このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

紀州金山寺味噌が地理的表示(GI)に登録

平成29年8月10日(木曜日)、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、紀州金山寺味噌(きしゅうきんざんじみそ)の地理的表示(GI)が登録されました。

金山寺味噌は、米味噌や麦味噌等のように調味に使用するものではなく、そのまま食べる味噌ですが、その製法は、鎌倉時代に宋から和歌山に持ち帰られたものが起源であるという説が有力です。なかでも紀州金山寺味噌は、麹の原料として、大豆、裸麦(大麦)、米の3種類の全てを使用し、具材として瓜、茄子、生姜、紫蘇の全てを用いるという他の地域の金山寺味噌にはない製法を有しており、具材の混ざり具合に応じて様々な食感や食味、まろやかな味が得られるのが特徴です。

紀州金山寺味噌は、和歌山県で初のGI登録産品です。
また、味噌としては全国初の登録です。

地理的表示(GI)保護制度は、地域で育まれた伝統と特性を有する農林水産物・食品のうち、品質等の特性が産地と結び付いており、その結び付きを特定できるような名称(地理的表示)を知的財産として国に登録することができる制度で、これまでに全国で39産品が登録されています。

紀州金山寺味噌紀州金山寺味噌

紀州金山寺味噌紀州金山寺味噌

GIマークGIマーク

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課

代表:075-451-9161(内線2765)
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX番号:075-414-7345