ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリメール2009年10月号


ここから本文です。

更新日:2009年10月19日

担当:総務部情報推進課

近畿アグリレター2009年10月号

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
     近畿アグリレター   Vol.104        発行 農林水産省近畿農政局        2009年10月19日
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
《今号の目次》

1【今月のキーワード】
   「食農連携コーディネーター(FACO)」
2【農政の動き】
   ・業務再点検の結果について(平成21年9月)
3【お知らせ(募集、ご案内)】
○農政局からのお知らせです。
   ・地産地消駅の弁当メニューコンテスト表彰結果
   ・平成21年度豊かなむらづくり全国表彰事業近畿ブロック表彰式
   ・近畿農政局「移動消費者の部屋」平成21年10月展示のご案内
   ・近畿農政局「消費者の部屋」平成21年10月展示のご案内
   ・食農連携コーディネーター(FACO)バンクのご案内
   ・メールマガジン「農商工連携“宝さがし”マガジン」受信の登録
○セミナー、講座等の参加者を募集します。
   ・「知財ビジネスマッチングフェア2009」の開催のお知らせ
   ・「情報通信技術を活用した地産地消推進セミナー」に開催について
   ・平成21年度食品表示適正化技術講座(近畿地域)の開催について
○今月の農林水産統計
   ・平成21年産水稲の作付面積及び9月15日現在における作柄概況(近畿)
4【農政事務所からのお知らせ】
   ・農林水産情報交流ネットワーク事業の消費者モニターの追加募集(大阪)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1【今月のキーワード】

   「食農連携コーディネーター(FACO)」

   農商工連携等に代表される食を通じた地域活性化の取組において、現地コーディ
ネーターや現地担当者・事業者の方々などの様々な場面におけるサポートを目的に、
関連する分野において専門的な知識・経験を有し、現地コーディネーターへの指導
助言等を行う専門家、有識者、実務者のことです。

   (FACO)とは、

   Food(食品)、
   Agriculture(農業)、
   COordinator(コーディネーター)の頭文字を繋げたものです。

※【お知らせ】コーナーに関連事項を掲載しております。

2【農政の動き】

   業務再点検の結果について(平成21年9月)

                                                                                                ◇農林水産省改革推進室

   農林水産省では、BSE問題や事故米問題が発覚した9月を「国民視点確認月間」
とし、毎年この月に全省的に、国民視点に立った業務が遂行されているかを点検す
ることとしております。
   第1回目の「国民視点確認月間」である本年9月を迎え、近畿農政局内の全部署
において業務の再点検を実施しましたので、その結果を公表いたします。
業務の再点検では、それぞれの業務の運営が国民視点に立ったものとなるために、
どのような取組や工夫を行っているか確認し、不十分な点や課題があれば、それら
に対してどのような改善策を講じるべきかを、各部署の職員全員で議論しました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/info/090930tenken.html

3【お知らせ(募集、ご案内)】

○農政局からのお知らせです。

   地産地消駅の弁当メニューコンテスト表彰結果について

                                                                                                      ◇生産経営流通部農産課

   地産地消の取組を一層推進するため、観光客等の不特定多数の消費者を対象に

提供されている駅の弁当で、地場農水産物の食材を使ったメニューに関するコンテス
トを開催し、10月14日(水曜日)に近畿農政局長賞等の弁当を公表し、表彰を
行いました。

・表彰結果と受賞弁当等、詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/chisan/ekibenhyoshou.html

 

   平成21年度豊かなむらづくり全国表彰事業近畿ブロック表彰式の開催について
                                                                                                                             ◇企画調整室

   豊かなむらづくり全国表彰事業(農林水産祭むらづくり部門)は、農山漁村にお
ける「むらづくり」の優良事例の表彰を行うとともに、あわせてその業績発表等を
行うことにより、むらづくりの全国的な展開を助長し、もって地域ぐるみの連帯感
の醸成及びコミュニティ機能の強化を図り、農林漁業及び農山漁村の健全な発展に
資することを目的としています。
平成21年度の近畿ブロックにおける優良事例の表彰式を下記のとおり開催しま
すので、お知らせします。

表彰式の開催日時等
(日時)10月30日(金曜日)13時30分~14時15分
(場所)近畿農政局第3会議室(1階)

表彰内容

農林水産大臣賞
・保津町自治会(京都府亀岡市)平成21年度近畿ブロック最優良事例
・両来住郷協議会(兵庫県小野市)

特別賞(日本政策金融公庫京都支店長賞)
・両来住郷協議会(兵庫県小野市)

受賞団体概要等、詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/kikaku/091016.html

 

近畿農政局「移動消費者の部屋」平成21年10月展示のご案内
                                           ◇消費・安全部消費生活課◇生産経営流通部園芸特産課

果物や野菜には、人が健康的に生活していく上で欠かせないビタミンやミネラル、
食物繊維が多く含まれています。収穫の秋。おいしい果物や野菜をたくさん食べて
健康に、また美しくなりましょう。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。
 
テーマ:果物・野菜をもっと食べて健康に!&美しく!

