ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.160 2012年1月13日


ここから本文です。

近畿アグリレターVol.160 2012年1月13日

目次
1.農政の動き
「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」に関する取組の方針について
近畿産業連携ネットワークに伴う意向調査について
近畿農業・農村6次産業倶楽部員が1,000に到達しました
2.お知らせ
「語り部 交流会in山の辺」の開催
米粉パン製造技術講習会の開催案内について
近畿の伝統農産物やこだわり農産物等を対象とした商談会について
3.消費者の部屋
近畿農政局「消費者の部屋」1月~2月展示のご案内
4.その他
  ・お詫びと訂正

1.農政の動き

 

「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」に関する取組方針について  

 「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」(平成23年10月25日食と農林漁業の再生推進本部決定)を地域で実際に進めるために、平成23年度農林水産関係補正予算(第4号)、平成24年度農林水産関係予算の概算決定を契機に、農林水産省としての具体的な取組の考え方をまとめました。

 

詳しくはこちら(農林水産省へリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo02/111224.html

 

平成23年度 第4次農林水産関係補正予算の概要についてはこちら(農林水産省へリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/yosan/111220.html

 

平成24年度 農林水産予算概算決定の概要についてはこちら(農林水産省へリンク)
http://www.maff.go.jp/j/budget/2012/kettei.html

ページトップへ

 

近畿産業連携ネットワークに係る意向調査について

近畿農政局において、既存の「近畿農業・農村6次産業倶楽部」、「近畿6次産業化・地産地消連絡会議」等を包括する形で、「近畿産業連携ネットワーク」を設置する予定としています。

このため、近畿6次産業化・地産地消連絡会議構成員、近畿農業・農村6次産業倶楽部員及び総合化事業計画の認定者等を対象に意向調査を実施させていただきたいと考えていますので、皆様のご協力をお願いします。
 
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/6ji/iko_enquete.html

ページトップへ

 

近畿農業・農村6次産業倶楽部員が1,000に到達しました

平成22年7月に近畿農業・農村6次産業倶楽部を設置し、皆様のご協力、ご支援により、この度12月22日に倶楽部員が1,000に到達しました。
このため、1,000番目の倶楽部員になりました岡田農園の岡田アサ子さん(京都府京田辺市)にインタビューを行いました。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/6ji/club1000.html

 

近畿の農山漁村の6次産業化に向けて、益々、賛同者である倶楽部員の募集を進めて、倶楽部員同士の連携を図り、新たな産業の創出に取り組んでいくこととしています。

ページトップへ

2.お知らせ

 

「語り部 交流会 in 山の辺」の開催 ~魅力ある地域資源を活かした賑わいのある農村づくり~    

 

地域農業及び農村集落と地域の歴史、伝統、文化は密接に関わっており、農業農村の活性化のためにこれらの地域資源を活用し、地域の魅力の発掘とPRを行うことが重要です。

語り部交流会においては、「農業農村と地域の歴史、伝統、文化の関わり」をテーマに、「語り」の手法を活用し、農村の魅力、農業の大切さの認識を深め、新たな魅力の発掘や発信方法などを模索し、賑わいのある農村づくりを目指します。
 
★日時
2月1日(水曜日)14時~16時30分

★場所
桜井市立図書館(奈良県桜井市大字河西31番地)

★内容
・講演:~古墳築造から現在景観への変貌~
橿原考古学研究所  菅谷文則所長

  ・語り:~「語り」を通して知る日本の農村について~
語り部・かたりすと 平野啓子さん(元NHKキャスター)

  ・パネルディスカッション
コーディネーター平野啓子(語り部・かたりすと)
パネラー              長幾朗(早稲田大学教授 地域デザイン研究室)
                              菅谷文則(橿原考古学研究所 所長)
                              藪内康弘(天理市中山町 指導農業士OB)
                              中田勝久(天理市成願寺町 観光ボランティアガイド)
オブザーバ-      齋藤晴美(前農村振興局次長)

★申込み期限
1月27日(金曜日)まで※先着150名

★参加費
無料

★申込み方法
往復ハガキかFAX、電子メールで、住所・氏名・電話番号・参加人数を以下の申込先へお申し込み下さい。

申込み・問い合わせ先
山の辺の道地域づくり協議会(事務局・奈良県農林部農村振興課)
〒630-8501奈良市登大路町30番地 奈良県農村振興課
Tel:0742-27-7453 FAX:0742-24-5179
E-mail:kochi@office.pref.nara.lg.jp

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/news/120201/kataribekoryukai.html

ページトップへ

 

