ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリメール200911-1号vol.106


ここから本文です。

更新日:2009年11月06日

担当:総務部情報推進課

近畿アグリメール 2009_11-1 vol.106

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
 近畿アグリレター Vol.106 発行 農林水産省近畿農政局 2009.11.06
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
◎今号から、近畿アグリレターは月2回(5日と20日を基本に)発行いたします。
 よりタイムリーな情報をお届けしてまいりますので、今後ともご愛読いただきますようよろ

しくお願いいたします。

《今号の目次》

1【農政の動き】
 (1)戸別所得補償制度に関するご意見の募集(締め切り11月10日)
 (2)新たな食料・農業・農村基本計画の策定に向けて国民の皆様からのご意見・ ご要望

の募集(締め切り11月17日)
 (3)~メルマガをリニューアル!~農林水産省メールマガジン(本省発行分)
 
2【お知らせ(募集、ご案内、イベント結果等)】
 ◎農政局からのお知らせです。
 (1)地域担い手経営基盤強化総合対策実験事業について
 (2)広域連携アグリビジネスモデル支援事業について
 (3)近畿農政局「消費者の部屋」のご案内
 (4)地産地消 駅の弁当 メニューコンテスト発表会を開催しました。
 (5)「平成21年度近畿地域マッチングフォーラム」が開催されました。
 (6)「農林水産物・食品輸出オリエンテーションの会」を開催しました。
 (7)「平成21年度近畿地域大豆等現地検討会」を開催しました。
 ◎セミナー、講座等の参加者を募集します。
 (1)平成21年度食品表示適正化技術講座(近畿地域)の開催について(再掲)
 (2)食品業界の信頼性向上セミナー(実践編)のご案内(京都、和歌山) (再掲)
 ◎今月の農林水産統計
 (1)平成21年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)
3【農政事務所からのお知らせ】
 【和歌山農政事務所】「移動消費者の部屋」開設のお知らせです。

-------------------------------------------------------------------------
1【農政の動き】
(1) ===================================
 戸別所得補償制度に関するご意見の募集(締め切り11月10日)
=====================================
※10月27日付け「アグリレター臨時号」ですでにお知らせしておりますが再度ご案内いた

します。
【趣旨】
 農林水産省では、平成23年度から導入する戸別所得補償制度の円滑な実施に向けて、

平成22年度に全国規模で実証を行うモデル対策を予算要求しています。
 つきましては、10月23日から11月10日までの間、戸別所得補償制度を具体化するにあ

たり、その実効性を上げるため、広くご意見を募集します。
 積極的なご意見・ご要望・ご提案をお待ちしております。
【参考資料】
 「戸別所得補償制度に関するモデル対策の概要」をご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/pdf/091023_1-01.pdf
【ご意見の提出期限】
 平成21年11月10日(火)正午必着(郵送も11月10日必着)
【ご意見の提出方法】
・インターネット、郵送又はファクシミリによりお寄せください。
・電話でのご意見の提出には対応いたしかねますので、ご了承ください。
・なお、提出されるご意見は日本語で記入してください。
●インターネットでの提出
下記アドレスにアクセスの上、指示に従ってご記入ください。
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/e316.html
●郵送での提出
下記様式に所定事項を記入の上、以下の宛先までお送りください。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/pdf/091023_1-02.pdf
 〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
 農林水産省 大臣官房政策課 戸別所得補償制度推進チーム「意見募集担当」宛て
●ファクシミリでの提出
下記アドレスの様式に所定事項を記入の上、下記FAX番号に送信ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/pdf/091023_1-02.pdf
FAX番号:03-6744-1869

●本件に関するお問い合わせ先
 大臣官房政策課 戸別所得補償制度推進チーム 東野、千嶋
 代表:03-3502-8111(内線3076) ダイヤルイン:03-6744-1850
 FAX:03-6744-1869

(2) ===================================
 新たな食料・農業・農村基本計画の策定に向けて国民の皆様からの
ご意見・ご要望の募集について(11月17日必着)
=====================================
【趣旨】
 食料・農業・農村基本計画は、食料・農業・農村基本法に基づき、施策の基本理念と実