内容:果物や野菜の重要性について、パネルで紹介します。
・近畿で作られている野菜や果物の紹介
・野菜や果物の機能性
・毎日の食事に欠かせない野菜や果物等
野菜料理レシピ、各種パンフレット等を配布します。

  期間:10月19日(月曜日)~10月26日(月曜日)

場所:京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/091013.html


近畿農政局「消費者の部屋」平成21年10月展示のご案内
                                                              ◇消費・安全部消費生活課◇統計部統計企画課

10月18日は「統計の日」です。統計の日は、国民の皆さんに統計の重要性に
対する関心と理解を深めていただくとともに、統計調査に対し一層のご協力をいた
だくため、昭和48年に定められました。近畿農政局ではこの「統計の日」にあわ
せ、近畿地域における農林水産業の現状について、統計データを活用してわかりや
すくご紹介します。多くの皆様のご来場をお待ちしています。
 
テーマ:統計で知る近畿の農林水産業

内容:近畿地域における食料自給率、農林水産業の現状を紹介するパネル展示

期間:~10月23日(金曜日)まで8時30分~17時

場所:近畿農政局1階消費者の部屋「常設展示コーナー」

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/090925.html


食農連携コーディネーター(FACO)バンクのご案内
                                                                                                 ◇生産経営流通部食品課

農商工連携の取組を進める中で、現場レベルでの様々な悩みや課題を解決するた
め(社)食品需給研究センターは、農林水産省の補助事業を活用し、これまで地域
の活性化やまちづくりに取り組まれた方、また、商品開発、マーケティング、ブラ
ンド化等の様々な専門分野の知見を有する方に登録をいただく「食農連携コーディ
ネーター(FACO)バンク」を創設、地域の悩みや課題などとコーディネーター
を結ぶ(紹介する)取組をスタートしました。(今月のキーワード参照)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/nousyoukou/faco/facobank.html

 

メールマガジン「農商工連携“宝さがし”マガジン」受信の登録について
                                                                                                      ◇生産経営流通部食品課

農商工連携の全国への浸透を目指して、農商工連携に関係する組織、企業および
個人の方々へ、既に農商工等連携事業計画の認定を受けた取組の今をつたえる「現
地ルポ」を中心に、行政機関の支援措置、各種イベント・行事や関係機関、諸団体
の情報を盛り込んだメールマガジンが配信されております。
毎月第2、第4木曜に配信を予定しています。
配信をご希望の方は、「農商工連携“宝さがし”NET」(事務局:日本農業新
聞)(外部リンク)のメールマガジン登録フォームから登録の手続きをお願いしま
す。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/nousyoukou/mailmagazine/mailmagazine.html


平成21年度食料自給率向上に向けた取組事例
                                                                                                               ◇総務部情報推進課
近畿各地域で食料自給率の向上に向け取り組んでいる関係者の参考とするため、
取組事例を収集し、取りまとめたものです。
収集事例は『分かかりやすく実践的な「食育」と「地産地消」の取組』、『国産
農産物の消費拡大の促進の取組』に分類し、掲載しています。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/soumu/suishin/sensin/21jikyuritsu/index.html

-------------------------------------------------------------------------
◎セミナー、講座等の参加者を募集します。

「知財ビジネスマッチングフェア2009」の開催のお知らせ
                                                                                                         ◇生産経営流通部農産課

  知財ビジネスマッチングフェア2009」は、特許庁、近畿経済産業局等の主催
により知的財産をベースにしたビジネスに関する産・学・官の連携・交流を通じて、
開放特許等の技術移転の促進、技術シーズや研究成果等の知的財産の「活用」面に
おける様々なビジネスの発展等に貢献することを目的に開催するものです。
  また、22日(木曜日)の午後からは、アグリビジネス関係の講演会も予定して
おりますので、多数のご来場、ご参加をお待ちしております。

日時平成21年10月21日(水曜日) 10時~17時
平成21年10月22日(木曜日) 10時~16時
場所インテックス大阪3号館(大阪市住之江区南港北1-5-102)
入場料:無料

【展示会】
知的財産を活用した新製品・サービスを技術分野別にご紹介しています。

【講演会】
知的財産戦略、知的財産ビジネスに役立つ講演会を開催します。アグリビジネス
関係講演会は、10月22日(木曜日)13時~15時20分に開催します。
(ア)「リグニンからのグリーンプラスチックの製造技術」
(独)森林総合研究所大原誠司氏
(イ)「触媒を使わないバイオディーゼル燃料製造技術」
(独)農研機構食品総合研究所鍋谷浩志氏
(ウ)「植物工場事業への取り組み」
エスペックミック株式会社中村謙治氏

講演会、展示会等への参加をご希望の方は、
知財ビジネスマッチングフェア2009公式ホームページ
http://www.chizaifair.jp/
をご覧下さい。当日参加も可能です(講演会の聴講は無料)。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/shikenkenkyu/chizaifair2009.html


「情報通信技術を活用した地産地消推進セミナー」に開催について
                                                                                                    ◇生産経営流通部農産課

