ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター2010年2月-2号


ここから本文です。

更新日:2010年02月19日

担当:総務部 情報推進課

近畿アグリレター2010_2月-2号

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
 近畿アグリレター Vol.113 発行 農林水産省近畿農政局 2010.02.19
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

《今号の目次》
1【農政の動き】
 ・戸別所得補償制度モデル対策が4月からスタートします
2【お知らせ(募集、ご案内、イベント結果等)】
 ◎農政局からのお知らせ
 ・近畿農政局「移動消費者の部屋」のご案内
 ・「平成21年度地産地消優良活動表彰」審査結果及び「近畿表彰発表会」
 ・原材料用米穀(特定米穀相当品)の販売価格(平成22年1月分)
 ・平成21年12月の国内産米穀の卸・小売価格の概況
 ・麦製品等の取引価格の推移
 ・平成20年度耕作放棄地解消に係る導入作物事例
 ・「農商工等連携事業計画」平成21年度第3回(通算第6回)認定について
 ◎セミナー、講座等の参加者を募集します。
 ・「近畿バイオマス地域説明会in和歌山」の開催について
 ・農村女性起業支援セミナーの開催について
  ・各種モニターの募集について
 ・平成22年度農山漁村活力再生・支援事業について
 ◎今月の農林水産統計
  ・統計調査結果公表(更新)等のお知らせ

1【農政の動き】
 ==農政の動き============================
 戸別所得補償制度モデル対策が4月からスタートします
                     ◇戸別所得補償制度推進対策室 電 話 075-366-0117
 ===================================
 自給率向上のポイントとなる麦・大豆・米粉用米・飼料用米などについて、
シンプルで分かりやすい助成体系の下に、生産拡大を促す対策と、水田農業の
経営安定を図るために、恒常的に赤字に陥っている米に対して補てんする対策
をセットで行います。
 近畿農政局においては、本制度を円滑に実施するため、相談窓口を設置する
とともに、情報提供を行っています。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/kobetu/model.html

2【お知らせ(募集、ご案内、イベント結果等)】
 ◎農政局からのお知らせ
(1)=================================
 近畿農政局「移動消費者の部屋」平成22年2月展示のご案内
                       ◇消費・安全部 消費生活課 電話075-414-9761
             ◇生産経営流通部 畜産課    電話075-414-9022
 ===================================
 おいしさ”ぎゅ~っ”近畿のうまい牛肉、大集合!
   ~プチごほうび ? 今夜さっそく食べましょ!~
 近畿地域は昔から牛肉好きで食にこだわりをもつ地域で、地域色豊かなブランド
牛が数多く生産されています。
 今回、近畿各地にあるブランド牛肉情報を一挙に公開するとともに、各部位の特
徴にあったさまざまな調理法や、健康にもいいという栄養的な効果などをご紹介し
ます。
 高くて贅沢品というイメージの強いブランド牛肉ですが、おいしく、健康に、一
日頑張った自分へのご褒美として、さっそく牛肉を食べたくなる情報を展示します。

●期間 平成22年2月15日(月曜日)~3月1日(月曜日)
    (期間中は終日展示。最終日は午前9時まで)
●場所 京都中央郵便局 ATMコーナー「展示ギャラリー」
    (京都市下京区東塩小路町843-12)
●内容 パネル展示及びパンフレット配布
   ・近畿地域のブランド牛肉の情報、牛肉料理のレシピ
   ・最適な調理法や保存法の紹介など
   ・レシピ本や栄養の知識満載の冊子などがお持帰りいただけます。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/100208_1.html

(2)=================================
 「平成21年度地産地消優良活動表彰」の審査結果及び
       「近畿地産地消優良活動表彰発表会」の開催について
            ◇生産経営流通部 農産課 産地振興係 電話 075-414-9020
 ===================================
 地産地消の推進について、優良事例の情報発信が重要であることから、農林水産
省では、地産地消の活動を積極的に展開している優良な団体等の表彰事業を実施し、
優良事例の収集及び普及啓発を図っており、近畿農政局では、近畿管内から同事業
へ応募する団体等の審査を行ってきたところです。
 先般、平成21年度地産地消優良活動表彰の審査結果(全国結果)について、農林水
産省で公表されました。併せて近畿農政局でも、近畿農政局長賞の受賞団体を公表
いたします。
 近畿農政局管内における表彰者は以下のとおりです。

・農林水産大臣賞(交流促進部門) 農事組合法人  万葉の郷ぬかづか(滋賀県)
・農林水産大臣賞(地域振興部門) 上賀茂特産野菜研究会(京都府)
・近畿農政局長賞 おんぢ若菜の会(大阪府)

 近畿地産地消優良活動表彰発表会では、近畿農政局長賞の授賞式及び上記受賞者
による取組内容の事例報告等を行います。

●日時 平成22年3月10日(水曜日)13時30分~16時
●場所 ホテルルビノ京都堀川 3階「アムール」
    (京都市上京区東堀川通リ下長者町下ル)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/chisan/yuuryou21.html

(3)=================================
 原材料用米穀(特定米穀相当品)の販売価格(平成22年1月分)について
         ◇食糧部 計画課 生産流通調査係 電話 075-414-9731
 ===================================
 生産者の販売価格は、比較的高めの価格で取扱いを行ってきた一部取扱業者で取
扱いが無かったこと等により、前月と比較して、低下している。
 販売業者の販売価格は、前月と比較して、用途別に若干の変動はあるものの概ね
同水準となっている。ただし、焼酎用に関しては、取扱業者からの調査では価格変
動は概ね同水準となっているものの低価格で取扱いを行ってきた一部取扱業者で取
扱いが無かったために価格が上昇している。

詳しくはこちら(農林水産省総合食料局にリンク)
http://www.syokuryo.maff.go.jp/archives/data/genryuyou220215.pdf

(4)=================================
 平成21年12月の国内産米穀の卸・小売価格の概況について
         ◇食糧部 計画課 生産流通調査係 電話 075-414-9731
 ===================================
 米の流通実態を把握するための取組として、全国の卸売業者及び小売業者におけ
る毎月の国内産米穀の取引価格の調査を行っています。
 平成21年12月分についてとりまとめましたのでお知らせします。
 卸・小売価格とも前月と比較して、産地品種銘柄によって小幅ながら変動してい
る銘柄があります。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページにリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/soushoku/keikaku/100125.html

(5)=================================
 麦製品等の取引価格の推移(平成21年12月)について
         ◇食糧部 計画課 生産流通調査係 電話 075-414-9731
 ===================================
 麦の流通実態を把握するための取組として、全国の麦製品等の卸売業者及び小売
業者における毎月の麦製品等の取引価格の調査を行っています。
 平成21年12月分について取りまとめましたのでお知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページにリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/soushoku/keikaku/100205.html

(6)=================================
 平成20年度耕作放棄地解消に係る導入作物事例
       ◇総務部 情報推進課 地域業務推進係 電話 075-414-9033
 ===================================
 市町村において策定する「耕作放棄地解消計画」の実効性を高めるための資料に
資することを目的に、近畿管内における耕作放棄地解消に係る導入作物の事例を収
集しました。
 収集事例は、「地域特産物・伝統農産物を栽培」、「景観作物、地域資源活用等農
村地域活性化を通じた取組」、「地産地消等地域独自の取組」、「他用途米の栽培」、
「その他」の5つに分類して掲載しています。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/soumu/suishin/sensin/20kousakuhouki/index.html

