このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「ハラール肉に関するセミナー」を開催しました

近畿農政局は、平成31年2月22日(金曜日)、大阪市において、「ハラール肉に関するセミナー」を開催しました。

このセミナーは、イスラム諸国からの訪日観光客が増えていること、世界人口の約4分の1を占めるイスラム諸国への輸出や在日ムスリム人向けハラール・ビジネスが注目されていることを受け、特に、肉に特化したテーマで開催したものであり、食肉流通に関わる近畿管内府県の担当者、食肉製造、加工、流通、販売業に携わる事業者ら約30名の方々にご参加いただきました。 

セミナーでは、立命館大学食マネジメント学部 教授 ()()()麻里子氏を講師に迎え、「ハラールとハラール認証の基礎」「と畜に関わる東南アジアの認証規格」と題し、ハラールの基礎知識と東南アジアの認証規格について、分かりやすくご講演いただきました。

また、宗教法人日本イスラーム文化センター ハラル審査員 アジズ アハメド氏からは、「と畜場認証とハラール肉証明~中東の場合~」と題し、認証に係る手続きや経費について、具体的にご講演いただきました。

続いて、「ザビーハと畜とハラール肉ビジネス実践例」と題したパネル発表では、立命館大学 食マネジメント学部 教授 阿良田麻里子氏から、ブラジルの鶏と牛のと畜の様子を、大阪大学大学院 言語文化研究科 言語社会専攻 高見 要氏からは、オーストラリアでムスリムと畜人として働いていたご経験をご紹介いただきました。 

また、サイード・ショップを福岡市で経営されている サイード 七種(さえぐさ)氏からは、自らと畜したハラールチキンを留学生や技能実習生などに販売するビジネスを始められ、現在は、東京にも店舗を出し、全国的にはネットショッピングで販売している取組をご紹介いただきました。

最後のパネルディスカッションでは、講師・パネラーの方々が参加者からの質問に回答する形で意見交換しました。

参加者からは、「ハラールというテーマでと畜から販売まで幅広い話を聞くことができて良かった」、「認証団体の考え方が分かって良かった」などの感想をいただきました。

セミナーの様子
セミナーの様子
宗教法人日本イスラーム文化センター ハラル審査員 アジズ アハメド氏による講演
宗教法人日本イスラーム文化センター アジズ アハメド氏による講演
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

 

お問合せ先

生産部畜産課

代表:075-451-9161(内線2334)
ダイヤルイン:075-414-9022
FAX番号:075-451-5337