多様な農業者の活躍の場、地域の活性化、地産地消の推進を図る上で、地域の直
売所等の果たす役割は大きくなっています。
そのような状況の中で、農産物への消費者ニーズを十分に捉えきれず、不十分な
品揃えとなったり、安定的な商品の確保が難しいという現状はありませんか?
この度、直売所等を中心に、農業者や消費者を情報通信技術(ICT)を活用し、
地域農業の活性化を図っている事例のご紹介をするとともに、ICTを活用した地
産地消等の将来像に関するセミナーを開催します。

日時:11月5日(木曜日)13時30分~16時30分

場所:西日本電信電話(株)ソリューションラボセミナールーム
(大阪市北区中之島6-2-27中之島センタービル5階)
プログラム
(1)地産地消の新たな展開について近畿農政局生産経営流通部農産課

(2)事例発表JA京都「たわわ朝霧」
JA兵庫情報センター
産直市場「よってって」
(3)ICTを活用した地産地消の将来像NTT西日本法人営業部SB部
地域ICT推進Gアグリビジネス担当

申込方法等
参加を希望される方は、下記ホームページの「参加申込書」に必要事項をご記入
いただき、10月29日(木曜日)までに、FAX(075-414-9030)
でお申し込み下さい。(先着順100名)参加費無料

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/chisan/ictsemina.html


平成21年度食品表示適正化技術講座(近畿地域)の開催について
                                                                                                 ◇消費・安全部表示・規格課

   「食品表示適正化技術講座(近畿地域)」(開催場所:京都・神戸・大阪)の

参加者募集を開始しましたのでお知らせします。
   農林水産省では、消費者から信頼される食品表示の実現に向けた事業者の自主的
な取り組みを促進し、食品表示の適正化を推進するため、食品の製造業者、流通・
小売業者の方を対象とした適正な食品表示を行う上での留意事項等に関する講座を
近畿地域3か所(全国19か所)で開催いたします。

内容:1.日本の食品表示制度の概要
2.食品表示の適正化に向けた改善のチェックポイント
3.食品表示の適正な実施に向けた取り組みの重要性

講座開催日程・開催場所
11月27日(金曜日)キャンパスプラザ京都第1講義室(京都)
12月11日(金曜日)兵庫県民会館パルテホール(神戸)
1月14日(木曜日)新梅田研修センターLホール(大阪)

時間:食品の製造業者向けセミナー10時~12時30分(100名)
食品の流通・小売業者向けセミナー14時~16時30分(200名)

費用:お一人500円(テキスト代)会場にて、事務局へお支払い願います。

本事業は、公募による企画競争の結果、株式会社三菱総合研究所が本年度の
事業実施主体となっております。

各開催地ごとに申込期間参加申込期間を定めております。下記ホームページの
株式会社三菱総合研究所からの、食品表示適正化技術講座参加募集(近畿地域)
のお知らせでご確認下さい。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/091013_1.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今月の農林水産統計

平成21年産水稲の作付面積及び9月15日現在における作柄概況
                                                                                          ◇統計部生産流通消費統計課

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/sokuho/sok/091002.html


4【農政事務所からのお知らせ】

農林水産情報交流ネットワーク事業における消費者モニターの追加募集について
                                                                                                ◇大阪農政事務所農政推進課

農林水産省では、農林水産行政の円滑かつ効率的な推進、農林水産業の振興及び
農山漁村地域の活性化を図るため、生産者(農業者、林業者、漁業者)、流通加工
業者及び消費者と行政担当者の情報交流が可能となる人的ネットワークを構築し、
活発な情報の交流活動を行っています。
この活動にご協力いただく、「消費者モニター」を追加募集します。

仕事の内容:アンケートへの回答(年数回程度)
農林水産施策についての意見の提出等(随時)
農林漁業者との情報交流会等への出席をお願いする場合があります。
任期:平成21年11月1日から平成22年3月31日までの5ヶ月間

応募資格:大阪府内にお住まいで農林水産行政に関心のある20~29歳の男性
(平成21年4月1日現在)で、原則として自宅のパソコンでインターネットを利
用できる環境にある方。

追加募集人数:消費者モニター:2名(男性20~29歳)
応募方法:郵送、FAX又はeメールにより、必要事項を記載の上、お申し込み
ください。

応募の締め切り日:10月26日(月曜日)

選考結果:応募者多数の場合は抽選等の方法により選考し、10月下旬頃、直接
連絡致します。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/osaka/local/bosyuu.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【編集後記】
   朝晩、めっきり涼しくなりました。10月の「衣替え」。今年はすんなり行えた
ように思います。
   「近畿アグリレター」も、よりタイムリーに情報提供を行ってまいります。
今後ともご愛読をよろしくお願いいたします。
   読者の皆様からも、近畿農政局が行ないます広報全般についてのご意見やご要望
をお寄せいただきますようお願いいたします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◇配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

からお願いします。
◇編集・発行:近畿農政局情報推進課
〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町

このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.html

までお願いします。
電話075-451-9161
FAX075-414-8812編集担当:山北(内線2082)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お問い合わせ先

企画調整室  
担当者:山北隆裕
代表:075-451-9161(内線2082)
ダイヤルイン:075-414-9033
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集