ホーム > 近畿アグリレター2010_06-1号


ここから本文です。

更新日:2010年06月07日

担当:総務部情報推進課

近畿アグリレター2010.6-1号

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
 近畿アグリレター Vol.121 発行:農林水産省近畿農政局   2010年6月7日
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
《今号の目次》
1【農政の動き】
・「戸別所得補償モデル対策」6月30日まで申請受付中!
2【農政局からのお知らせ】
・~土壌診断のすすめ~ 農業生産環境対策事業の公募について
・耕作放棄地を解消する取組みを行いませんか!
・疏水フォーラムinひょうご2010のご案内
・「米粉食品を聞く・見る・食べる~米粉まつり2010 ~」
・近畿農政局「消費者の部屋」のご案内
 農政事務所からのお知らせ
・「第6回市民公開フォーラム」の開催について(大阪)
・「食育実践者向け勉強会inなら」の開催について(奈良)
・「移動消費者の部屋」を開設しています(和歌山)
-------------------------------------
1【農政の動き】
 (1)===================================
 「戸別所得補償モデル対策」6月30日まで申請受付中!
                      ◇戸別所得補償制度推進対策室 電話075-414-9030
=====================================
 6月30日まで、戸別所得補償モデル対策の加入申請方法等について、農家の方々
がお気軽に相談できるよう、全国一律のフリーダイヤルを設置しています。
 お掛けいただきました電話は、お住まいの地域の農政局、農政事務所の戸別所得
補償モデル対策申請等の受付相談窓口に自動で繋ながります。

●戸別所得補償モデル対策申請等の受付相談窓口専用電話
  0120-05-3786 (オ コメ ミ ナ ハイロー)
受付時間:平日 午前9時から午後5時まで(設置期間:平成22年6月30日まで)

詳しくはこちら(加入申請について)
http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/kobetu/index.html

戸別所得補償モデル対策申請等の受付相談窓口(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/seisaku/kobetu_hosyo/tpiawase3.html


2【農政局からのお知らせ】
 (1)===================================
 ~ 土壌診断のすすめ ~ 農業生産環境対策事業の公募について
                   ◇生産経営流通部 農産課 農産機械係 電話075-414-9021
=====================================
 平成20年に肥料原料等の輸入価格が急上昇したことにより、肥料価格は大幅に
上昇し、現在も高い水準にあり、農家経営に大きな影響を与えています。
  しかし、水田、普通畑いずれのほ場においても、リン酸や加里の過剰蓄積が見ら
れるものの、多くの農業者は、土壌でリン酸や加里が過剰蓄積していることを十分
認識していない状況にあります。
 このため、定期的に土壌診断を実施し、その結果に基づいて土壌中の肥料成分に
応じた施肥設計の見直しを行うことで、無駄な支出が抑えられ農業経営の体質強化
が図られます。
 現在、農林水産省では、土壌診断に基づく施肥設計の見直しに係る経費や有機資
源を原料とし肥料とする装置・機械等の助成を行う事業の公募を行っております。

【公募期間】6月1日~30日(水曜日)17時必着

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/100601_1.html


 (2)===================================
 耕作放棄地を解消する取組みを行いませんか!
                          ◇整備部 農地整備課 電話075-414-9541
=====================================
 耕作放棄地再生利用緊急対策は、農振農用地に存在する耕作放棄地を賃貸等によ
り引き受け、再生・営農を行う農業者(農業者組織、農業参入法人等も含む)に対
し、再生作業や土づくり、作付・加工・販売の試行、必要な施設(用排水施設、農
道、農業用機械・施設等)の整備等を総合的に支援する事業です。
 耕作放棄地の再生・営農を考えられておられる場合は、各自治体で取り組んでい
る耕作放棄地対策事業又は本事業が活用できますので、最寄りの耕作放棄地対策協
議会にお問い合せ下さい。まだ対策協議会が設立されていない地域は最寄りの市町
村の農政担当課にお問い合せ下さい。

詳しくはこちら(事業の概要)
http://www.maff.go.jp/kinki/keikaku/nousonshinkou/yuryonouti/houkiti/index.html

耕作放棄地対策協議会の問い合わせ窓口(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/nousin/tikei/houkiti/h_madoguti/index.html


