このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

平成30年度「食育シンポジウム」を開催しました

   近畿農政局は、平成30年10月2日(火曜日)、京都市において、平成30年度「食育シンポジウム」~健全な食生活を送るために~を開催しました。

   このシンポジウムは、栄養バランスに優れた食生活である「日本型食生活」の大切さを知ってもらい、それを実行して広めていく取組を参加者と考えることを目的として開催し、131名の方にご参加いただきました。

   シンポジウムでは、近畿農政局次長の挨拶の後、講師にゆる和食研究家 栗山 小夜子(くりやま さよこ) 氏を迎え、「頑張らないゆる和食のすすめ~ちょっとの工夫で毎日を健やかに~」と題し、健康面を考えた食事についての基調講演に続いて、武庫川女子大学短期大学部 幼児教育学科 講師 藤本 勇二(ふじもと ゆうじ) 氏から「子どもが学ぶ日本型食生活」と題し、主に、子どもを含む若者の食生活の現状を踏まえた問題についてご講演をいただきました。

   その後、藤本 勇二 氏をコーディネーターとし、京都府連合婦人会 事務局 藤原 公子(ふじわら きみこ)氏、京都生活協同組合 副理事長 川村 幸子(かわむら ゆきこ)氏及び基調講演者の栗山 小夜子 氏をパネリストとして、「おいしく、楽しく日本型食生活を実践し、広めていくために」をテーマに、パネルディスカッションを行いました。
  パネルディスカッションでは、パネリストの経験に基づく食に対する問題点の提示があり、その解決方法について会場から寄せられた意見を交えた意見交換が行われました。

   参加者からは、「学校教育の中でもっと、食に関心をもってもらえるような時間が必要」、「日本型食生活について理解が深まった」、「食育についての気付きをたくさん得ることができた」などの感想をいただきました。

  (※)ゆる和食とは、日本に根付いた世界中の食を日本人向けに作りやすく提案する手法と考え方のこと。
 

ゆる和食研究家 栗山小夜子 氏による基調講演

ゆる和食研究家 栗山小夜子 氏による基調講演

武庫川女子大学 講師 藤本 勇二 氏による講演

武庫川女子大学 講師 藤本 勇二 氏による講演

 パネルディスカッションの様子1

パネルディスカッションの様子1

 パネルディスカッションの様子2

パネルディスカッションの様子2

 会場の様子

 会場の様子
   

お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品課
代表:075-451-9161(内線2739)

直通:075-414-9025
FAX番号:075-414-7345
 
消費・安全部 消費生活課
代表:075-451-9161(内線2213)
直通:075-414-9771
FAX番号:075-417-2149