このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

 

「新たなJAS制度説明会」(大阪会場)を開催しました

近畿農政局は、平成29年8月31日(木曜日)大阪市において、「新たなJAS制度説明会」(大阪会場)を2回開催しました。

説明会には、農林漁業者、食品事業者、関係団体等から約130人の方に参加していただきました。

まず、農林水産省の担当室長が、6月改正の新たなJAS制度は、(1)農林水産品・食品の生産、製造を行う方だけでなく、保管、輸送、販売のほか、フードチェーンに携わる幅広い方々が、「商品、技術、取組をアピールする」ツールとして活用いただけるものに大きく変わったこと、(2)ビジネスシーンにおけるJAS規格の活用アイデアについて事例を紹介するとともに、(3)ビジネスニーズに応じ事業者や産地からJAS規格を御提案いただく際の手続等を説明しました。

参加者からは、官民連携の体制に関するものや、新しい認定規格の取扱の確認や要望が出され、本省の担当室長が回答しました。参加者からは、「今後は品質だけでなく、保管・輸送・技術・力量など多様な策定が可能であることがよくわかった」との感想が聞かれました。


また同日神戸市において、独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)神戸センターは、同説明会(神戸会場)を開催しました。


会場の様子(大阪会場のみ)

  

説明を熱心に聞き取る参加者 

説明を熱心に聞き取る参加者
   
 新たなJAS法制度の説明をする担当官 新たなJAS法制度の説明をする担当官
   
 質疑応答 質疑応答
   
 質問される参加者 説明内容に関して質問される参加者

お問合せ先

経営・事業支援部食品企業課
代表:075-451-9161(内線2752)
ダイヤルイン:075-414-9024
FAX番号:075-414-7345