ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター Vol.134


ここから本文です。

平成22年12月6日

総務部 情報推進課

近畿アグリレター Vol.134  2010年12月6日 発行:農林水産省近畿農政局

《今号の目次》
【農政局からのお知らせ】
・米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針
・近畿のバイオマスタウン構想公表の状況について
・22年度補正予算関係事業等の公募について(野菜・果樹・花き関係)
・平成22年度農林水産統計公表予定及び公表結果
【和歌山農政事務所からのお知らせ】
「移動消費者の部屋」を開設しています

【農政局からのお知らせ】

 (1)米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針     食糧部計画課電話:075-414-9731

「主要食糧の需給及び価格の安定に関する基本指針」については、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律、及び同法施行令の規定」に基づき、農林水産大臣は、食料・農業・農村政策審議会の意見を聴いた上で毎年7月31日までに策定することとなっております。
平成22年7月30日(金曜日)に開催された食料・農業・農村政策審議会食糧部会で「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針」が策定されました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syokuryo/keikaku/sisin/index.html

 

 (2)近畿のバイオマスタウン構想公表の状況について     企画調整室電話:075-451-9165

市町村等から提出されたバイオマスタウン構想案は、関係する1府6省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省[事務局]、経済産業省、国土交通省、環境省)で構成するバイオマス・ニッポン総合戦略推進会議において基準に合致しているか検討されたあと、公表されます。

近畿のバイオマスタウン構想公表の状況
平成22年11月30日に第44回バイオマスタウン構想が公表され、近畿管内では、兵庫県養父市 が新たにバイオマスタウン構想を公表しました。これにより近畿のバイオマスタウン構想を公表した市町村数は、28市町村(滋賀県5、京都府4、大阪府3、兵庫県10、奈良県3、和歌山県3)となりました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/kikaku/baiomass/kinki-town-gaiyo.html

 

 (3)22年度補正予算関係事業等の公募について(野菜・果樹・花き関係)    生産経営流通部園芸特産課電話:075-414-9023

22年度補正予算関連の野菜、果樹、花き関係の事業の公募を開始しました。

園芸関係
【事業名】異常気象対応型園芸産地強化事業
公募期間:平成22年11月26日(金曜日)~12月28日(火曜日)17時まで

公募要領、実施要領等、詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/engeitokusan/22hoseikoubo.html

 

 (4)平成22年度農林水産統計公表予定及び公表結果     統計部統計企画課電話:075-414-9620

なたね、そば等生産費調査
11月22日 全国値公表平成21年産なたね生産費
11月22日 全国値公表平成21年産そば生産費
11月22日 全国値公表平成21年産二条大麦、六条大麦及びはだか麦生産費

2010年世界農林業センサス結果の概要(概数値)(平成22年2月1日現在 )
11月26日 全国値公表

2010年世界農林業センサス結果の概要(概数値)(平成22年2月1日現在)(近畿)

1.近畿における農林業経営体数(平成22年2月1日現在)は16万1,632経営体で、5年前に比べ14.0%減少しました。
このうち、農業経営体数は15万5,490経営体、林業経営体数は1万2,922経営体となり、5年前に比べそれぞれ13.1%、26.7%減少しました。
2.経営耕地面積規模別に農業経営体数の増減率をみると、5年前に比べ3.0ha未満の階層では減少しているものの、3.0ha以上の階層では規模が大きくなるに従って増加率が高くなっています。

2010年世界農林業センサス農山村地域調査結果概要(概数値)(平成22年2月1日現在)
11月26日 滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2010.html

 「移動消費者の部屋」を開設しています 和歌山農政事務所消費・安全部消費生活課電話:073-436-3853(内線320)

毎月19 日の「食育の日」にあわせ、下記の場所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けしています。
12 月の【食育推進】 地産地消の推進 地場の農産物を食卓に展示テーマ  食料自給率向上に向けて和歌山県の主要農産物
●場所紀の川市JA 紀の里「めっけもん広場」(紀の川市豊田56月3日)
●日時12 月19 日(日曜日)9 時 ~ 16 時

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/wakayama/local/info/heya.html



 

配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.htmlからお願いします。


◇このメールマガジンに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/af7d.htmlまでお願いします。

編集・発行:近畿農政局情報推進課
〒602-8054京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161FAX:075-414-8812編集担当:山北(内線2082)
ページトップへ

お問い合わせ先

企画調整室 
ダイヤルイン:075-414-9033
FAX:075-414-8812

近畿農政局案内

リンク集