このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「平成28年度『食料・農業・農村白書』、『食育白書』、『森林・林業白書』及び『水産白書』に関する近畿ブロック説明会」を開催しました

近畿農政局は、平成29年7月5日(水曜日)京都市において、「平成28年度『食料・農業・農村白書』、『食育白書』、『森林・林業白書』及び『水産白書』に関する近畿ブロック説明会」を開催しました。

当日は、大学・専門学校関係者、生産者団体、食品関係企業、地方公共団体等から約140名の方に参加していただきました。

まず、それぞれの白書について、農林水産省の担当者より説明が行われました。

「食料・農業・農村白書」では、農業競争力強化プログラム、変動する我が国農業等について、「食育白書」では、食生活をめぐる現状と食育の実践、生産から消費に至る食の循環への理解増進等について、「森林・林業白書」では、新たな森林・林業基本計画の策定、「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(クリーンウッド法)の成立、CLT(板の層を各層互いに直交するように積層接着した厚型パネル)の普及に向けた基準の整備と新たなロードマップの公表等について、「水産白書」では、世界の漁場の状況、我が国の漁業をめぐる国際情勢、国際的な漁業の管理等について説明されました。

その後、参加者との質疑応答等が行われ、参加者から、農業の6次産業化の白書での取り扱いに係る質問がありました。

参加者からは、「とても勉強になった。」、「バランスのよい食生活をとることは大切だ。」との感想が聞かれました。

「食料・農業・農村白書」を説明する大臣官房の担当者 

「食料・農業・農村白書」を説明する大臣官房の担当者

「食育白書」を説明する消費・安全局の担当者 

「食育白書」を説明する消費・安全局の担当者

「森林・林業白書」を説明する林野庁の担当者 

「森林・林業白書」を説明する林野庁の担当者

「水産白書」を説明する水産庁の担当者 

「水産白書」を説明する水産庁の担当者

 会場の様子

会場の様子

 質問をする参加者

質問をする参加者

お問合せ先

企画調整室
代表:075-451-9161(内線2114)
ダイヤルイン:075-414-9036
FAX番号:075-414-9060