このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

第22回輸出セミナー&情報交換会を開催しました

近畿農政局は、平成30年9月11日(火曜日)に大阪市において、「越境ECを通じた食品の海外販路開拓」をテーマとした第22回輸出セミナー&情報交換会を開催しました。

今回のセミナーには、管内の生産者、流通事業者、地方自治体職員を中心に、50名の方々に参加いただきました。

まず、(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部の堀昌徳氏から、「食品の越境EC市場の現状及び中小機構の支援策」と題し、食品分野の越境EC市場の説明と「国際化支援アドバイス」を始めとする中小機構の海外展開支援策の紹介がありました。

次に、農林水産省 食料産業局 食文化・市場開拓課の担当者から、「日本食・食文化の魅力発信による日本産品海外需要拡大事業の紹介」と題し、農林水産省が実施している日本食・食文化の普及に向けた各種の取組について説明しました。

続いて、アグリホールディングス(株)の塚田周平氏から、「WASHOKU TREASURE(日本産食材の海外向けBtoBサイト)の取組」と題し、日本産食材を海外のレストランシェフやバイヤー向けにサンプル輸出する越境ECサイト「WASHOKU TREASURE」の説明と同社が行う各種の事業の紹介がありました。

さらに、(株)フェリシモの古村和明氏から、「EVERYTHING FROM. JP(日本産品の海外向けBtoCサイト)の取組」と題し、越境ECサイト「EVERYTHING FROM. JP」の説明とECサイトにおける売上向上を目指す考え方やその施策の紹介がありました。

最後に、近畿農政局 地域連携課の担当者から、平成31年度農林水産予算概算要求のうち輸出促進関連の概要及びGFP(農林水産物・食品輸出プロジェクト)について説明しました。

その後、説明者と参加者による質疑応答及び情報交換が行われ、「越境ECサイトに出品した場合、商品を見てもらうためにどのような方法が用意されているか」「青果物の残留農薬規制への対応はどうしているか」といった質問が出るなど、活発な情報交換が行われました。

また、セミナー終了後、希望者を対象に講師との個別相談を行いました。

関連ページ:輸出セミナー&情報交換会
  これまでのセミナーの開催情報が御覧いただけます。

セミナーの様子

セミナーの様子

(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部 堀昌徳氏からの説明

(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部 堀昌徳氏からの説明

アグリホールディングス(株) 取締役事業開発部長 塚田周平氏からの説明

アグリホールディングス(株) 取締役事業開発部長 塚田周平氏からの説明
(株)フェリシモ グローバル事業推進部長 古村和明氏からの説明

(株)フェリシモ グローバル事業推進部長 古村和明氏からの説明
講師との個別相談の様子 講師との個別相談の様子

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課
担当者:輸出促進担当
代表:075-451-9161(内線2744)
ダイヤルイン:075-414-9101
FAX番号:075-414-7345