このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿地区生協府県連協議会と意見交換会を開催しました

近畿農政局は、平成31年2月27日(水曜日)、京都市において、「近畿地区生協府県連協議会との意見交換会」を開催しました。
この意見交換会は、消費者の団体であり事業者でもある生協の各府県代表者と、農政の動きや食の安全の確保に向けた取組などについて、情報提供や意見交換を行う場として、平成10年度以降毎年開催しており、21回目となる今回は、総勢27名が出席しました。

はじめに、近畿農政局(神山局長及び小林次長)から、「農林水産行政をめぐる情勢」などについて情報提供を行い、続いて、生活協同組合コープしが地産地消推進担当 久保久生氏から「地産地消・県内農産物の消費拡大とJA・全農・滋賀県との連携について」、市民生活協同組合ならコープ副理事長 吉田由香氏から「地産地消と食育の取り組み お米をそだてよう!~種まきから収穫まで~」、京都生活協同組合地産地消推進担当チーフ 廣池孝之氏から「京都生協地産地消売り場の取り組み」について、それぞれ取組内容の紹介がありました。

その後、種子法廃止、農地の集約化、行政・農業団体・消費者団体との連携、農家支援、食料自給率などについて質問や意見が交わされ、現場での課題、取組の成果などについて幅広い意見交換が行われました。

 
上掛会長理事

「京都府生活協同組合連合会」  上掛会長理事の
あいさつ

コープしが

「生活協同組合コープしが」の取組紹介
 
ならコープ

 「市民生活協同組合ならコープ」の取組紹介

京都生協

「京都生活協同組合」の取組紹介
意見交換の様子

意見交換の様子

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

代表:075-451-9161(内線2214)
ダイヤルイン:075-414-9761
FAX番号:075-417-2149

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader