ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.161 2012年1月27日


ここから本文です。

近畿アグリレター Vol.161 2012年1月27日

目次
1.トピックス
「未来につなぐ食育倶楽部」のページを開設しました
2.お知らせ
米の検査結果
「平成23年度お米と健康のつどい」の開催について
米粉の需要拡大に向けたセミナー及び広域商談会の開催案内について
3.消費者の部屋
近畿農政局「消費者の部屋」1~2月展示のご案内
4.統計情報
・平成22年農業総産出額(全国)
・平成22年農業産出額(都道府県別)
・平成23年産なたねの作付面積及び収穫量(子実用)

1.トピックス

 

「未来につなぐ食育倶楽部」のページを開設しました

 

私たちは、食育の実践を進めていく上で、命を育む農業・農産物への理解と感謝の念を深め、生きる力を身につけるために、農林漁業の体験がとても大事なものと考えます。しかし、実践者からは、体験活動を行うためのノウハウがない、農業指導者がいないなどの悩みが多く聞かれます。

そのような悩みに応えるためのシステムとして、近畿地域の食育ネットワーク「未来につなぐ食育倶楽部」を設立し活動しています。

この度、「未来につなぐ食育倶楽部」のページを開設しましたので、ご活用いただくとともに倶楽部への入会、活動への参加をお待ちしています。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/m_club.html

 

ページトップへ

2.お知らせ

 

米の検査結果

 

平成23年産米の検査結果、平成23年12月31日現在(速報値)が公表されました。
近畿の検査数量は、水稲うるち玄米で163,678トンであり、11月30日現在と比べ7,678トン増加しています。

 

近畿の検査結果はこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syokuryo/syouhiryutsu/komekensa/kekka.html

 

全国の検査結果はこちら(農林水産省ホームページにリンク)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/syoryu/kensa/kome/index.html

 

ページトップへ

  

「平成23年度お米と健康のつどい」の開催について

兵庫県と兵庫県米穀事業協同組合では、「ごはん」を通じて健康的な食生活の在り方や農業・農村の役割、食料問題を考え、「ごはん」を中心とした食生活の良さを広く県民にする「おいしいごはんを食べよう県民運動」の一環として、「平成23年度お米と健康のつどい」を開催します。
「脳を鍛えるDSトレーニング」監修で有名な東北大学加齢医学研究所教授の川島隆太氏をお迎えして、「スマート・エイジング~食と脳の働き~」をテーマにご講演いただくとともに、「お米甲子園2011」表彰式を行います

★日時
2月18日(土曜日)13時~15時15分
  兵庫県公館 大会議室(神戸市中央区下山手通4-4-1)

★講演及び「お米甲子園2011」表彰式
講師      川島隆太氏(東北大学加齢医学研究所教授)
講演内容 「スマート・エイジング~食と脳の働き~」
表彰式
お米甲子園2011~兵庫のおいしいお米コンテスト~
第14回お弁当・おむすびコンテスト
平成24年度ごはん食推進標語

★定員・申込締切
先着400人
1月31日(火曜日)当日消印有効(事前申込要、先着順で定員になり次第締切)

★参加費
無料

★参加申込方法
  以下のアドレスにある〈添付資料〉「平成23年度お米と健康のつどい(参加申込)」により、兵庫県米穀事業協同組合へお申込み下さい。

★主催・後援
主催:兵庫県、兵庫県米穀事業協同組合
後援:近畿農政局神戸地域センターほか

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/hyogo/koube_oshirase2401.html

 

ページトップへ

 

米粉の需要拡大に向けたセミナー及び広域商談会の開催案内について

  米粉の新たな需要創出とマッチングの促進に向け、セミナー及び農業者 (団体)と実需者等の商談会を開催しますのでご案内します。

★日時・内容・定員
2月28日(火曜日)
  ・第一部  10時30分~13時00分  米粉の需要拡大に向けたセミナー及び展示会
          90名
・第二部  14時00分~16時30分  米粉等に関する商談会
各15者(社)程度

★場所
ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
(大阪市中央区大手町1丁目3番49号)

★参加費
無料

★申込方法
以下のアドレスにある〈添付資料〉米粉セミナー及び商談会チラシ(参加申込書)により、FAX(075 - 414 - 9030)で近畿農政局生産部へお申込みく
ださい。

★申込締切
2月21日(火曜日)まで

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/sinko/120127.html

 

ページトップへ

3.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」1~2月展示のご案内

2011年は国連が定めた国際森林年()で、世界中で様々な取組が行われま した。京都大阪森林管理事務所でも、「森を歩く」をテーマに様々な活動に取り組みました。
展示では、京都大阪森林管理事務所における国際森林年の取組を紹介します。

国際森林年は、世界中の森林の持続可能な経営保全の重要性に対する認識を高めることを目的としています。

★テーマ
身近な森林(もり)の再発見!
~森林(もり)を知ろう、森林(もり)を歩こう、森林(もり)を守ろう~

★期間
~2月3日(金曜日)
(最終日は9時まで、期間中は終日展示をご覧いただけます。)

★場所
京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」
 (京都市下京区東塩小路町843-1)

★内容
パネルとパンフレットの展示
国際森林年の取組に関する情報
京都の国有林の紹介 など

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120120.html

 

ページトップへ

 

4.統計情報

平成22年農業総産出額(全国)

平成22年農業産出額(都道府県別)

平成23年産なたねの作付面積及び収穫量(子実用)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2011.html

 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*
大寒が過ぎ、いつの間にか日脚も伸びてきましたが、まだまだ寒い日が続き
そうです。
そんなこの時期の我が家の定番料理と言えば「湯豆腐」。土鍋に水を張り、
昆布を敷いて煮立たせた中に豆腐を入れて温めるというシンプルな料理ですが、
その分豆腐の喉越し、豆腐本来の味を楽しむことができ、ポン酢醤油にネギや
おろし生姜の薬味を入れて食べると体の芯からもぽかぽか温まります。
家族や友人とおしゃべりしながら、熱々の湯豆腐をふうふうして食べて、身
も心も温め、寒い冬の夜を楽しみましょう。(S)

 

ページトップへ

◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆
  ☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.htmlからお願いします。
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html
までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060
◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇◆

お問い合わせ先

企画調整室
代表:075-451-9161(内線2122)
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集