(7)=================================
 「農商工等連携事業計画」平成21年度第3回(通算第6回)認定について
    ~農林水産業者と商工業者が連携した11件の事業計画を認定~
             ◇生産経営流通部 食品課 電話 075-414-9025
 ===================================
 近畿農政局及び近畿経済産業局は、平成20年7月21日に施行された「農商工等連携
促進法」に基づき、11件の「農商工等連携事業計画」について、22年2月18日(木曜
日)付けで平成21年度第3回(通算第6回)の認定を行いました。
 近畿地域(福井県を含む)での認定は、第1回から第5回認定の43件と合わせ54件
となりました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/seisan/syokuhin/100218.html

◎セミナー、講座等の参加者を募集します。
(1)=================================
 「近畿バイオマス地域説明会in和歌山」の開催について
                             ◇企画調整室 電話 075-451-9165
 ===================================
 バイオマスの利活用に関する意向を把握し、地域関係者の連携を促進することな
どを目的とした「環境バイオマス総合対策推進事業(近畿地域調査事業)」の一環
として、「近畿バイオマス地域説明会in和歌山」を開催します。
 このたびの説明会では、“木質バイオマスの利活用”をテーマに取り上げていま
す。
 県内面積の60%を占める山林の間伐材利用や林地残材利用など,積極的な木質バ
イオマスの利活用を進める和歌山県にて,バイオマスタウン構想を発表した北山村
の事例報告,薪ボイラー販売事業を行う事業者の報告を行います。
 また,バイオマス利活用に係る国の事業制度について,省庁担当者による説明を
実施,会後半には,希望者への個別相談会を行います。
※バイオマスやバイオマス事業化にご関心がある方など,どなたでもご参加いただ
けます。

●日時 平成22年2月24日(水曜日)
●場所
・現地視察 :木質パウダー化施設10時30分~11時45分
   集 合:JR御坊駅(10時30分 貸し切りバスで移動)
・地域説明会:御坊市民文化会館 練習室(2) 13時~16時
・個別相談会:御坊市民文化会館 練習室(3) 16時10分~17時
            (和歌山県御坊市薗258番地2)
●定員 50名(無料)
●主    催:近畿バイオマス発見活用協議会、近畿農政局
 下記アドレスの「詳細ちらし」をご覧になり、2月22日(月曜日)17時までにお申
し込み下さい。
●お問い合せは 近畿バイオマス発見活用協議会
 事務局 内外エンジニアリング株式会社 電話 075-933-5308 FAX 075-708-8062

詳しくはこちら
http://www.kinkibiomass.com/business21/index.html

(2)=================================
 農村女性起業支援セミナーの開催について
             ◇生産経営流通部 経営支援課 電話 075-414-9055
 ===================================
 近畿農政局では、関係機関等との連携の下、近畿女性アグリベンチャー支援協議
会を設立し、起業活動の中で大きなウエイトを占める食品加工分野に関して、各種
取組を通じて起業のステップアップを目指す農村女性の支援を行っているところで
す。
 本年度取組の一環として、今後起業活動を始めたい、あるいはスキルアップを図
りたいと考えている農村女性や、女性起業をサポートする普及指導員、JA担当者等
を対象に、販売促進に向けた地域や消費者との連携のあり方等に関するセミナーを
開催します。

●日時 平成22年2月26日(金曜日)13時30分~16時30分(受付開始13時から)
●場所 エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階 視聴覚室
    (大阪市中央区北浜東3-14)
●テーマ 「多様な販売方法にチャレンジ!商品を消費者のもとへ」
●内容 
 事例報告 てまひまかけた食と心を伝えたい
       ~先人の技と新たな発想のコラボレーション~
      (有)てまひまグループ 太田 米子氏
 講  演 販売力向上への道 消費者を知る
      (有)エヌ・コンサルタンツ 西村 健一氏
 質疑応答・意見交換

●参集範囲等 近畿地域における起業活動に取り組む農村女性
       管内各府県行政・普及担当者、管内市町村担当者、JA担当者 等
●申込   平成22年2月22日(月曜日)(先着100名 参加費無料)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/keieishien/danjo/semina/0226.html

