ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.102


ここから本文です。

更新日:2009年08月17日

担当:総務部情報推進課

近畿アグリレターVol.102

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
 近畿アグリレター Vol.102 発行 農林水産省近畿農政局 2009.8.17
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

 平成20年度食料自給率について公表。カロリーベースが41% (前年度
から1ポイント上昇)、 生産額ベースは65% (前年度から1ポイント低下)
となりました。食料自給率変動の要因として、カロリーベースでは、国内産糖
(さとうきび)及び大豆の生産量が増加し、加えて国際価格の高騰により一部
農産物の輸入量が減少(チーズと大豆油の原料大豆の輸入量が減少)、生産額
ベースでは、国内生産要因としては、みかんは裏年で生産量が減少。りんごは
ひょう害により品質が低下し価格が低下、加えて、国際的な穀物価格の高騰に
より飼料等の輸入額が増加となりました。

《今月の目次》
1【農政の動き】
●平成20年度食料自給率について(農林水産省HPにリンク)
●日照不足・低温等対策について(農林水産省HPにリンク)
●「農林水産省の政策決定プロセスの改善策(仮称)」(素案)に関する国民
  からの意見募集の結果について(農林水産省HPにリンク)
●農山漁村における雇用対策について(農林水産省HPにリンク)

2【お知らせ(募集、ご案内)】
●「FOOD ACTION NIPPONアワード2009」募集中 (締め切り8月21日)
●「食育体験!~夏休み親と子の食育かるた大会~」の開催について
●平成20年度生鮮食品及び加工食品の品質表示実施状況調査等の結果について
 (近畿)(滋賀県)(京都府)(大阪府)(兵庫県)(奈良県)(和歌山県)
●近畿農政局「消費者の部屋」平成21年8月展示のご案内
●袋詰精米等における平成20年産の特別調査結果について

3【ホームページ新着情報】
●近畿フォトレポートより
●管内ダムの貯水状況
●米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針
●近畿食育推進だより(イベント等情報)
●平成21年産水田経営所得安定対策加入申請状況
●「地産地消駅の弁当メニューコンテスト」の参加者募集(平成21年8月28日まで)
●食品業界の信頼性向上セミナー(実践編)のご案内
●広域連携アグリビジネスモデル支援事業  7月27日(月)~9月14日(月)
●環境教育教材「バイオマスで暮らす(大人版)」
       「バイオマスってなんだろう(子供版)」
●エネルギー・温暖化対策に関する支援制度について

4【統計情報】
○平成21年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)
○平成20年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量及び出荷量
○新規就農者調査結果の概要  

5【キーワード解説】
●バイオマスタウン構想

1【農政の動き】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●平成20年度食料自給率について(農林水産省HPにリンク)

・平成20年度の食料自給率及びその前提となる食料需給表について公表しまし
た。平成20年度の食料自給率は、カロリーベースは前年度から1ポイント増加
し41%、生産額ベースは前年度から1ポイント低下し65%。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/fbs/index.html
-----------------------------------
●日照不足・低温等対策について(農林水産省HPにリンク)

 平成21年7月以降、全国的な日照不足等に見舞われており、これに関する
最新情報を総合的に提供していきます。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/taisaku/index.html
-----------------------------------
●「農林水産省の政策決定プロセスの改善策(仮称)」(素案)に関する国民
  からの意見募集の結果について(農林水産省HPにリンク)

 「農林水産省の政策決定プロセスの改善策(仮称)」(素案)に関する意見
募集では、多くの御意見等を頂き、ありがとうございました。
 主なご意見等について当方の見解をまとめましたのでお知らせします。
なお、上記「改善策」については、頂いた御意見等も踏まえつつ修正した上で、
平成21年7月28日(火曜日)の第7回農林水産省改革推進本部において議論
を行い、更に必要な修正を行った上で決定されましたので、併せてお知らせし
ます。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/090729_2.html
-----------------------------------
●農山漁村における雇用対策について(農林水産省HPにリンク)

