このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿農政局出張講座

   近畿農政局では、次代を担う学生たちに、食料の現状や、農業・農村に係る幅広い知見や知識を有してもらうことにより、
将来、地域を活性化する人材となってもらうことを目的として、出張講座を実施しています。

1.対象範囲

 近畿2府4県の大学、短期大学等に在学する学生。

2.講座内容

 食料・農業・農村に係る現状等、農政全般について。

(例)
   ○食料・農業・農村を巡る状況について
   ○食料自給率について
   ○食の安全と消費者の信頼確保について
   ○農山漁村の6次産業化の状況について
   ○農山漁村の活性化について
   ○農業生産・流通・消費の現状について  等

3.申し込み方法

  (1) 食料・農業・農村に関心をお持ちの大学であれば、学部・学科は問いません。講義・ゼミの1コマ等、ご希望に
        合わせて対応します。
  (2) できれば講座開催ご希望日の2ヶ月前までに以下のページよりお申し込みください。受信確認後、担当より対応
        の可否を連絡させて頂きます。


         出張講座申し込みフォーム

4.費用

  (1) 講師への諸謝金、旅費の負担はありません。
  (2) 講義の説明資料等の印刷は、原則大学等でお願いします。

5.注意事項

      近畿農政局は、自然災害等が発生した場合、または発生するおそれがある場合、災害対策本部を設置し、最優先
   で応急業務にあたります。
      この様な場合、確定済みの出張講座の開催日の延期をお願いすることがあります。

6.過去の出張講座取組事例

出張講座の様子

 

開催校

学部

テーマ

開催日

大阪府立大学 生命環境科学域 6次産業化を巡る情勢について 平成29年2月
大阪府立大学 生命環境科学域 食料・農業・農村の動向について 平成29年2月
兵庫県立農業大学校 作物専攻 食品表示法に基づく食品表示制度と米のトレーサビリティ制度について 平成29年2月
兵庫県立農業大学校 作物専攻 米の流通と農産物検査制度について 平成29年2月
京都府立大学 生命環境学部 農業生産・流通・消費の現状について 平成28年10月
京都大学 農学部 農業施策の展開方向について 平成28年5月
京都府立大学 生命環境学部 食の安全と消費者の信頼確保について 平成28年5月
京都府立大学 生命環境学部 食の現状と食料自給率について 平成28年5月
京都府立大学 生命環境学部 食料・農業・農村を巡る状況について 平成28年4月
奈良県農業大学校   「6次産業化演習」総論について 平成27年11月
京都府立大学 全学部 食料・農業・農村を巡る状況について 平成27年10月
京都府立大学 全学部 食料・農業・農村を巡る状況について 平成27年9月
大阪府立大学 生命環境科学域 農業生産・流通・消費の現状について 平成27年8月
龍谷大学 文学部 農薬のリスク管理について 平成26年12月
奈良県農業大学校   「6次産業化演習」総論について 平成26年11月
兵庫県立大学 環境人間学部 日本人の食生活の変化と食を巡る問題について 平成26年11月
大谷大学 文学部 食の現状と食料自給率について 平成26年10月
京都女子大学 家政学部 食の安全と消費者の信頼確保について 平成26年10月
京都府立大学 生命環境学部 農業生産・流通・消費の現状について 平成26年10月
京都府立大学 生命環境学部 食料・農業・農村を取り巻く内外の情勢と今後の農政の展開方向について 平成26年9月
梅花女子大学 食文化学部 日本の食糧事情と第6次産業の展望と食育について 平成26年7月
奈良教育大学 教育学部 食料・農業・農村を巡る状況について 平成26年7月
京都府立大学 生命環境学部 食料・農業・農村を巡る状況について 平成26年7月
京都女子大学 家政学部 食生活の現状と食育について 平成26年7月
龍谷大学 国際文化学部 食料及び農業をめぐる情勢 -我が国農業の目指す方向- について 平成26年6月
龍谷大学 法学部 食生活の現状と食育について 平成26年6月
佛教大学 社会学部 農山漁村の活性化に係る施策について 平成26年5月
相愛大学 人間発達学部 食の現状と食料自給率について 平成26年5月
吉備国際大学 地域創成農学部 日本農業の成長戦略について 平成26年4月
京都産業大学 経済学部 日本農業の成長戦略 について 平成26年4月

お問合せ先

企画調整室
担当者:出張講座担当
代表:075-451-9161(内線2115)
ダイヤルイン:075-414-9036
FAX:075-414-9060