このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

平成29年度食品リサイクル肥料の利用促進に向けた意見交換会を開催しました

近畿農政局は、平成30年1月25日(木曜日)、神戸市において「平成29年度食品リサイクル肥料の利用促進に向けた意見交換会」を開催しました。

本意見交換会は、食品リサイクル肥料の利用促進のために幅広い内容で情報交換・情報共有していただくことが必要と考え、食品リサイクルループ関連事業者、府県担当者の様々な意見をお聞きし、課題解決の方向性を探る場として開催しました。

兵庫県での食品循環資源の肥料化による食品リサイクルループの事例報告を基に、地域段階において肥料化を行う再生利用事業者、農業者、食品関連事業者相互の情報交換を進め、府県担当者との関係者相互の連携体制を確認しました。

参加者からは、採算ベースに乗せることの難しさ、周辺への臭気対策の重要性、高品質の食品リサイクル肥料の製造に関すること、土作りの重要さ、子供を含めた一般消費者への普及啓発、事業系一般廃棄物の収集運搬・処理に必要な市町村の事前許可等の法律上の要件などについての意見が出されました。

 

食品リサイクルループ関連事業者からの事例報告 

食品リサイクルループ関連事業者からの事例報告
   

意見交換会の様子

意見交換会の様子。
当日は食品リサイクルループ関連事業者17名、府県担当者11名の参加がありました。
   
「土づくりの重要さ」を述べる食品リサイクルループ関連事業者 発言する食品リサイクルループ関連事業者
   


参考:食品リサイクル法に基づく再生利用事業計画の認定実例(肥料化事業)[農林水産省へリンク]

お問合せ先

経営・事業支援部食品企業課
代表:075-451-9161(内線2759)
ダイヤルイン:075-414-9024
FAX番号:075-414-7345