ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター2010年10月-2号


ここから本文です。

更新日:2010年10月21日

担当:総務部 情報推進課

近畿アグリレター2010.10-2号

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
  近畿アグリレター Vol.130  発行:農林水産省近畿農政局  2010年10月21日
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
《今号の目次》
1【農政の動き】
・戸別所得補償モデル対策の交付金支払時期と交付事務の流れについて
2【農政局からのお知らせ】
・近畿農政局「消費者の部屋」平成22年11月展示のご案内 1
・蔵王ダムクリーン作戦のご案内
・WATERING NARA フォーラムのご案内
・近畿食育推進だより(イベント等情報)
・「野菜出荷安定対策本部」に関する情報
・お米の輸出入の手続き
・牛肉の魅力、再発見!☆番外☆世界のブランド神戸ビーフ!(2)
-------------------------------------
1【農政の動き】
 (1)===================================
 戸別所得補償モデル対策の交付金支払時期と交付事務の流れについて
              ◇戸別所得補償制度推進対策室 電話:075-366-0117
=====================================
 戸別所得補償モデル対策の交付金が、国からモデル対策の加入農家に対して支払
われますので、交付金の支払時期と交付事務の流れについて、お知らせします。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/kobetu/info_101006.html

「戸別所得補償モデル対策」に加入された農家の皆様へ(PDFファイル)
http://www.maff.go.jp/kinki/pdf/kobetu_koukoku.pdf

2【農政局からのお知らせ】
(1)===================================
 近畿農政局「消費者の部屋」平成22年11月展示のご案内 1
            ◇消費・安全部 消費生活課  電話:075-414-9761
            ◇生産経営流通部 園芸特産課 電話:075-414-9023
=====================================
 野菜や果物は人が健康に生活していく上で欠かせないビタミンやミネラル、食物
繊維などの宝庫です。
 実りの秋、野菜や果物をたくさん食べてキレイと健康を手に入れましょう!
 近畿で作られている野菜や果物、花、茶について紹介したり、果物や野菜が持っ
ている様々な機能性、花や茶のリラックス効果などについて、わかりやすく紹介し
ます。

テーマ 野菜とくだもので健康とキレイを手に入れる!

●期間 11月1日(月曜日) ~ 11月26日(金曜日) 8時30分 ~ 17時
  (土、日、祝日を除き、初日は午後から、最終日は午前中のみの展示。)

●場所 近畿農政局1階消費者の部屋「常設展示コーナー」
   (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)
●内容 パネル展示及びパンフレット配布
 【野菜】野菜の機能性、野菜の摂取目標量、近畿で作られている野菜
 【果物】果物の機能性、果物の摂取目標量、近畿で作られている果物
 【茶】 日本茶の機能性、お茶の種類、お茶の美味しい入れ方
 【花】 花と緑の持つ力  など

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/101018.html

(2)===================================
  蔵王ダムクリーン作戦のご案内
                  ◇整備部 設計課 電話:075-414-9513
=====================================
 滋賀県日野町の綿向山に位置する蔵王ダム及びその周辺の環境保全活動(除草、
ゴミ拾い、植樹)を実施します。
 地域の方々が水源地域を取り巻く状況や課題、農業水利施設の様々な役割に対す
る理解を深めることを目的としています。
 多くの方々のボランティアによる参加をお待ちしています。

イベント名 蔵王ダムクリーン作戦(グランドワークin蔵王ダム2010)
●日時 11月5日(金曜日) 13時から15時30分まで(小雨は開催)
●場所 蔵王ダム及びダム湖周辺 蔵王ダム管理所前に集合
    (13時より受付開始)
●内容 除草、ゴミ拾い、植樹作業

●開催団体
主催:水土里ネット日野川流域、日野川流域みずすまし推進協議会
共催:日野川用水施設管理協議会、水土里サポート近畿、NPO美しい田園21、
   日野川会
後援:近畿農政局、滋賀県、近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町

●申込先
 参加を希望される方は、下記アドレスからの参加申込書を、10月30日(土曜日)
までにファックスまたはメールにて、水土里ネット日野川流域(日野川流域土地改
良区)へお申し込みください。
 傷害保険に加入しますので、参加を希望される方は必ず事前に申し込みください。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/news/101105/zaoudam-creen.html

(3)===================================
  WATERING NARA フォーラムのご案内
                  ◇整備部 設計課 電話:075-414-9513
=====================================
 奈良県水道局が給水を始めて今年で40年を迎え、これを契機に地域の水循環に
ついて考えるフォーラムを開催します。
 このフォーラムは、水(WATER)と輪(RING)を掛け合わせ、奈良の人々の水
への思いが波紋のように広がっていくことを期待して名付けています。
 将来にわたって、水の恵みを受け続けていくために、私たちが出来ることを一緒
に考えてみませんか?

