このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

知的財産・地域ブランド(種苗法含む)

我が国の農林水産業・食品産業の競争力強化を図ることを目的に、農林水産分野における知的財産の利活用の推進、知的財産権を活用した農林水産物・食品の地域ブランド化に向けた様々な支援を行っています。

地理的表示(GI)保護制度

地域には長年培われた特別の生産方法や気候・風土・土壌などの生産地の特性により、高い品質と評価を獲得するに至った産品が多く存在しています。これら産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護する制度が「地理的表示保護制度」です。
農林水産省は、地理的表示保護制度の導入を通じて、それらの生産業者の利益の保護を図ると同時に、農林水産業や関連産業の発展、需要者の利益を図るよう取組を進めてまいります。

地理的表示(GI)保護制度

登録産品

地理的表示法に基づき、近畿地域で登録されている産品は、以下の5産品です。(平成29年11月10日現在)

但馬牛(登録番号 第2号)

【登録日】平成27年12月22日

【生産地】兵庫県内

【登録生産者団体】神戸肉流通推進協議会
但馬牛
【特性】兵庫県北部の但馬地方の山あいで長い歳月をかけ改良が重ねられた但馬牛を素牛として肥育し、A・B2等級以上に格付けされた枝肉であり、肉そのものが柔らかい。

【地域との結びつき】
 素牛である但馬牛は、約1200年も昔から兵庫県北部の但馬地方の山あいで農耕に用いられた役牛が由来。明治期に肉牛として遺伝的に良質な血統であることが認識された。兵庫県の県有種雄牛のみを歴代に亘り交配し、長い歳月をかけ改良が重ねられた種雄牛と同じく県内の但馬牛を交配した良質な肉質の肉用牛。

 

神戸ビーフ(登録番号 第3号)

【登録日】平成27年12月22日

【生産地】兵庫県内

【登録生産者団体】神戸肉流通推進協議会
神戸ビーフ
【特性】兵庫県北部の但馬地方の山あいで長い歳月をかけ改良が重ねられた但馬牛を素牛として肥育し、A・B4等級以上でBMSNo6以上に格付けされた枝肉であり、最高級の霜ふり肉。

【地域との結びつき】
 素牛である但馬牛は、約1200年も昔から兵庫県北部の但馬地方の山あいで農耕に用いられた役牛が由来。明治期に肉牛として遺伝的に良質な血統であることが認識された。兵庫県の県有種雄牛のみを歴代に亘り交配し、長い歳月をかけ改良が重ねられた種雄牛と同じく県内の但馬牛を交配した良質な肉質の肉用牛。

 

三輪素麺(登録番号 第12号)

【登録日】平成28年3月29日

【生産地】奈良県全域

【登録生産者団体】奈良県三輪素麺工業協同組合、奈良県三輪素麺販売協議会
三輪素麺
【特性】約1300年前の奈良時代に生産が始まり、三輪地方が手延べ素麺発祥の地と伝えられている。しっかりとしたコシの強さから、伸縮性に優れており、非常に細い製麺が可能であることと、茹で上げ後の茹で伸びが抑制される。

【地域との結びつき】
 手延べ素麺発祥の地とされている。毎年2月5日、全国の手延べ素麺産地の関係者が一同に会し、大神(おおみわ)神社で「卜定祭(ぼくじょうさい)」が営まれている。昭和40年代以降、家内工業として広く受け入れられ県下全域に広がった。

 

万願寺甘とう(登録番号 第37号)

【登録日】平成29年6月23日

【生産地】京都府綾部市、舞鶴市及び福知山市

【登録生産者団体】全国農業協同組合連合会
万願寺甘とう
【特性】辛み成分のない甘味種とうがらし。ピーマンのような肉厚な果肉を有する。大型果であるが果肉は柔らかく、丸ごと食べられる。肩部のくびれとやや湾曲した果形が特徴。さわやかな甘い香りと、ほのかなとうがらしの香りが匂う独特の風味。

【地域との結びつき】
 舞鶴市万願寺地区で「伏見とうがらし」が自然交雑して誕生した「万願寺甘とう」の在来種を基に京都府が品種「京都万願寺2号」を育成。種子の採種など品種の維持については、生産地の生産者部会と地元JAによって管理されており、この地域でしか生産できない。

 

紀州金山寺味噌(登録番号 第39号)

【登録日】平成29年8月10日

【生産地】和歌山県

【登録生産者団体】紀州味噌工業協同組合
紀州金山寺味噌
【特性】和歌山県内で伝統製法により生産されている食べる味噌。野菜を麹と一緒に仕込み、発酵・熟成させているため、麹と野菜の味とが溶け合い、味がまろやかである。また、粒が残った状態でも柔らかな食感である。

【地域との結びつき】
 金山寺味噌は鎌倉時代に中国の径山寺から和歌山県に持ち帰られた味噌の製法を起源とする説が有力であり、和歌山県が金山寺味噌発祥の地とされている。1948年頃に、現在の製法が確立し、その後、確立した製法により和歌山県内で継続して生産されている。

 

全国の登録産品一覧

 

地理的表示等の不正表示通報窓口(不適切な表示を見つけたときは)

地理的表示等の不正表示通報窓口について

 

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課

ダイヤルイン:075-414-9025
FAX番号:075-414-7345

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader