ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター2010_9-1号


ここから本文です。

更新日:2010年09月06日

担当:総務部情報推進課

近畿アグリレター2010.9-1号

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
  近畿アグリレター Vol.127  発行:農林水産省近畿農政局   2010年9月6日
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
《今号の目次》
1【農政の動き】
・平成23年度農林水産予算概算要求等について
・「米トレーサビリティ制度」事業者説明会の開催について
2【農政局からのお知らせ】
・「農林水産業と生物多様性に関するシンポジウムin近畿」の開催について
・「平成22年度食品事業者表示適正化技術講座(近畿地域)」の開催について
・「全国キャラバン!食の発掘商談会 in 大阪」の開催について
・近畿農政局「消費者の部屋」9月展示ご案内1
・近畿の特産農産物/葉たばこ/茶
・近畿の果樹の概要
・農林水産統計公表予定及び公表結果
農政事務所からのお知らせ
・「移動消費者の部屋」を開設しています(和歌山農政事務所)
-------------------------------------
1【農政の動き】
 (1)===================================
 平成23年度農林水産予算概算要求等について(農林水産省ホームページ)
              ◇大臣官房 大臣官房予算課 電話:03-3501-3716
 ====================================
 8月31日に公表しました平成23年度農林水産予算概算要求、農業者戸別所得補償
制度概算要求と概要、平成23年度組織・定員要求、平成23年度農林水産関連税制改
正要望、及び平成22年度に実施した政策評価の結果についてお知らせいたします。
  農林水産予算の要求・要望の総額は、2兆4875億円と、対前年度比358億円の増、
率にして101.5%となりました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/yosan/100831.html
 
 (2)===================================
 「米トレーサビリティ制度」事業者説明会の開催について
  ※受付を終了した地域は除いております
 ====================================
「米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律」及び関連政
省令が公布され、米・米加工品を取り扱うすべての事業者は、平成22年10月1日か
ら取引等の記録の作成・保存が、また、平成23年7月1日から取引等に伴う産地情報
の伝達が必要となります。
 つきましては、生産者を含め対象事業者の皆様に制度の概要を広く知っていただ
くため、米トレーサビリティ法の事業者説明会を開催いたします。
-------------------------------------
(京都府内)食糧部 計画課                             電話:075-414-9731
-------------------------------------
●福知山会場(定員100人)
      9月17日(金曜日)13時30分~15時30分
           京都府立中丹勤労者福祉会館 中会議室 (福知山市昭和新町105)

●申込方法 締切日は9月13日(月曜日)17時必着。お早めにお申し込み下さい。
      参加を希望される方は、下記アドレスからの参加申込書によりFAXで
      お申込み下さい。参加は無料です。

●申込先 近畿農政局 食糧部 計画課  FAX:075-414-1384

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syokuryo/keikaku/100813.html

-------------------------------------
(大阪府内)大阪農政事務所 食糧部 計画課       電話:06-6943-9691(代表)
-------------------------------------
●富田林会場(定員180人)          申込締切日 9月10日(金曜日)
           9月14日(火曜日)14時~15時30分 
      南河内府民センター 3階講堂  (富田林市寿町2-6-1)

●岸和田会場(定員80人)                    申込締切日 9月15日(水曜日)
           9月17日(金曜日)14時~15時30分 
           泉南府民センター1階多目的ホール(岸和田市野田町3-12-2)

●申込方法 締切日は各会場毎に違いますのでお早めにお申し込み下さい。
      参加を希望される方は、下記アドレスからの参加申込書によりFAX、
      またはインターネットで直接、お申込み下さい。参加は無料です。

●申込先:大阪農政事務所米トレーサビリティ制度説明会担当 FAX:06-6943-9698

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/osaka/100806.html

-------------------------------------
(和歌山県内)和歌山農政事務所                 電話:073-436-3831(代表)
-------------------------------------
●湯浅会場(定員100名)                      申込締切日 9月 7日(火曜日)
         9月14日(火曜日)13時30分~16時30分    
      湯浅保健所 2階会議室(有田郡湯浅町2355-1)

●田辺会場(定員120名)                      申込締切日 9月10日(金曜日)
          9月17日(金曜日)13時30分~16時30分   
      西牟婁振興局 4階大会議室(田辺市朝日ヶ丘23-1)

●岩出会場(定員100名)                      申込締切日 9月15日(水曜日)
         9月22日(水曜日)13時30分~16時30分
      那賀振興局 3階大会議室(岩出市高塚209)

●申込方法 締切日は各会場毎に違いますのでお早めにお申し込み下さい。
      参加を希望される方は、下記アドレスからの参加申込書によりFAXま
      たは郵送でお申込み下さい。参加は無料です。