 農林水産省は、農山漁村における雇用創出のための取組を機動的に進め
るため、本省、地方農政局などに、「農山漁村雇用相談窓口」を開設する
ことをはじめとする雇用対策を実施します。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/koyo/index.html
 
2【お知らせ(募集、ご案内)】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●「FOOD ACTION NIPPONアワード2009」募集中 (締め切り8月21日)

 食料自給率向上に向けた国民運動「FOOD ACTION NIPPON」では、本年度よ
り新たな展開の一環として「FOOD ACTION NIPPONアワード」を創設し、募集
をしています。
 本アワードは、食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の取組みを一般か
ら広く募集し、優れた取組みを表彰することにより、食料自給率向上に向けた
活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが安心して、おいしく食
べていける社会の実現を目指すものです。
 締め切りは8月21日までとなっております。

<問い合わせ先>
FOOD ACTION NIPPONアワード2009実行委員会事務局 03-5537-1545
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/award.html
-----------------------------------
●「食育体験!~夏休み親と子の食育かるた大会~」の開催について
      申込締切日:平成21年8月21日(金曜日)
 児童及びその保護者を対象に、近畿農政局作成の「親と子の食育かるた」を
使用した「かるた大会」を開催し、食の大切さ、近畿の食文化、農業・農村の
姿についての理解を深めていただきます。また、参加者に、各自で創意工夫す
る「オリジナル食育かるた」作りを提案し、食についての関心を持っていただ
けたらと思います。

日時 平成21年8月25日(火曜日)9時~12時(受付8時45分)
場所 奈良県文化会館多目的室
募集人員及び申込方法 親子20組(40名程度) 参加費無料
   参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申し込み下さい。
内容 1.「親と子の食育かるた」の紹介
   2. 親子で「食育かるた」大会
   3.「オリジナル食育かるた」の作成

申込締切日:平成21年8月21日(金曜日)
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/nara/090730.html
-----------------------------------
●平成20年度生鮮食品及び加工食品の品質表示実施状況調査等の結果につい
 て(近畿)

 食品表示は一般消費者の商品選択に欠かせないものです。
農林水産省では、全国で販売されている生鮮食品及び加工食品等について、
表示が適切に行われているかを日常的に調査を行っています。
 平成20年度における生鮮食品及び加工食品の品質表示状況調査について、
取りまとめましたので結果を公表いたします。
詳しくはこちら
(全国)(近畿)http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/090729.html

 なお、近畿各府県の調査結果については、以下よりお知らせしています。
(滋賀県)
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/shiga/090729_6.html
(京都府)
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/090729_1.html
(大阪府)
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/osaka/090729.html
(兵庫県)
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/hyougo/090729.html
(奈良県)
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/nara/090729.html
(和歌山県)
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/wakayama/090729.html
-----------------------------------
●近畿農政局「消費者の部屋」平成21年8月展示のご案内

 バイオマスの利活用の取組等について、パネル、製品等を展示して紹介する
とともに、環境教育教材「バイオマスで暮らす」「バイオマスってなんだろう」
のアニメーションをパソコンで上映します。
  多くの皆様のご来場をお待ちしています。

※「バイオマス」については、【キーワード解説】をご参照下さい。

テーマ 知ろう!見つけよう!バイオマス
期間 平成21年8月3日(月曜日)~8月31日(月曜日)  8 時30 分~ 17 時
(土、日、祝日を除きます。また、初日は午後から、最終日は午前中のみの
展示となります。)

場所 近畿農政局1階消費者の部屋「常設展示コーナー」
   京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町
   地下鉄「丸太町」駅下車徒歩約15分(京都府庁西隣り)

内容 バイオマス利活用の推進に関する情報
   バイオマスプラスチック、木質ペレット等のバイオマス製品の紹介
   環境教育教材「バイオマスで暮らす」「バイオマスってなんだろう」

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/090727.html
-----------------------------------
●袋詰精米等における平成20年産の特別調査結果について

