ホーム > 基本政策 > 近畿農政局の戦略的取組


ここから本文です。

基本政策
カテゴリセカンドイメージ

近畿農政局の戦略的取組

近畿農政局の戦略的取組を紹介します。

未来につなぐ食育プロジェクト 

五感に響く農業体験

みらいく師範塾~食育リーダー養成講座~

五感に響く農業体験

子ども達が農業体験を通して食の大切さや感謝の気持ちを学ぶことができたら、学校地域での食育実践活動の参考となれば、そんな願いを込めて、「五感に響く食・農体験型食育実践支援」に取り組んでいます。
同講座は、米作りや野菜作りといった農業体験を中心に、食に関する体験や座学を交えながら、年間を通した取り組みを行っています。

みらいく師範塾

将来の食育を担う栄養学科等の学生が、座学、農業体験、社会見学等を通じて農業に関する技術や知識・情報を習得することにより、命を育む農、ごはん食の良さ等に理解を持ち、自らの経験をもとに農業体験学習を行うことができる、そんな食育指導者になってもらえるよう、学生達の学びを応援する取組です。

社食・学食de食育実践

フードチェーンde食育実践

社食・学食de食育実践

単身生活を始めた学生や新社会人など、普段食育に接する機会の少ない方々に対し、ごはんを中心とした栄養バランスに優れた日本型食生活を認知し、実践してもらうため、給食事業者等に働きかけを行い、社員食堂や学生食堂において食事栄養サポートキャンペーン等の実施を支援する取組を行っています。

フードチェーンde食育
食品の生産から食卓に至るまでのフードチェーンを通じた食育を推進するため、流通、小売り等の事業者の段階において取り組まれる、ごはんを中心とした日本型食生活の普及・啓発、地域食材の紹介・利用拡大等に向けた食育活動を支援します。また、「日本食文化」の普及・啓発に向けたイベント、キャンペーンを支援します。
     

ページトップへ

世界に広げよう日本食の「和」プロジェクト 

日本食文化メッセンジャー

 「日本の伝統の味・技」 見学体験情報

食文化メッセンジャー

近畿農政局が外国人留学生等を対象に日本食文化を体験する場を提供し、その体験談や日本食文化の魅力等を学生達がfacebookを用いて国内外へ情報発信していく取組です。

体験情報

日本の食文化の魅力について、国内外の方々に、より深く、より楽しく実感していただくことを期待し、伝統的な食品の製造工程を見学・体験できる施設の情報を地域別に紹介しています。
     

ページトップへ

食と農の結びつきプロジェクト 

農地等活用ボランティア活動支援システム

農村のんびり散策コース

農地等活用ボランティア活動支援システム

農地等の有効活用に取り組んでいるボランティア団体の活動を支援するため、ホームページでの「情報プラットホーム」の開設やボランティア団体等との情報交換会などを行う「農地等活用ボランティア活動支援システム」を構築しています。
また、農政局職員を中心に「みんなで耕し隊」を結成し、ボランティア活動に参加しています。
農村のんびり散策コース 「食と農はつながっている」という視点から、食と農のルーツに触れ、管内の大都市圏から一泊ないし日帰りで農村を体験できる「農村のんびり散策コース」を紹介します。

近畿食・農情報発信ゼミ (出張講座)

 

出張講座

次代を担う学生たちに、「食料・農業・農村」に係る幅広い知見や専門知識を有してもらうことにより、将来、地域を活性化する人材となってもらうことを目的として、出張講座を実施しています。    

 

     

ページトップへ

6次産業創出プロジェクト 

近畿農業・農村6次産業倶楽部

もてなし郷土情報

 6次産業倶楽部 農林漁業等の再生に向けて、意欲のある農林漁業者等や地域の多様な事業者が、農山漁村の風景、伝統文化等のあらゆる「資源」を活用し、新たな産業の創出等を図ることを目的に設立しています。  もてなし郷土情報 近畿地方には多様な自然環境や歴史に育まれた、食文化や農村風景があります。そんな地域の資源を活用して生まれた、ユニークな特産品や6次産業化に向けた取組を紹介します。

フルーツ・レンジャープロジェクト

 
フルーツ・レンジャープロジェクト 大学生(近畿フルーツ・レンジャー)の視点から、果実の「見た目」と「食味」の関係を明らかにするとともに、消費者へ「果物の上手な選び方」や「楽しみ方」を提案します。    
     

ページトップへ

 

お問い合わせ先

企画調整室 
ダイヤルイン:075-414-9036
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集