このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

平成29年度第1回「食育シンポジウム」を開催しました

近畿農政局は、平成29年6月28日(水曜日)、京都市において、平成29年度第1回「食育シンポジウム」を開催しました。

このシンポジウムは、安心で豊かな食生活を営んでいけるよう、消費者・生産者・食品流通事業者等が「食」の現状と課題を共有し、それぞれの役割や相互に協働した取組について考えるために開催し、128名の参加がありました。

はじめに、情報提供として、農林水産省の担当者から「私たちの食べ物はどうなっているの?」と題して食料自給率や食品ロスの現状などについて説明しました。

続いて、株式会社関西スーパーマーケット 間(はざま) 氏から「食品の流通段階における持続可能性の取組」と題して食品ロスに対する取組などについて、認定NPO法人フードバンク関西 浅葉(あさば) 氏から「フードバンクって何?」と題してフードバンクの運営などについて、株式会社近江園田ふぁーむ 園田(そのだ) 氏から「食品資源の循環「食の一巡」命の源「土づくり・作物づくり」!」と題して地域の事業所から出る生ゴミを活用した農業について、講演がありました。

また、奈良県生活協同組合連合会 辻(つじ) 氏をコーディネーターとして迎え、「安心な食生活を送るために私たちにできること」をテーマとして食品ロスの削減や食品リサイクルの取組に当たり、消費者、生産者、食品流通事業者に何を期待するのかなどについてパネルディスカッションを行いました。

参加者からは、「飽食の現代、食品ロスに関して気付かせてくれたことが良かった」「自分にできることを一つずつこなしていこうと思う」「それぞれに貴重な講演、とても有意義な時間だった」などの感想がありました。

 農林水産省からの情報提供

農林水産省からの情報提供

 株式会社関西スーパーマーケットはざま氏の講演

株式会社関西スーパーマーケット 間 氏の講演

 認定NPO法人フードバンク関西あさば氏の講演

認定NPO法人フードバンク関西 浅葉 氏の講演

 株式会社近江園田ふぁーむそのだ氏の講演

 株式会社近江園田ふぁーむ 園田 氏の講演

 コーディネーターの奈良県生活協同組合連合会つじ氏の講演

   コーディネーターの奈良県生活協同組合連合会 辻 氏

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

会場の様子

会場の様子

お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品課
代表:075-451-9161(内線2739)
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX番号:075-414-7345