ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.164 2012年3月9日


ここから本文です。

近畿アグリレターVol.164 2012年3月9日

目次

1.トピックス    

「六次産業化法」に基づく事業計画の認定について

2.お知らせ

第2回 ALL KANSAI「食」輸出セミナー&海外出展商談会の開催について

近畿6次産業化地産地消連絡会議の開催について

食品流通構造改善促進法に基づく構造改善事業について

3.消費者の部屋

近畿農政局「移動消費者の部屋」3月展示のご案内

近畿農政局「消費者の部屋」3月展示のご案内

 4.統計情報

農業経営統計調査平成22年個別経営の営農類型別経営統計(経営収支)

農業経営統計調査平成22年個別経営の経営形態別経営統計(経営収支)

農業経営統計調査平成22年組織経営の営農類型別経営統計(経営収支)(併載:経営形態別経営統計)

平成22年林業産出額

共済減収調査結果(平成23年産小豆、いんげん、みかん、りんご及びかき)

平成23年産こんにゃくいもの栽培収穫面積及び収穫量(主産県)

1.トピックス

   

「六次産業化法」に基づく事業計画の認定について

  近畿農政局は、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(六次産業化法)」(平成22年法律第67号)に基づき、申請された総合化事業計画」について、2月29日に3回目の認定を行いました。今回の認定件数は「総合化事業計画」が43件、変更認定が7件、となっています。

 

 詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/zigyo/120229.html

 

2.お知らせ

  

 第2回 ALL KANSAI「食」輸出セミナー&海外出展商談会の開催について

 

 現在、関西の経済界行政等が連携して「関空『食』輸出促進プロジェクト」を進めています。

 

 関西の「食」の海外販路を支援する一助として、昨年に引き続きビジネスセミナー&海外出展商談会を開催します。

 

 ★日時
4月17日(火曜日)10時30分~18時(開場10時~)

 

★場所
ホテル日航関西空港1F 「鶴の間」 
 (大阪府泉佐野市泉州空港北1番地関西国際空港島内)

 

★定員
200名(申込先着順)

 

★参加費
無料

 

参加希望の方は、以下のアドレスにある第2回ALL KANSAI「食」輸出セミナー&海外出展商談会(外部リンク)を参照ください。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/yusyutu/allkansai.html


 

近畿6次産業化地産地消連絡会議の開催について

近畿農政局では、6次産業化に取り組む関係機関の情報共有や、近畿農業農村6次産業倶楽部会員及び総合化事業計画認定者等との交流を図るため、近畿6次産業化地産地消連絡会議(近畿産業連携ネットワーク会議)を開催します。

 

★日時
3月16日(金曜日)13時~16時30分(受付12時30分~)

 

★場所
ホテル阪神 10階 ザボールルーム
 (大阪市福島区福島5丁目6番16号)

 

★定員
250名

 

★参加費
無料。出展をされる方は6次産業倶楽部PRシートの提出が必須になります。

 

★内容
 (1)近畿産業連携ネットワーク連絡会議等の設立について
 (2)産業連携に向けた農林漁業者等からのプレゼンテーション
 (3)総合化事業計画の認定証授与式、地産地消給食メニューコンテスト表彰式
 (4)展示交流会

 

★申込方法
参加希望の方は、以下のアドレスにある近畿6次産業化地産地消連絡会議 (近畿産業連携ネットワーク会議)(参加申込書)により、3月13日(火曜   日)までにFAX(075-414-7345)でお申込ください。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/6ji/240316kaigi.html

 

  

食品流通構造改善促進法に基づく構造改善事業について

 

食品流通構造改善促進法に基づく構造改善事業は、食品流通における消費者二一ズの多様化、規制綬和の進展等による競争の激化など、経営環境のめまぐるしい変化に積極的に対応しようとする意欲をもった事業者の支援を行う事業です。
構造改善事業を実施しようという方は、事業内容に応じた構造改善計画を作成し、農林水産大臣の認定を受けて下さい。
認定された計画の実施に必要な施設整備等に対し、長期低利の資金の融資、税制の特例等の支援措置が講じられます。

構造改善事業は、次の5種類のメニューを用意しています。

 

(1)食品生産製造等提携事業
生産者と提携した安定取引関係の確立を行い、食品の品質保持施設の整備等生産から小売に至るまでの一連の食品流通の改善を行う事業で、次の2種類があります。
ア.食品生産製造提携事業イ.食品生産販売提携事業