米粉パン製造技術講習会の開催案内について


水田を有効活用し食料自給率の向上を図るため、近畿農政局では近畿米粉食品普及推進協議会と連携し、米粉利用の推進に取り組んでいます。
この度、近畿米粉食品普及推進協議会では、米粉パンの製造技術の普及とその販売店の増加を図るため、パン製造・販売業、農産物加工業等の食品製造者を対象とした「米粉パン製造技術講習会」を開催しますのでご案内します。
 
★日時・場所
 (1)2月21日(火曜日)11時
      カネカ食品販売(株)大阪支店 (大阪府摂津市鳥飼西5 - 1 - 8)
 (2)2月22日(水曜日)11時
     (株)木下商店 (京都府京都市南区東九条西明田町49番地)
 (3)2月23日(木曜日)11時
      戸倉商事(株)栗東工場・研修所 (滋賀県栗東市東坂53 - 16)

★講師・内容
講師:大西邦廣氏(近畿米粉食品普及推進協議会技術部副部長)
  内容:米粉パン等の特徴と作り方

★募集人員
 (1)2月21日(火曜日)20名
 (2)2月22日(水曜日)36名
 (3)2月23日(木曜日)30名

★参加費
  2,000円(食材費等)

★主催・後援
  主催:近畿米粉食品普及推進協議会、(社)米穀安定供給確保支援機構
  後援:近畿農政局

★申込方法
  <添付資料>「米粉パン製造技術講習会開催チラシ(参加申込書)」により、FAX(075 - 662 - 2289)で近畿米粉食品普及推進協議会事務局へお申込ください。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/sinko/120111.html

ページトップへ

 

近畿の伝統農産物やこだわり農産物等を対象とした商談会について

大和野菜をはじめとする伝統農産物やこだわり農産物等を対象に、農林漁業者等と食品企業、飲食店等との結び付き拡大に向けた商談会を開催します。

農林漁業者の皆様、バイヤーとなる食品企業、小売業、飲食店関係者の皆様のご参加をお待ちしております。

★日時
2月23日(木曜日)13時30分~16時30分

★場所
ホテル日航奈良 4階 飛天 (奈良県奈良市三条本町8月1日)
★定員
農林漁業者、食品企業・飲食店等、各15者(社)程度
参加費無料ですが、6次産業倶楽部PRシートの提出が必須になります。

★内容
 (1)商談に先だってのPR
 (2)商談会

★主催等
主催:近畿農政局、近畿6次産業化・地産地消連絡会議、近畿農業・農村6 次産業倶楽部
協賛:奈良県農業法人協会、農林中央金庫大阪支店、奈良県農業協同組合
★申込方法
以下のアドレスにある近畿の伝統農産物やこだわり農産物等を対象とした商談会参加申込書により、2月14日(火曜日)までにFAX(075-414-7345)でお申込ください。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/6ji/240223dentouyasai.html

ページトップへ

3.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」1月~2月展示のご案内


箕面森林環境保全ふれあいセンターでは、里山再生・整備活動や森林環境教育に主眼をおき、「身近な森林の再発見!!」をテーマとして、グループ対抗里山デジカメ選手権を開催しました。学校、森林・林業活動、企業・家族等のグループを対象に作品を募集し、10月8日、写真家の今森光彦氏、農学博士の只木良也氏、フリーアナウンサーの青山佳世氏を審査員に迎え、近畿中国森林管理局で公開審査会を開催、審査の結果、最優秀賞(林野庁長官賞)1点を含む10点を決定しました。
今回はこれらの作品を展示します。

★テーマ
身近な森林(もり)の再発見!!
~「グループ対抗里山デジカメ選手権」入選作品展示~

★期間
1月16日(月曜日)~ 2月17日(金曜日)8時30分~17時
(初日は午後から、最終日は午前中。ただし土・日曜日、祝日を除く。)

★場所
近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
 (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

★内容
公開審査により決定した10点の入選作品の展示
 
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/111227_1.html

ページトップへ

4.その他

 
お詫びと訂正

2011年11月11日配信・近畿アグリレターVol.156でご案内しました「移動消費者の部屋(神戸)」の開設予定のうち、平成24年1月28日(土曜日)開催の「楽農生活フェア節分祭」は中止となりましたので、お詫びして訂正いたします。

ページトップへ

 ∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*

先日、我が家の庭で雪帽子をかぶった南天の実がかわいらしく顔をのぞかせていました。雪景色の中で見る赤い実と緑の葉はより鮮やかで深みがあり、美しいものです。
南天は「難を転じる」木として縁起が良いとされていますが、語呂合わせだけではなく実際に乾燥した実は漢方で「南天実」と呼ばれ咳止めとして、葉は腐敗防止の役目をするのだとか。
よく料理にも添えられていますが、彩りの為だけではなかったのですね。
みなさんご存じでしたか? (S)

 

 

 

 ☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.htmlからお願いします。
 ☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html
までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室 
代表:075-451-9161(内線2122)
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集