 消費者が購入する袋詰精米等の表示について、平成20年11月から12月までの
期間、調査した結果を取りまとめましたのでお知らせします。
 「平成20年産米穀の特別調査」として、一般消費者に袋詰玄米又は袋詰精
米(以下「米穀」という。)を販売する事業者(店舗、通信販売等を含む。以
下「小売業者」という。)及び小売業者に米穀を販売する事業者(卸売業者)
を対象に、米穀の表示状況調査及び帳簿等による表示根拠の確認調査を実施す
るとともに、併せて平成20年産の銘柄米(農産物検査法に基づく検査証明を
受け、産地、品種及び産年が同一である原料玄米を用いた米穀。以下同じ。)
について、DNA分析を活用した品種判別調査を実施しました。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/090715.html

3【ホームページ新着情報】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●近畿フォトレポートから   http://www.maff.go.jp/kinki/photo/index.html

・『夏休み子ども「消費者の部屋」』を開催

 平成21年8月7日(金曜日)から8月11日(火曜日)の3日間、近畿農政
局1階第3会議室において、『夏休み子ども「消費者の部屋」』を開催しました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k090812_1.html
-----------------------------------
・ 米粉まつり2009が開催されました

 平成21年8月5日水曜日、「米粉食品のさらなる普及に向けて!~米粉まつ
り2009~」(主催:近畿米粉食品普及推進協議会 後援:近畿農政局、京都府
外)が開催されました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k090810_1.html
-----------------------------------
・ 農林水産物・食品の地域ブランド化セミナー

 平成21年7月30日(木曜日)13時30分から、大阪市内において、特許庁、
近畿経済産業局(近畿知的財産戦略本部)と連携し、農林水産分野における知
的財産権の利活用や地域ブランド化に対する理解を深めていただくため、「農
林水産物・食品の地域ブランド化セミナー」を開催し、農林水産関係者、民間
企業、行政関係者など約60名の参加がありました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k090805_1.html
-----------------------------------
・夏休み親子花育教室を実施しました

 平成21年8月3日(月曜日)に兵庫県生花株式会社(大阪花き園芸地方卸
市場)において「夏休み親子花育教室」を近畿花き振興協議会との共催により
開催しました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k090806_1.html
-----------------------------------
・米粉の利活用促進のため米粉料理(米粉パン)講習会が開催されました

 平成21年7月16日 木曜日、橿原市婦人会館・青少年会館において、奈良
県中部農林振興事務所主催、近畿米粉協議会と近畿農政局奈良農政事務所の連
携により、「米粉料理(米粉パン)講習会」が開催されました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k090721_1.html
-----------------------------------
●管内ダムの貯水状況 (平成21年8月10日更新)

・加古川水系広域農業水利施設総合管理事業管内(PDF:104KB)
   呑吐ダム 大川瀬ダム 鴨川ダム 糀屋ダム
・南近畿土地改良調査管理事務所管内(PDF:53KB) 
   大迫ダム 津風呂ダム
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/dam/index.html
-----------------------------------
●米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針

・主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律第4条第6項の規定に基づき、平
成21年7月31日に開催された食料・農業・農村政策審議会食糧部会での審議を
踏まえ、別添のとおり公表されました。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syokuryo/keikaku/sisin/index.html
-----------------------------------
●近畿食育推進だより(イベント等情報)

・「食育推進だより」(全国版)は、農林水産省において食育に関する全国の
各種イベント等の情報を取りまとめ、平成15年7月から発行しているものです。
 平成19年12月から、近畿管内のイベント等については「近畿食育推進だより」
において最新の情報を発信しておりますのでご愛読をよろしくお願いします。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tayori/tayori.html
-----------------------------------
●平成21年産水田経営所得安定対策加入申請状況

・近畿農政局管内における加入申請状況について、取りまとめましたのでお知
らせします。なお、全国の集計結果は、農林水産省ホームページ中の「担い手
と集落営農(水田・畑作経営所得安定対策) 」(農林水産省HP)に掲載さ
れています。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/ninaiteikusei/hinmoku/21kanyu_jyoukyou.html
-----------------------------------
●「地産地消駅の弁当メニューコンテスト」の参加者募集(平成21年8月28日まで)