現を図るために基本となる事項を定めるもので、おおむね5年ごとに変更しています。

 現行の基本計画が平成17 年の策定から約4 年を経過すること、また、策定以降の食料・

農業・農村をめぐる情勢が大きく変化していることから、新たな基本計画の検討を開始する

こととしました。検討に当たっては、透明で開かれた政策決定プロセスを取る観点から、資

料や議事録を公開するとともに、国民の皆様からご意見・ご要望を広く募集し、審議会の

議論に活用させていただきたいと考えております。

【参考資料】
 「新たな食料・農業・農村基本計画の策定に向けて」の「食料・農業・農村政策審議会

企画部会(第13回)」(平成21年10月21日公表資料)をご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/index.html
【ご意見の提出期限】
 平成21年11月17日(火)必着(郵送も11月17日必着)
【ご意見の提出方法】
 参考資料の「企画部会(第13回)の資料や議論の概要」をご覧のうえ、提出したいテーマ

を選択いただき、その事項について200字以内で記述をお願いいたします。

・電話でのご意見の提出には対応いたしかねますので、ご了承ください。
・なお、提出されるご意見は日本語で記入してください。
●インターネットでの提出
下記アドレスにアクセスの上、指示に従ってご記入ください。
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/731e.html
●郵送での提出
 氏名・性別・年代・居住都道府県・職業を明記して、下記の宛先までお送りください。
 〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
 農林水産省大臣官房地方課  地方提案推進室 宛て
●ファクシミリでの提出
 氏名・性別・年代・居住都道府県・職業を明記して、下記FAX番号に
送信をお願いします。
 FAX番号:03-6744-1869
●本件に関するお問い合わせ先
 大臣官房政策課 計画班   三谷、中村
 代表:03-3502-8111(内線3085)ダイヤルイン:03-3502-5515
 FAX:03-3508-4080
●詳しくは、下記をご覧下さい。(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/iken_index.html

(3) ===================================
  ~メルマガをリニューアル!~農林水産省メールマガジン(本省発行分)
=====================================
 農林水産省メールマガジンは、食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農山漁村

等の振興等に関する施策情報等について、原則、毎週金曜日に配信しているところですが、

11月6日号からリニューアルします。新コーナーでは、赤松農林水産大臣をはじめ、副大臣、

大臣政務官からのメッセージを毎週順番に配信していきます。
  まだ、農林水産省メールマガジンにご登録されていない方は、以下のアドレスから追加登

録をお願いします。

●追加登録はこちら
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

2【お知らせ(募集、ご案内、イベント結果等)】
-----------------------------------------------------------------
◎農政局からのお知らせです。
-----------------------------------------------------------------
(1) ===================================
地域担い手経営基盤強化総合対策実験事業について
 ◇生産経営流通部 構造改善課 電話:075-414-9013
=====================================
 担い手農家の方が農業用機械・施設の導入や土地基盤の整備を行う場合に地域担
い手育成総合支援協議会を通じて投資費用の一部を助成します。
・プロジェクト融資主体型補助事業(一般型・面的集積型)
・追加的信用供与事業
 今回(第3回)の募集は一般型と面的集積型の2タイプのみで行っています。

●募集期間 平成21年度募集期間(第3回) 
 平成21年10月29日(木)~11月26日(木)17時必着
●応募方法等詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/kouzoukaizen/zigyou/zikkennopage.html

(2) ===================================
広域連携アグリビジネスモデル支援事業について
 ◇生産経営流通部 構造改善課 電話:075-414-9013
=====================================
 複数の都道府県にわたる農業生産者と実需者が連携し、農業生産者が実需者の求
める農畜産物を安定供給するために必要となる生産施設、土地基盤等の整備に対し
て国が直接支援します。
●募集期間
平成21年10月26日(月)~11月26日(木)
●応募方法等詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/kouzoukaizen/zigyou/kouiki.html

(3) ===================================
近畿農政局「消費者の部屋」のご案内 (平成21年10月26日~11月30日)
 ◇消費・安全部 消費生活課 電話:075-414-9761
=====================================
 我が国が地方を中心として元気を取り戻すためには、地域経済の基幹産業である
農林水産業や中小企業の活性化を図ることが重要です。今、農林漁業者と食品事業
者等の商工業者の方々が、お互いの「技術」や「ノウハウ」を持ち寄って、新しい
商品やサービスの開発・提供、販路の拡大などを行う取組(以下「農商工連携」と
いう。)が各地域で進められています。
 今回の展示では、農商工連携による地域の農林水産物を活用した商品開発の取組
事例や、それらを支援する仕組み等をパネルやパンフレットで紹介します。
【テーマ】 食品における地域農林水産物の活用
【期 間】 平成21年11月30日(月)まで開催中
     (土、日、祝日を除く 8:30~17:00。最終日は午前中のみ)
【場 所】 近畿農政局1階消費者の部屋「常設展示コーナー」
      京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町
【内 容】 ・農林水産物を活用した商品開発取組事例の紹介
      ・農商工等連携促進法の紹介
      ・中小企業地域資源活用プログラムの紹介
      ・食農連携促進事業の紹介 など
●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/tenji/20091026.html

