このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

関西領事館フォーラム関西ツアーを「世界に輸出される関西の食と農」をテーマに開催しました

近畿農政局は、近畿経済産業局と共同して、令和元年10月18日(金曜日)、関西領事館フォーラム第29回関西ツアーを実施しました。今回は、「世界に輸出される関西の食と農」をテーマに、関西から農林水産物・食品を輸出している代表的な地域・施設を訪問しました。在大阪インド総領事、在大阪ベトナム社会主義共和国総領事をはじめ在関西の外国総領事館・海外経済機関関係者等22名の方が参加されました。

今回のツアーでは、まず、滋賀県竜王町にある肉用和牛の大規模肥育農家「有限会社澤井牧場」を訪問し、牛舎や飼料庫を見学しました。同社は、2,000頭を超える黒毛和牛を肥育しており、海外向けブランド「近江姫和牛」として出荷量の約3割を海外向けに輸出しているとのことでした。

昼食では、宇治茶の産地として有名な京都府和束町の「京都和束荘」において、和束のお茶を取り入れた料理「和束御膳」や、茶畑の景色を楽しんでいただきました。また、お茶の京都DMO(一般社団法人京都山城地域振興社)から和束町を含む京都山城地域のお茶に関する説明、和束町でお茶の生産・販売・輸出を行う「京都おぶぶ茶苑」から、事業と同社で受け入れている外国人インターンシップ生の紹介がありました。

その後、花きの卸売業者として、全国から花きを集荷して全国に卸し、輸出も行っている、大阪市鶴見区の「株式会社なにわ花いちば」を訪問しました。ここでは、近年新しく整備された輸出対応型集荷施設「Hana Ko」や、実際のせり場などを見学しました。

今回のツアーでは、これらの訪問先で、参加者から多くの質問が出され、積極的な交流が行われました。

関西領事館フォーラムでは、多数の総領事館・海外経済機関が所在している関西のメリットを活用し、総領事館や海外経済機関を通じて、関西の産業や観光、食と農、都市インフラ等の「関西ブランド」を世界に向けて発信すること等を目的として、近畿経済産業局や近畿農政局等の国の機関と(社)関西経済連合会が連携して会合とツアーを開催しています。


(参考)関西領事館フォーラムを通じた海外への情報発信(近畿経済産業局サイトリンク)

(有)澤井牧場で肥育されている「近江姫和牛」 (有)澤井牧場で肥育されている海外向けブランド「近江姫和牛」
   
ツアー参加者に施設の説明をする澤井社長  ツアー参加者に施設の説明をする澤井社長
   
牛舎前で近江牛と共に参加者全員の記念撮影  牛舎前で近江牛と共に参加者の記念撮影
   
和束荘で頂いた、和束のお茶を取り入れた料理「和束御膳」  京都和束荘でいただいた、和束のお茶を取り入れた料理「和束御膳」
   
京都山城地域のお茶に関する説明をするお茶の京都DMO佐藤部長  京都山城地域のお茶に関する説明をするお茶の京都DMO佐藤部長
   
京都おぶぶ茶苑の事業について説明をする松本副代表(左)とインターン生  京都おぶぶ茶苑の事業について説明をする松本副代表(左)とインターン生
   
和束荘の前で参加者全員の記念撮影  京都和束荘の前で参加者の記念撮影
   
(株)なにわ花いちばで事業について説明をする大西副社長  (株)なにわ花いちばで事業について説明をする大西副社長
   
(株)なにわ花いちばで施設の説明を聞く参加者  (株)なにわ花いちばで施設の説明を聞く参加者
   
(株)なにわ花いちばより頂いた花束を手に、参加者全員での記念撮影  (株)なにわ花いちばより頂いた花束を手に、参加者の記念撮影

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

代表:075-451-9161(内線2789)
ダイヤルイン:075-414-9101
FAX番号:075-414-7345