 

(2)卸売市場機能高度化事業
食品の品質保持施設、物流施設の整備、流通機能の向上、卸売市場事業者の資質の向上等卸売市場の機能の高度化を行う事業です。
 
(3)食品販売業近代化事業
共同仕入れ共同配送の実施、食品の品質保持施設の整備、販売業務施設の整備、食品販売業者の経営の改善等を行う事業です。

 

(4)食品商業集積施設整備事業
食品情報の提供等消費者の利便の増進を図る施設を併設した食品販売業者の店舗の集積施設の整備を行う事業です。

 

(5)新技術研究開発事業
鮮度保持等の品質管理、品質の優れた食品の開発等食品流通の円滑化に係る新技術の研究開発を行う事業です。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/ryuukai/index.html

 

3.消費者の部屋

  

近畿農政局「移動消費者の部屋」3月展示のご案内

 

大麦は、健康にとって素晴らしい食品であるということをご存知ですか?

今回の展示では、消費者の方にあらためて大麦の歴史や種類、機能性成分や、今までの品種よりも食物繊維が多く含まれている新品種などを紹介します。

 

★テーマ
大麦パワーでおいしく健康サポート

 

★期間

3月21日(水曜日)~3月30日(金曜日)
(期間中は終日展示をご覧いただけます。初日は10時から、最終日は9時までとなります。)

 

★場所

京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」
 (京都市下京区東塩小路町843-1)

 

★内容
 (パネルとパンフレットの展示)
大麦の歴史
大麦の種類と用途
大麦が優れている食物繊維
大麦の統計資料
近畿中国四国農業研究センターで育成した裸麦品種
大麦を使ったレシピ

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120306.html

 

 

近畿農政局「消費者の部屋」3月展示のご案内

 

2011年は、国連が定めた国際森林年(※)で、世界中で様々な取組が行われました。
京都大阪森林管理事務所でも、豊かな森林を守り育てていくこと、また、そのために必要な国民の理解の促進につなげていくことを目的に、「森を歩く」をテーマに様々な活動に取り組みました。
展示では、京都大阪森林管理事務所における国際森林年の取組を紹介します。
※国際森林年は、世界中の森林の持続可能な経営保全の重要性に対する認識を高めることを目的としています。

 

★テーマ
身近な森林(もり)の再発見!
~森林(もり)を知ろう、森林(もり)を歩こう、森林(もり)を守ろう~

 

★期間
3月21日(水曜日) ~ 3月30日(金曜日)8時30分~17時
(初日は午後から、最終日は午前中。ただし、土、日、祝日を除く)

 

★場所
近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
 (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

 

★内容
 (パネルとパンフレットの展示)
  国際森林年の取組に関する情報
京都の国有林の紹介 など

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120306_1.html

  

4.統計情報

 

農業経営統計調査平成22年個別経営の営農類型別経営統計(経営収支)

水田作経営
・畑作経営
・野菜作・果樹作・花き作経営
・酪農・肉用牛・養豚・採卵養鶏・ブロイラー養鶏経営

 

農業経営統計調査平成22年個別経営の経営形態別経営統計(経営収支)

 

農業経営統計調査平成22年組織経営の営農類型別経営統計(経営収支) (併載:経営形態別経営統計)

 

平成22年林業産出額

共済減収調査結果(平成23年産小豆、いんげん、みかん、りんご及びかき)

 

平成23年産こんにゃくいもの栽培・収穫面積及び収穫量(主産県)

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2011.html#koushin

 

 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*
「ミツバチはまだ越冬中で機嫌が悪いです。」というこの言葉を聞き、どうなることかとビクビクしながら2月上旬、大阪・梅田のビル屋上の養蜂場に取材にいきました。私の心配とはよそに、煙を噴きかけながら恐る恐る巣箱を開けてもらうと、ミツバチは大人しくしていてくれました。煙を噴きかけると火事と勘違いして巣の奥に引っ込んでしまうのだとか。
ゴールデンウィークの頃には採蜜ができるそうなので、その時には私の背中にとまってくれるくらいミツバチとお近づきになりたいと思います。(S)

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/photo/torikumi/t120216_1.html

 

 

☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html  からお願いします。
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室 
代表:075-451-9161(内線2122)
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集