(3)=================================
 各種モニターの募集について
            ◇総務部 情報推進課 地域業務推進係 電話 075-451-9033
 ===================================
 農林水産省では、農林水産行政の円滑かつ効率的な推進、農林水産業の振興及び
農山漁村地域の活性化を図るため、生産者(農業者、林業者、漁業者)、流通加工
業者及び消費者と行政担当者の情報交流が可能となる人的ネットワークを構築し、
活発な情報の交流活動を行っています。この活動に御協力いただく「流通加工業者
モニター及び消費者モニター」を募集いたします。

●内容
・アンケートへの回答(年4回程度)
・農林水産施策についての意見の提出等(随時)
 ※農林漁業者等との情報交流会等への出席をお願いする場合があります。
●任期
・平成22年4月1日~平成24年3月31日までの2年間
●応募資格
・流通加工業者モニター
 近畿2府4県で食品製造、食品卸売、食品小売、外食産業、木材関係に携わってお
り、今後とも経営を積極的に行う意欲があり、原則として自宅もしくは職場のパソ
コンでインターネットを利用できる環境にある方

・消費者モニター
 近畿2府4県に在住で、農林水産行政に関心のある20歳(平成22年4月1日現在)
以上で、原則として自宅のパソコンでインターネットを利用できる環境にある方

※なお、次の方は消費者モニターの対象となりませんので御注意ください。
・国及び地方公共団体の議員や職員
・農林漁家の世帯員や流通加工業(食品製造、食品卸売、食品小売、外食産業又は
木材産業)の事業運営に携わっている人
・農林水産省の他のモニター(一部)になっている人
●応募方法 ホームページ、郵送、FAXによりご応募下さい。

 下記アドレスの「ホームページによる応募」、または「流通加工業者モニター応
募用紙」、「消費者モニター応募用紙」に必要事項を記入の上、お住まいの府県の農
政事務所等までご応募下さい。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/org/monitor/index.html

(4)=================================
 平成22年度農山漁村活力再生・支援事業
 (旧:農村コミュニティ再生・活性化支援事業)の公募について
             ◇農村計画部 農村振興課 電話 075-414-9050
 ===================================
 平成22年度農山漁村活力再生・支援事業(旧:農村コミュニティ再生・活性化支
援事業)の公募を行っております。
 都市住民の農山漁村への回帰の動きを踏まえた都市から農山漁村への定住を促進
するとともに、定住者の活用や地域における多様な主体の連携により、農山漁村と
地域の企業との連携による農林水産業分野にとどまらない新たな事業の創出など、
農山漁村の地場資源と地元人材等を活かした新たな取組を推進するため、次に掲げ
る事業を実施できるものします。
 ・活力再生に向けた定住等の支援
 ・地域産業との連携による活力再生支援

●事業実施主体等
 農業協同組合、森林組合、水産業協同組合、農業生産法人、特定農業団体、
 NPO法人、一般社団法人、一般財団法人、土地改良区、商工会議所、商工会、
 地方公共団体が出資する団体、農山漁村の住民等の組織する任意団体等

●募集期間(平成22年度)
 平成22年2月15日(月曜日)~平成22年3月5日(金曜日)17時必着

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keikaku/nousonshinkou/noukomi.html

◎今月の農林水産統計
 ==農林水産統計===========================
  統計調査結果公表(更新)等のお知らせ
                   ◇統計部 統計企画課 電話 075-414-9620
 ===================================
【全国版公表】
・平成21年産かんしょの作付面積及び収穫量
・平成21年産春植えばれいしょの作付面積、収穫量及び出荷量
・平成21年産日本なし、ぶどうの結果樹面積、収穫量及び出荷量

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2009.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◇配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html  からお願いします。
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.html までお願いします。
◎編集・発行:近畿農政局 情報推進課
〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
 電 話 075-451-9161
 FAX 075-414-8812 編集担当:山北(内線2082)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お問い合わせ先

企画調整室 
代表:075-451-9161(内線2082)
ダイヤルイン:075-414-9033
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集