ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 2010年 3月2号vol.115


ここから本文です。

更新日:2010年03月19日

担当:総務部 情報推進課

近畿アグリレター2010_3月-2号 

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
 近畿アグリレター Vol.115 発行 農林水産省近畿農政局   2010.03.19
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
《今号の目次》
1【農政の動き】
 ・戸別所得補償制度モデル対策、実務担当者向けQ&Aを更新しました
 ・水田経営所得安定対策に係る加入申請や交付申請期間について
 ・[ご意見募集]ともに考えよう、日本の食料・農業・農村のみらい
2【お知らせ(募集、ご案内、イベント結果等)】
 ◎農政局からのお知らせ
 ・京都農林水産総合庁舎への入退館方法が変わります
 ・平成22年度広域連携等バイオマス利活用推進事業の公募について
 ・aff近畿(農林水産省広報誌aff2010年3月号の近畿関連情報)
 ・平成21年度第3回消費者等との意見交換会(京都府下)
     (テーマ:フード・コミュニケーション・プロジェクト)

 ◎今月の農林水産統計
  ・統計調査結果公表(更新)等のお知らせ

1【農政の動き】
 (1)=================================
 戸別所得補償制度モデル対策、実務担当者向けQ&Aを更新しました
                       ◇戸別所得補償制度推進対策室 電 話 075-366-0117
 ====================================
 自給率向上のポイントとなる麦・大豆・米粉用米・飼料用米などについて、シン
プルで分かりやすい助成体系の下に、生産拡大を促す対策と、水田農業の経営安定
を図るために、恒常的に赤字に陥っている米に対して補てんする対策をセットで行
います。
 近畿農政局においては、本制度を円滑に実施するため、相談窓口を設置するとと
もに、情報提供を行っています。
 実務担当者向けQ&Aは、これまでに現場担当者からの質問等に対する回答を整
理したものです。各地で開催される説明会等で出された質問等を追加しながら随時
更新をします。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/kobetu/model.html

 (2)=================================
 水田経営所得安定対策に係る加入申請や交付申請期間について
                      ◇生産経営流通部 担い手育成課 電 話 075-414-9084
 ====================================
 受付・相談は、近畿農政局生産経営流通部担い手育成課または最寄りの地方農政
事務所農政推進課までお問い合わせください。

・水田経営所得安定対策(平成22年産)の加入申請受付
 平成22年4月1日(木曜日)から平成22年6月30日(水曜日)まで。

・収入減少影響緩和交付金(収入減少補てん)(平成22年産)の交付申請受付
 平成22年4月1日(木曜日)から平成22年4月30日(金曜日)まで

・過去の生産実績に基づく交付金(固定払)(平成22年産)の交付申請受付
 平成22年4月1日(木曜日)から平成22年9月30日(木曜日)まで

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/ninaiteikusei/hinmoku/shinsei_oshirase.html

 (3)=[ご意見募集]=========================
 ともに考えよう、日本の食料・農業・農村のみらい
     ◇農林水産省 大臣官房 政策課 計画班 電 話 03-3502-8111(内線3086)
 ====================================
  「食」を生み出し、「地域」を支える農業・農村は、私たちの「いのち」を支え
る基礎となるものです。しかし、その農業はいま、生産額の減少や農地の荒廃が進
み、農村では多くの集落が消滅するなど深刻な状況に陥っています。一方、世界で
は、人口増加や新興途上国の経済発展により、これから食料価格が高騰し、輸入食
料の調達が困難となる可能性があります。
 このような状況で、日本はどのように「食料」を確保していくのか。現在、国の
中長期的な方針となる「食料・農業・農村基本計画」について、5年に1度の見直
しに向けた検討が行われています。
 この計画の見直しにあたって、国民の皆様からの声を十分に反映した計画とする
ため、新しい「食料・農業・農村基本計画」のポイントや素案に対するご意見を募
集します。
・インターネットによるご意見の提出は、平成22年3月22日(月曜日)まで。
※郵送・FAXによるご意見の提出は、締め切りました。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページにリンク)
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/c6af.html