イベント名 WATERING NARA フォーラム

●日時 11月11日(木曜日) 13時30分~16時15分(受付は13時から)
●場所 田原本青垣生涯学習センター 弥生の里ホール
   (奈良県磯城郡田原本町阪手233-1)
●内容
【第1部】 オープニングプレゼンテーション
      開会式典
【第2部】 リレー公演
      パネルディスカッション ~地域で育む健全な水循環~

主催:奈良県
後援:近畿農政局、厚生労働省、近畿地方整備局、近畿地方環境事務所、
   (独)水資源機構、(社)日本水道協会、(社)日本下水道協会、
   奈良県土地改良事業団体連合会、 大和平野土地改良区、
   奈良県教育委員会、全国簡易水道協議会
●申込先
 参加を希望される方は、下記アドレスからの参加申込書を、10月29日(金曜日)
までにファックスまたはメールにて、下記アドレスに記載の事務局または奈良県
水道局総務課へお申し込みください。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/news/101111/watering-nara.html

(4)===================================
  近畿食育推進だより(イベント等情報)
              ◇消費・安全部 消費生活課 電話:075-414-9771
=====================================
 近畿管内のイベント等について最新の情報を発信しております。

京都
シンポジウム「企業の農業参入の可能性~新たな地域連携の生成~」開催のご案内
●日時 11月3日(水曜日・祝日)13時~17時(12時30分開場)
●会場 京都大学  芝蘭会館2階  稲盛ホール(入場無料)
   (京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学部構内)
●主催 京都大学大学院  地球環境学堂、株式会社  類設計室

大阪
「酪農教育ファーム近畿地域教育関係者研究会議」開催のご案内  
 子どもの豊かな心を育み、求められる資質や能力の向上に貢献する酪農を教育活
動の柱に据えた、授業づくりや実践のアプローチを紹介します。是非ご参加下さい。

●日時 11月13日(土曜日)12時30分~16時
●会場 ニューオオサカホテル
   (大阪市淀川区西中島5丁目14番10号)
●主催 近畿生乳販売農業協同組合連合会
●共催 社団法人中央酪農会議、日本教育新聞社
●後援 滋賀県教育委員会、京都府教育委員会、大阪府教育委員会、
    兵庫県教育委員会、和歌山教育委員会、独立行政法人農畜産業振興機構、
    近畿農政局

お申し込み、お問い合せ等はこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tayori/tayori.html

(5)===================================
  「野菜出荷安定対策本部」に関する情報
             ◇生産経営流通部 園芸特産課 電話:075-414-9023
=====================================
 今夏の高温等により、野菜の出荷量が不足し、価格が高騰しております。今後も
しばらく高値で推移するおそれがあることから、野菜の安定供給に向けた対策につ
いて幅広く検討するため、農林水産大臣からの指示の下、篠原農林水産副大臣を本
部長とする「野菜出荷安定対策本部」を設置しました。

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai_taisaku/index.html

(6)===================================
  お米の輸出入の手続き
                ◇食糧部 消費流通課 電話:075-414-9741
=====================================
 米穀の輸出入届出及び米麦等の輸入納付金申出の受付や問い合わせについては、
これまで地方農政局又は各都道府県に所在する地方農政事務所で行っておりました
が、平成22年10月1日以降の手続きや問い合わせについては、近畿農政局管内で
は以下の窓口で対応いたします。皆様方のご理解をお願いいたします。
 なお、お米を個人的な使用を目的として輸入する場合の届出については、今まで
どおり海空港の植物防疫所でも受付を行います。

近畿農政局管内の窓口(平成22年10月1日以降)

●近畿農政局 消費流通課
 〒602-8054 京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
 電話 075-414-9741 FAX 075-414-1384
●近畿農政局大阪農政事務所 計画課
 〒540-0008 大阪市中央区大手前1-5-44大阪合同庁舎1号館6階
 電話 06-6943-9691 FAX 06-6943-9698
●近畿農政局兵庫農政事務所 消費流通課
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通29神戸地方合同庁舎
 電話 078-331-9947 FAX 078-331-5283

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syokuryo/syouhiryutsu/yusyutunyu/index.html

(7)===================================
 牛肉の魅力、再発見!☆番外☆ 世界のブランド神戸ビーフ!(2)
              ◇生産経営流通部 畜産課 電話:075-414-9022
=====================================
 神戸ビーフの素牛である但馬牛は純血を維持するため、血統管理を県の研究機関
と和牛登録協会の県支部とが連携して行っています。神戸ビーフの肉質を維持して
いく主役は何と言っても「種雄牛」ですが、その種雄牛を育成、選抜、管理し、更
なる改良を進めている兵庫県立農林水産技術総合センター畜産技術センターを訪ね
ました。
 渡邊センター所長、冨永家畜部長、野田研究主幹にお話をうかがうことができま
した。第2回は、但馬牛の美味しさに注目します。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/chikusan/syouhikakudai/bangai/kobebeef2.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◇配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.htmlからお願いします。
◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.htmlまでお願いします。
◎編集・発行:近畿農政局情報推進課
 〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
 電話:075-451-9161 FAX:075-414-8812  編集担当:山北(内線2082)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

お問い合わせ先

企画調整室 
ダイヤルイン:075-414-9033
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集