●申込先:近畿農政局和歌山農政事務所
         〒640-8143 和歌山市二番丁2 和歌山地方合同庁舎 FAX:073-436-5004

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/jimusyo/wakayama/100813.html

2【農政局からのお知らせ】
 (1)===================================
 「農林水産業と生物多様性に関するシンポジウムin近畿」の開催について
                     ◇企画調整室  電話:075-414-9761
 ====================================
 本年2010年は国連の定める生物多様性年であることに加え、10月には愛知県 名
古屋市において生物多様性条約第10回締約国会議及びカルタヘナ議定書第5回締約
国会議が開催されます。
 このように生物多様性への関心が高まっていることを踏まえ、一般の市民の方々
を対象とした農林水産業と生物多様性に関するシンポジウムを開催いたします。

●日時 9月13日(月曜日)14時~16時30分

●場所 近畿農政局 第3会議室
   (京都市上京区西洞院通り下町者町下ル丁子風呂町)

●内容
・基調講演
 「農林水産分野における生物多様性~生きもの提言~」(仮題)
   講師:岡本 明子(環境カウンセラー・主婦)
・地域の取組紹介
 「たかしま生きもの田んぼプロジェクト(滋賀県高島市)の取組について」
   説明者:本多 清(株式会社アミタ持続可能経済研究所主任研究員)
・パネルディスカッション
 「生きものへの真摯なまなざしをとりもどそう」(仮題)
   本多 清(株式会社アミタ持続可能経済研究所主任研究員)
   岡本明子(環境カウンセラー・主婦)
   宇根 豊(百姓、元農と自然の研究所代表)
   林 良博(東京農業大学 農学部教授)

・参加申し込みは下記アドレスからの申込用紙でFAX又は郵送でお申し込み下さい。
 参加費無料
 〒602-8054 京都市上京区西洞院通り下町者町下ル丁子風呂町
           近畿農政局 企画調整室 FAX:075-414-9060
  申込み締切 9月8日(水曜日)まで

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/kikaku/100825.html

 (2)===================================
 「平成22年度食品事業者表示適正化技術講座(近畿地域)」の開催について
                     ◇消費・安全部 表示・規格課 電話:075-414-9082
 ====================================
 農林水産省では、食品表示が消費者から信頼されるよう食品表示の適正化を推進
する事業者の自主的な取組を促進しているところです。このため、食品の製造業者、
流通・小売業者の方を対象として、適正な食品表示を行う上での留意事項等につい
て学ぶ講座を近畿地域2か所(全国16か所)で開催します。
●日時・場所
 ・10月28日(木曜日)新梅田研修センター Lホール(大阪市)
              (申込み締切 10月21日(木曜日))
  10時~12時30分  製造業者向け(定員:200名)
  14時~16時30分  流通・卸・小売業者向け(定員:200名)

 ・11月15日(月曜日)兵庫県民会館 パルテホール(神戸市)
              (申込み締切 11月8日(月曜日))
  10時~12時30分  製造業者向け(定員:200名)
  14時~16時30分  流通・卸・小売業者向け(定員:200名)

●内 容 日本の食品表示制度の概要
       食品表示の適正化に向けた改善のチェックポイント
       食品表示の適正な実施に向けた取組の重要性

●参加費用:無料
 本事業は、公募による企画競争の結果、株式会社三菱総合研究所が平成22年度の
事業実施主体となっております。
 食品事業者表示適正化技術講座事務局(株式会社三菱総合研究所内)

・FAXでのお申し込みは、下記アドレスからの申込用紙に必要事項を記載のうえ、
「食品事業者表示適正化技術講座事務局」のFAX番号宛にお申し込み下さい。
http://www.mri.co.jp/NEWS/seminar/other/2010/smnro20100928_maff_fax.pdf

 参加申込FAX:0120-77-3480

・インターネットからのお申し込みは、下記アドレスからお申し込み下さい。
http://www.mri.co.jp/NEWS/seminar/other/2010/2021110_1528.html

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/100824.html

 (3)===================================
 「全国キャラバン!食の発掘商談会 in 大阪」の開催について
                      ◇生産経営流通部 食品課 電話:075-414-9025
 ====================================
 農商工連携の取組を通じた地域経済の活性化を図るためには、連携により開発さ
れた新商品等が売れることが重要となりますが、地域の食品産業の大宗を占める食
品製造業は中小零細な企業が多く、新商品等を自ら販路拡大するための機会等が限
定されている状況にあります。
 このため、地域の食品産業と農林水産業等との連携により開発された国産農林水
産物を活用した新商品等の販路拡大等を目的として、「全国キャラバン!食の発掘
商談会 in 大阪」を下記のとおり開催します。
 また、これに先立ち、出展者及びバイヤーの募集が開始されておりますので併せ
てご案内します。