(4) ===================================
地産地消 駅の弁当 メニューコンテスト発表会
=====================================
 平成21年10月14日(水)大阪市内で、近畿農政局長賞等の公表と表彰式及び受賞
者による取組事例の発表を行いました。
 近畿農政局では、地産地消の取組を一層推進するため、観光客等の不特定多数の
消費者を対象に提供されている駅の弁当の地場農林水産物の食材を使ったメニュー
に関するコンテストを開催したものです。
 発表会では、各受賞者から受賞弁当に対する取組事例のご報告をいただいたほか、
審査委員の料理研究家の白井操氏、旅行ジャーナリストの小林しのぶ氏から審査結
果の講評をいただき、駅の弁当を通じて地産地消の取組に対する理解が一層図られ、
盛況のうちに終了しました。

●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/chisan/ekibenhyoshou.html
●受賞された駅弁の画像はこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/chisan/pdf/jushobentogaiyou.pdf
●コンテストの様子
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k091016_2.html

(5) ===================================
「平成21年度近畿地域マッチングフォーラム」が開催されました。
=====================================
 平成21年10月30日(金)加古川市民会館大会議室において、「平成21年度近畿地
域マッチングフォーラム-IT活用による営農を支援するための作業計画・管理支援
システム-」が開催されました。
 このフォーラムでは(独)農業・食品産業機構近畿中国四国農業研究センターが
中心となって開発し、無償で提供しているパソコン用GISソフトウェア「作業計画
・管理支援システム」の概要を説明すると共に、農業分野へのGIS普及拡大のため
の課題について検討がされました。

●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k091104_1.html

(6) ===================================
「農林水産物・食品輸出オリエンテーションの会」を開催しました。
=====================================
 平成21年10月28日(水)、ホテル阪神(大阪市)において、近畿農政局・近畿地
域農林水産物等輸出促進協議会の主催により「農林水産物・食品輸出オリエンテー
ションの会」を、生産者団体や流通関係者等約100名の参加のもと開催しました。

●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k091105_1.html

(7) ===================================
「平成21年度近畿地域大豆等現地検討会」を開催しました。
=====================================
 平成21年10月29日(木曜日)、京都府南丹市において「平成21年度近畿地域大豆
等現地検討会」を開催しました。
 近畿産大豆新技術導入・定着、需要拡大協議会は、京都府南丹市において「平成
21年度近畿地域大豆等現地検討会」を開催し、近畿各地から大豆等の生産に携わっ
ている生産者、生産者団体、市町村担当者や府県の行政、普及、試験研究の担当者
等約 130名の参加のもと、黒大豆及び小豆のほ場の調査と室内での事例報告や意見
交換を行いました。

●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/kekka/k091102_1.html

------------------------------------------------------------------
◎セミナー、講座等の参加者を募集します。
------------------------------------------------------------------
(1) ===================================
平成21年度食品表示適正化技術講座(近畿地域)の開催について
 ◇消費・安全部 表示・規格課 電話:075-414-9082       (再掲)
=====================================
 「食品表示適正化技術講座(近畿地域)」(開催場所:京都・神戸・大阪)の参
加者募集を開始しましたのでお知らせします。
 農林水産省では、消費者から信頼される食品表示の実現に向けた事業者の自主的
な取り組みを促進し、食品表示の適正化を推進するため、食品の製造業者、流通・
小売業者の方を対象とした適正な食品表示を行う上での留意事項等に関する講座を
近畿地域3か所(全国19か所)で開催いたします。

 内容:1. 日本の食品表示制度の概要
    2. 食品表示の適正化に向けた改善のチェックポイント
    3. 食品表示の適正な実施に向けた取り組みの重要性

 講座開催日程・開催場所(近畿地域)
   11月27日(金)キャンパスプラザ京都第1講義室(京都)
      (申込み締切)11月20日(金)    
   12月11日(金)兵庫県民会館パルテホール(神戸)
      (申込み締切)12月 4日(金)
    1月14日(木)新梅田研修センターLホール(大阪)
      (申込み締切)12月25日(金)
 時間:食品の製造業者向けセミナー   10時~12時30分(100名)
    食品の流通・小売業者向けセミナー14時~16時30分(200名)

