このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「平成28年度飼料用米多収日本一」近畿農政局長賞の表彰式を開催しました

近畿農政局は、平成29年3月17日(金曜日)、京都市において、東京での全国表彰式に合わせ「平成28年度飼料用米多収日本一」近畿農政局長賞表彰式を開催しました。

「飼料用米多収日本一」は、飼料用米生産農家の生産意欲の向上を図るとともに、生産技術の面において他の模範となる経営体を表彰し、その成果を広く紹介するため、今年度初めて取り組んだものです。

本年度は、近畿地域において優秀な成績を収めた滋賀県長浜市の「農事組合法人アグリファーム国友」(単位収量の部  単収736kg/10a)と京都府京丹後市の「日方洋氏」(地域の平均単収からの増収の部 726kg/10a、収量差213kg/10a)の2経営体が近畿農政局長賞を受賞しました。

 表彰式後に意見交換を行い、受賞者の2人からは、「飼料用米生産に取組んだきっかけ」や「高単収を実現するための工夫」などの取組内容を紹介いただき、「来年度はさらなる高単収を目指し、全国表彰を受賞できるよう努力したい。」と前向きな意欲が示されました。

受賞者の皆様左から2人目が日方洋氏3人目が(農)アグリファーム国友(藤田尚稔農場長)

受賞者の皆様
左から2人目が日方洋氏3人目が(農)アグリファーム国友(藤田尚稔農場長)

意見交換の様子

意見交換の様子