・駅の弁当コンテストは、近畿農政局管内(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、
奈良県、和歌山県)の鉄道の駅及び列車内での、不特定多数の消費者を対象と
して駅の弁当を提供(今後の提供を予定している弁当も含む。)している事業
者による地場農林水産物メニューの提供の取組に対して、優れたものを表彰す
るとともにその事例を広く紹介するものです。
応募期間 平成21年8月3日(月曜日)から28日(金曜日)まで
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/chisan/eki-bentou.html
-----------------------------------
●食品業界の信頼性向上セミナー(実践編)のご案内 (京都会場、和歌山会場)

・食品関連事業者に求められる取組をテーマとした講義形式のセミナーです。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/compliance/seminar2.html
-----------------------------------
●広域連携アグリビジネスモデル支援事業  7月27日(月)~9月14日(月)

・都道府県の枠を超えて行われる広域的なアグリビジネスの取組について、
新たなビジネスモデルを創出する先駆けとして全国的な視点から支援を行い
ます。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/kouzoukaizen/zigyou/kouiki.html
-----------------------------------
●環境教育教材「バイオマスで暮らす(大人版)」
       「バイオマスってなんだろう(子供版)」
・「平成20年度環境バイオマス総合対策推進事業(近畿地域事業)」で作成し
た環境教育教材として、図解と解説により、バイオマスを分かりやすく説明し
てありますので是非ご活用願います。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/kikaku/kyouzai.html
-----------------------------------
●エネルギー・温暖化対策に関する支援制度について

・資源エネルギー庁において、エネルギー・温暖化対策に関する各省庁の支援
制度を整理しておりますのでご活用願います。なお、近畿バイオマス・ニッポ
ン総合戦略ブロック連絡会議の構成機関である経済産業省近畿経済産業局のホ
ームページへリンクしています。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/kikaku/energy.html

4【統計情報】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○平成21年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)

・南四国及び南九州の早期栽培の作柄は「やや良」ないし「良」の見込み
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/tokei/pdf/suitou_090715.pdf
-----------------------------------
○平成20年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量及び出荷量

・キウイフルーツの収穫量及び出荷量は、前年産に比べて大幅に増加
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/tokei/pdf/kiui08.pdf
-----------------------------------
○平成20年新規就農者調査結果の概要

・新規就農者数全体では減少したものの、雇用就農者、新規参入者は増加
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/tokei/pdf/sinki08.pdf

5【キーワード解説】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●バイオマスタウン構想
 ”バイオマス”とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、「再生
可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」であり、太陽エネル
ギーを使って、水と二酸化炭素から、生物が光合成によって生成した物質で、
生命と太陽がある限り持続的に再生可能な資源のことをいいます。
 ”バイオマス”を利活用することにより、「地球温暖化の防止」、「循環型
社会の形成」、「競争力のある新たな戦略的産業の育成」、「農林漁業、農山
漁村の活性化」の4つの効果があります。
 地域内の関係者の連携の下、バイオマスの発生から利用までが効率的なプロ
セスで結ばれた総合的利活用システムが構築され、安定的かつ適正なバイオマ
ス利活用が行われているか、あるいは今後、行われることが見込まれる地域の
ことを「バイオマスタウン」といいます。
 平成18年3月に閣議決定された「バイオマス・ニッポン総合戦略」において、
「平成22年度末までに全国でバイオマスタウンを300地区構築」が政策目標と
されており、平成21年7月末現在、全国で218市町村、近畿で14市町がバイオマ
スタウン構想を公表しています。
詳しくはこちら
http://tools.biomass-hq.jp/town/

(参考)環境教育教材
「バイオマスで暮らす(大人版)」「バイオマスってなんだろう(子供版)」
http://www.maff.go.jp/kinki/kikaku/kyouzai.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html
 からご自身でお願いします。

 編集・発行:近畿農政局 情報推進課
 (〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町)
 このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.html
 までお願いします。
   TEL  075-451-9161(代表)
   FAX  075-414-8812
                    編集担当:山北(内線2082)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お問い合わせ先

企画調整室  
ダイヤルイン:075-414-9081
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集