 費用:お一人500円(テキスト代)会場にて、事務局へお支払い願います。
 ※ 本事業は、公募による企画競争の結果、株式会社三菱総合研究所が本年度の
  事業実施主体となっております。
●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/091013_1.html

(2) ===================================
食品業界の信頼性向上セミナー(実践編)のご案内(京都会場、和歌山会場)
  ◇生産経営流通部 食品課 電話:075-414-9024                (再掲)
=====================================
 本セミナーは、食品関連事業者に求められる取組をテーマとした講義形式のセミ
ナーです。
○開催日時・場所・定員
 ・京都会場  平成21年11月25日(水) 10時00分~
    京都府中小企業会館710号室(京都市右京区西院東中水町17番地)
 ・和歌山会場 平成21年11月26日(木) 10時00分~
    和歌山経済センター大会議室(和歌山市西汀丁26番地)
 ・定員各教室50人 参加費無料

○講演内容 <京都、和歌山>
 ・企業行動規範とコンプライアンス(90分)
 ・食品事故対応マニュアル策定のポイント(90分)
 ・衛生管理・品質管理の実践と取引先の選定(90分)

○講 師 東京海上日動リスクコンサルティング(株) 担当者

○実施主体:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
 ・申し込み方法:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社のホームページ
より、本セミナー所定の申込用紙によりFAX、またはお申し込みフォームでお申し
込み下さい。

●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/compliance/seminar2.html

-----------------------------------------------------------------
◎今月の農林水産統計
-----------------------------------------------------------------
(1) ===================================
 平成21年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)
  ◇統計部 生産流通消費統計課 電話:075-414-9650
=====================================
【平成21年10月30日公表】
(近 畿) 水稲作付面積  11万500ha、作況指数 98
(滋賀県) 水稲作付面積 3万3,200ha、作況指数 99
(京都府) 水稲作付面積 1万5,800ha、作況指数 95
(大阪府) 水稲作付面積    5,840ha、作況指数100
(兵庫県) 水稲作付面積 3万8,700ha、作況指数 98
(奈良県) 水稲作付面積   9,340ha、作況指数100
(和歌山県)水稲作付面積   7,650ha、作況指数100
●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/sokuho/sok/091030.html

3【農政事務所からのお知らせ】
-----------------------------------------------------------------
【和歌山農政事務所】
-----------------------------------------------------------------
「移動消費者の部屋」開設のお知らせです。
 毎月19 日の「食育の日」に下記直売所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費
者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けしています。同ブースでは食事バラ
ンスガイドや食育推進についてパネル展示と解説、地元食材メニューのサービング
等の配付を行っています。また、月ごとに設けたテーマについて、わかりやすく紹
介します。
 秋のイベントシーズンです。今月は、下記イベントにも特設スペースを頂いて開
設します。

 11 月のテーマ 「食生活指針について」
・紀の川市 「めっけもん広場」    11 月19 日(木)  9:30 ~ 16:00
・海南市 「とれたて広場」      11 月20 日(金) 10:00 ~ 16:00
・高野町 秋の収穫祭(高野町高野山) 11 月 7 日(土)  9:00 ~ 15:00
・ふれあいデー2009 in 農業試験場  11 月14 日(土) 10:00 ~ 15:00
                  (紀の川市貴志川町)
・和歌山大学 和大祭(和歌山市栄谷) 11 月21、22 日( 土、日)
●問い合わせ先 
  和歌山農政事務所 消費生活課 電話:073-436-3853(内線320)
●詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/wakayama/local/info/heya.html
-------------------------------------------------------------------------
【編集後記】
 「農林水産省メールマガジン」もリニューアル。「近畿アグリレター」も、より
タイムリーに情報提供を行ってまいります。今後ともご愛読をよろしくお願いいた
します。
 読者の皆様から、近畿農政局が行ないます広報全般についてのご意見やご要望を
お寄せいただきますようお願いいたします。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◇配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html
                                   からお願いします。
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.html
                  までお願いします。
◎編集・発行:近畿農政局 情報推進課
〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
 電 話 075-451-9161
 FAX 075-414-8812 編集担当:山北(内線2082)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お問い合わせ先

企画調整室 
代表:075-451-9161(内線2082)
ダイヤルイン:075-414-9081
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集