幡産の
  大根や青ねぎ等を使用するなど、できる限り地場食材を活用するよう努めています。
  また、各学年の教室には、和食の日や今日の給食を紹介する資料が掲示され、当日はお昼の放送で栄養教諭の方から詳しい解説があり、児童は給食
  を食べながら耳を傾けていました。

    dashide_1   dashide_2   dashide_3
                   和食献立の給食 5品                                   6年生の教室にて                                          教室の掲示資料
 
  2  社会福祉法人 志心福祉会 はなぶさ保育園 (京都府京都市伏見区)

  はなぶさ保育園では、毎年、和食の日(11月24日)に合わせて「和食献立の給食」を提供しています。
  平成29年度の献立は、(ア)白ごはん、 (イ)魚の竜田揚げ、(ウ)根菜の煮物、(エ)わかめのお味噌汁の4品です。

    dashide_4   dashide_5   dashide_6
                   和食献立の給食 4品                                 好き嫌いはありません                                 おいしい!お味噌汁

  3  社会福祉法人 稲荷保育園 (京都府京都市伏見区)

  稲荷保育園では、毎年、和食の日(11月24日)に合わせて「和食献立の給食」を提供しています。
  平成29年度の献立は、(ア)麦ごはん、 (イ)魚のみりん焼き、(ウ)水菜サラダ、(エ)わかめのお味噌汁の4品です。

    dashide_7   dashide_8 
                   和食献立の給食 4品                                 みんなで楽しく食べます




全国子ども和食王選手権 NEWアイコン

日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子供達の強い関心と理解を育むため、平成28年度より「全国子ども和食王選手権」を開催しています。

本大会は、和食お絵かき部門(小学校1年生~3年生)、和食王部門(小学校4年生~6年生)の2部門で構成されています。6月中旬から9月上旬にかけて、全国8ブロックで予選が行われ、和食お絵かき部門は、各ブロックの金賞の中から総合金賞、総合銀賞、総合銅賞が決定されます。和食王部門は、和食や郷土料理に関する発表、和食クイズ、豆運びなどを競って、各ブロックから選出した8チームの中から、和食王ほか7賞が選定されます。

「第3回全国子ども和食王選手権全国大会」において、近畿ブロックから、「和食王部門」に出場した京都教育大学附属京都小中学校6年生チームが優勝にあたる「和食王」を、「和食お絵かき部門」に出展した奈良市立伏見小学校2年生奥垣佳士さんが「全国総合銀賞」を受賞しました。近畿から応募いただいた小学生の皆さんが、優勝や全国総合銀賞など大活躍した大会でした。

☆「和食王部門」
 
  「和食王」(優勝)   京都教育大学附属京都小中学校 6年生
  
   嶋村 和子さん 、徳持 こはるさん 、齋藤 咲良さん    「『はも 』っちゃう !? 」
  
   発表は、祇園祭で「はも」が食される由来に関する発表。

 表彰式 京都教育大学附属京都小中学校表彰  発表の様子
 表彰式  記念撮影  発表の様子


☆「和食お絵かき部門」
 
  「全国総合銀賞」     奈良市立伏見小学校 2年生
  
   奥垣 佳士さん    「みんなで「ありがとう」のわ、つなぐ、つながる、つづける」

受賞の様子 奈良市立伏見小学校 絵
 表彰式 記念撮影  受賞作品


全国こども和食王選手権(外部リンク) NEWアイコン

地域の伝統的な食文化等の保護・継承に関する取組事例集

地域の伝統的な食文化や郷土料理を次の世代へ継承するため、全国各地の取組を事例集として取りまとめました。

地域の取組事例集(農林水産省リンク)

その他の関連情報

リンク情報
政府インターネットテレビ:徳光・木佐の知りたいニッポン~「守り つなぎ 広める 日本の心 和食」(内閣府リンク)


おうちで和食 ~和食で子育て応援サイト~  

 子育て世代向けに読みやすい和食文化の記事や子育てに関する情報を掲載しています。
 自身も1児のママであるタレントの蛯原英里さんをイメージキャラクターとして、専門家の先生達との和食に関する対談動画やだしの取り方、
 和食離乳食等の動画も掲載しています。






お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課
担当者:地域食品班担当
代表:075-451-9161(内線2761)
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX番号:075-414-7345