 (3)===================================
 疏水フォーラムinひょうご2010のご案内
                         ◇整備部 設計課 事業調整室 電話075-414-9513
=====================================
 本フォーラムは、「水がつなぐ人と地域 疎水が結ぶ今昔」をテーマとして実施
します。高校生による演劇で始まり、大学教授や写真家によるトークショー、未来
への遺産と題するビデオ上映、施設を守る活動団体や地元小学生等による取り組み
の紹介など、来場された方を飽きさせることのない内容となっています。
 入場無料で事前申込みの必要なく参加していただけますので、ご家族・ご友人を
お誘いあわせのうえご来場ください。

●日時 7月4日(日曜日)13時~17時 (開場12時)
●場所 兵庫県公館
     (神戸市中央区下山手通4-4-1)
13時~   オープニング・アトラクション(演劇)
         水を求めて~いなみ野台地の水開発の歴史~
        (県立農業高校の学生による演劇)
13時50分~ 第1部 水ネットワークの再発見
        東京農業大学教授の林良博氏、兵庫県立大学教授の中瀬勲氏、
        写真家の織作峰子氏らによるトークショーを行います。
15時~      第2部 循環する水の路
              兵庫大学ため池研究所の池本廣希所長をナビゲーターに迎え、
               各地域の取り組み事例を発表します。

●参加申込み等 フォーラムは入場無料で、事前の申込みは必要ありません。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/news/100704/sosuihoramu-hyougo.html


 (4)===================================
 「米粉食品を聞く・見る・食べる~米粉まつり2010~」の開催について
                                ◇食糧部 消費流通課 電話 075-414-9741
=====================================
 米粉食品をもっと身近に知っていただくため、米粉に関するシンポジウム、米粉
食品の展示・試食・販売、米粉を使った料理教室などを行い、その最新情報を皆様
にご紹介します。ぜひ、ご来場ください。

●日時 7月19日(月曜日・祝日)11時~16時
●場所 神戸市立 六甲道勤労市民センター
   (神戸市灘区深田町4丁目1番39号メイン六甲ビル4階・5階)
1. 米粉に関するシンポジウム (5階大会議室 13時20分~15時30分)
(1)基調講演 「米粉ならではの食品加工」
      近畿米粉食品普及推進協議会 会長 坂本廣子氏
(2)報告  「米粉食品の普及推進状況」
(3)パネルデスカッション「米粉普及のための施策と活用実践」
定員 200名(参加費無料)
申込方法 下記アドレスからの参加申込書により、FAX、郵便等で近畿米粉食品普及
推進協議会事務局へお申込をお願いします。

2.米粉製品の展示・試食・販売 ※事前申し込みはありません。

3. 米粉を使った料理教室 (4階 調理実習室 10時~13時)
定員 48名(参加費(食材費・資料代) 1,000円)
申込方法 往復はがきにより事前に近畿米粉食品普及推進協議会事務局へお申込を
     お願いします。
近畿米粉食品普及推進協議会事務局
大阪学校給食パン・米飯協同組合 大阪パン会館2階
   (大阪市中央区内久宝寺町3-2-1)
TEL:FAX 06-4307-3939

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syokuryo/syouhiryutsu/100521.html


 (5)===================================
 近畿農政局「消費者の部屋」平成22年6月展示のご案内
                             ◇消費・安全部 消費生活課 電話 075-414-9761
=====================================
◎テーマ「牛乳におまかせ」~あなたの美しいからだをつくります~

 身近で安価な牛乳・乳製品を、上手に毎日の食生活に取り入れてみませんか?
 美しいあなたのカラダづくりに役立つ情報が満載です。

●場所 京都中央郵便局 ATMコーナー「展示ギャラリー」
    (京都市下京区東塩小路町843-12)
●期 間 6月21日(月曜日)午前9時まで
      (期間中は終日展示をご覧いただけます。最終日は午前9時まで。)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/100525.html


◎テーマ“カラダにいいこと”しませんか?
 ~ 6月は食育月間、毎月19日は食育の日 ~

 毎年6月は「食育月間」です。食育推進の様々な取組を重点的に行うことで、食
育の浸透を図っていくこととしております。
 この一環として、「食事バランスガイド」と「教育ファーム」に関する情報の提
供と「食育かるた」「食育紙芝居」などの食育活動支援資材の展示を行います。