●日時:11月4日(木曜日)~11月5日(金曜日)

●場所:ホテル大阪ベイタワー(大阪府大阪市港区弁天1-2-1)

●内容:商談会、相談会及びシンポジウム

主催:株式会社JTB西日本  後援:近畿農政局・中国四国農政局ほか

・出展者 募集締切:9月10日(金曜日)17時

・バイヤー募集締切:9月17日(金曜日)17時

申込方法等については下記のアドレスから
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/nousyoukou/jtb/caravanH2211.html

 (4)===================================
 近畿農政局「消費者の部屋」9月展示ご案内1
             ◇消費・安全部 消費生活課 電話:075-414-9761
              ◇食糧部 消費流通課          電話:075-414-9741
 ====================================
 朝ごはんの欠食改善や、米を中心とした日本型食生活の普及・啓発を目的として、
朝ごはんの大切さや朝ごはんレシピなどをパネル・パンフレットでご紹介します。

テーマ 朝ごはんは大切です ~めざましごはんキャンペーン~
内 容  朝ごはんの啓発に関する情報提供
      簡単朝ごはんレシピの紹介 など
●場所 近畿農政局1 階消費者の部屋「常設展示コーナー」
     (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)
●期間 8月30日(月曜日)~9月15日(水曜日) 8時30分~17時
     (土曜日、日曜日を除きます。最終日は午前中のみの展示となります。)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/100827.html

 (5)===================================
 近畿の特産農産物/葉たばこ/茶
            ◇生産経営流通部 園芸特産課 電話:075-414-9023
 ====================================
 近畿では、茶、葉たばこ、油料作物、薬用作物、和紙原料作物など多くの特産農
作物が栽培されています。これらの作物は、栽培面積が小規模ですが、地域農業の
振興を図る上で重要な作物となっています。

・葉たばこの平成21年の栽培府県は、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県です。
 JTとの契約栽培で行われています。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/engeitokusan/tokusan/tokusanhatabako.html

・茶は、近畿地方では、滋賀県、京都府、奈良県など、古くから、茶の栽培が行わ
れています。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/engeitokusan/tokusan/tokusancha.html

 (6)===================================
 近畿の果樹の概要
            ◇生産経営流通部 園芸特産課 電話:075-414-9023
 ====================================
・生産(栽培面積)の動向
 近畿の主要果樹の栽培面積は、全国の約12%(2.8万ha:平成21年産)を占めて
おり、このうち和歌山県が近畿全体の7割を占めています。

・果実の農業産出額
 近畿における平成20年の果実の農業産出額は、830億円で、全国の11%を占めて
います。また、近畿の農業産出額全体に占める果実の割合は17.8%と全国の8.6%に
比べて高くなっています。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/engeitokusan/kajusesaku/kinkinokaju.html

 (7)===================================
 農林水産統計公表予定及び公表結果
                           ◇統計部 統計企画課 電話075-414-9620
 ====================================
8月27日公表
・農業経営統計調査 平成21年産さとうきび生産費
・農業経営統計調査 平成21年産原料用かんしょ生産費
8月30日公表
・平成21年産秋冬野菜、指定野菜に準ずる野菜等の作付面積、収穫量及び出荷量
・平成21年産野菜(39品目)の作付面積、収穫量及び出荷量(年間計)
・平成21年産パインアップルの収穫面積、収穫量及び出荷量(沖縄県)
・平成21年水産加工品生産量(陸上において生産された水産加工品の生産量)
8月31日公表
・平成22年産水稲の8月15日現在における作柄概況(全国)
・平成22年産水稲の8月15日現在における作柄概況及び生育状況
  (近畿、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
9月 2日公表
・平成22年産一番茶生産量(主産県)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2010.html

農政事務所からのお知らせ

= (和歌山農政事務所)==========================
 「移動消費者の部屋」を開設しています
 ◇和歌山農政事務所 消費・安全部 消費生活課 電話:073-436-3853(内線320)
====================================
 毎月19 日の「食育の日」に、下記の会場で「移動消費者の部屋」を開設し、
消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けしています。
 月ごとに設けたテーマについて、わかりやすく紹介します。

食育推進 食事バランスガイドの活用  バランス良い食事で健康生活
テーマ  米のトレーサビリティについて

●紀の川市 JA紀の里「めっけもん広場」(紀の川市豊田56-3)
●日時 9月19日(日曜日)9時 ~16時

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/wakayama/local/info/heya.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◇配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.htmlからお願いします。
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.htmlまでお願いします。
◎編集・発行:近畿農政局情報推進課
 〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
 電話:075-451-9161 FAX:075-414-8812  編集担当:山北(内線2082)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 


お問い合わせ先

企画調整室 
代表:075-451-9161(内線2082)
ダイヤルイン:075-414-9033
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集