2【お知らせ(募集、ご案内、イベント結果等)】
 ◎農政局からのお知らせ
 (1)=================================
 京都農林水産総合庁舎への入退館方法が変わります
                               ◇総務部 会計課 電 話 075-414-9041
 ====================================
 京都農林水産総合庁舎では、セキュリティゲートを設置し運用を開始します。
 入館者は、受付で「一時通行証」の発行手続きが必要です。
 皆様には、ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。

【運用開始日 平成22年3月29日(月曜日)】
◎「一時通行証」の発行手続
・お名前、訪問先等の記帳をお願いします。
 (本人確認のため、公的機関の発行する書類をご準備ください)
・記帳後、「一時通行証」を発行します。
 (当日1回の入館に限り有効です。再入館される場合にはお手数ですが再度手続
 きが必要です。)
◎入館時「一時通行証」をゲート部にピッと音が鳴るまで当ててから、お一人ずつ
 通行してください。
◎退館時「一時通行証」は、ゲート通過後必ず返却してください。
 (ゲートの外側の回収ボックスに入れていただくか、受付員にお渡しください)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/soumu/kaikei/info/i100316.html

 (2)=================================
 平成22年度広域連携等バイオマス利活用推進事業の公募について
                          ◇農村計画部 農村振興課 電話075-414-9051
 ====================================
 広域連携等バイオマス利活用推進事業は、食品事業者等が都道府県の行政界を越
えて行う広域的な食品廃棄物等バイオマス利活用の取組について、バイオマスプラ
スチックリサイクル実証試験及び国産原材料由来バイオマスプラスチックの利活用
等への支援を行い、バイオマスの利活用システムの構築や農村振興を推進する事業
です。
 平成22年度事業の公募を行いますので、補助の対象となる事業実施主体、活動の
要件及び応募の手続きについては、以下のアドレスに記載の要領を御覧の上、必要
な提出書類を下記の受付期間内に御提出下さい。
受付期間:平成22年3月19日(金曜日)
         ~平成22年4月19日(月曜日)午後5時迄(郵送:当日消印有効)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/nosonsinko/biomass/H22kouikibaio.html

 (3)=================================
  aff近畿(農林水産省広報誌aff2010年3月号の近畿関連情報)
                             ◇総務部 情報推進課 電話 075-414-9081
 ====================================
 aff近畿は、affの特集に関連する近畿農政局のホームページ情報です。
「aff(あふ)」は、消費者の皆さん、農林水産業関係者、そして農林水産省を結ぶ
ビジュアル・広報誌です。

◎aff近畿3月号の「麦」関連情報
・近畿の麦~フォトレポート~
  京都府[南丹市、亀岡市]の麦秋
・地元の麦で作りました
  小麦新品種「ふくほのか」で特産品づくり[兵庫県]
  地場産の小麦で作った「小麦餅」を販売[奈良県]
・その他の小麦を使った取り組み 等

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/magazine/affkinki/aff1003.html

 (4)=================================
 平成21年度第3回消費者等との意見交換会(京都府下)
         (テーマ:フード・コミュニケーション・プロジェクトについて)

                                 ◇消費・安全部 消費生活課 電 話 075-414-9771
 ====================================
 農林水産省では、食品事業者の意欲的な取組の活性化を通じて、食に対する消費
者の信頼向上を図る対策として、平成20年度からフード・コミュニケーション・
プロジェクトを推進しています。
 近畿農政局主催の平成21年度第3回消費者等との意見交換会(京都府下)では、

農林水産省消費・安全局表示・規格課からの説明、及び消費者団体等との意見交換

を行いました。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/iken/20100218.html

◎今月の農林水産統計
 ==農林水産統計============================
  統計調査結果公表(更新)等のお知らせ
                     ◇統計部 統計企画課 電話 075-414-9620
 ====================================
【全国版公表】
・平成21年産こんにゃくいもの栽培・収穫面積及び収穫量
・平成21年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2009.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◇配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html  からお願いします。
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.html までお願いします。
◎編集・発行:近畿農政局 情報推進課
〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
 電 話 075-451-9161
 FAX 075-414-8812 編集担当:山北(内線2082)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

お問い合わせ先

企画調整室 
ダイヤルイン:075-414-9033
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集