●場所 近畿農政局1 階消費者の部屋「常設展示コーナー」
    (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)
●期 間 6月8日(火曜日)~6月18日(金曜日) 8時30分~17時
     (土、日、祝日を除き、初日は午後から、最終日は午前中のみの展示)

●場所 京都中央郵便局 ATMコーナー「展示ギャラリー」
    (京都市下京区東塩小路町843-12)
●期 間 6月21日(月曜日)午前10時~7月5日(月曜日)午前9時まで
   (期間中は終日展示。初日は午前10時から、最終日は午前9時まで。)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/100604.html


農政事務所からのお知らせ
=(大阪農政事務所)===========================
 「第6回市民公開フォーラム」の開催について
                     ◇大阪農政事務所 農政推進課 電話 06-6941-9657
=====================================
テーマ “北のめぐみとわが家の食卓”

 (社)札幌農学振興会 関西支部主催による親子で楽しむ食育イベントや「北海道
の美味しいお米づくり」と題した基調講演やパネルディスカッションなどが行われ
ます。ぜひご来場ください。
 大阪農政事務所では、食の安全安心・地産地消・食育等のパネル展示を行います。
●日時 6月19日(土曜日) 11時~16時30分
●場所 松原市民文化会館
(松原市田井城1-3-11 近鉄南大阪線河内松原駅下車)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/osaka/local/info/siminkoukai-foram2010.html


=(奈良農政事務所)===========================
 「食育実践者向け勉強会inなら」の開催について
              ◇奈良農政事務所 消費・安全部 消費生活課 電話 0742-23-1283
                             FAX 0742-23-5750
=====================================
テーマ 「調理の楽しさを伝えよう!」

 健全な食生活は、健康で豊かな人間性を育む礎となっています。その食生活を下
支えている調理の多様性とその効果を再認識し、楽しく健康的な食生活を送るため
の話題提供と、食に関わる諸課題についてのワークショップを行います。
●日時 6月18日(金曜日)13時30分~15時30分(受付13時)
●場所 エコール・マミショッピングセンター「マミホール」(南館2階)
    (香芝市真美が丘6-10 近鉄大阪線五位堂駅下車)
●内容
 1.話題提供  講師 三浦さつき 氏
      (奈良佐保短期大学生活未来科食物栄養コース講師)
 2.ワークショップ(ファシリテーション)
 ・ファシリテーター 奈良農政事務所 消費・安全部 消費生活課
 ・アドバイザー   三浦さつき 氏
●対象者 食育ボランティア、食生活改善推進員、栄養士、大学生、教育関係者等
●人 数  30名 (参加費無料)
●申込方法  下記アドレスの参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXもしくは
          郵送でお申し込み下さい。
●締切日   6月15日(火曜日)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/nara/local/info/jisen_220528.html


=(和歌山農政事務所)==========================
 「移動消費者の部屋」を開設しています
   ◇和歌山農政事務所 消費・安全部 消費生活課 電話073-436-3853(内線320)
=====================================
 下記直売所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する
様々な相談をお受けしています。
 同ブースでは食事バランスガイドや食育推進についてパネル展示と解説、地元
食材メニューのサービング等の配付を行っています。
 また、月ごとに設けたテーマについて、解りやすく紹介します。

6月の【食育推進】「6月は食育月間」

テーマ「地産地消の推進」~地元の食材を使った郷土食~

●紀の川市 「めっけもん広場」 6月19日(土曜日) 9時30分~16 時
      (紀の川市豊田56-3)
●海南市  「とれたて広場」    6月26日(土曜日)10時~16 時
      (海南市重根418)
●和歌山市 「ウジタ和佐店」   6月30日(水曜日)10時~16 時
      (和歌山市和佐中101-1)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/wakayama/local/info/heya.html


 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◇配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html  からお願いします。
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.htmlまでお願いします。
◎編集・発行:近畿農政局情報推進課
〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話075-451-9161 FAX075-414-8812  編集担当:山北(内線2082)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

お問い合わせ先

総務部情報推進課
代表:075-451-9161(内線2082)

近畿農政局案内

リンク集