ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.165 2012年3月23日


ここから本文です。

近畿アグリレターVol.165 2012年3月23日

目次
1.お知らせ
    ・安全フレーム装着トラクター普及促進事業について
    ・第4回地産地消給食等メニューコンテストの結果について
    ・近畿フルーツ・レンジャープロジェクトアイデア集のご紹介について
    ・米の検査結果
    ・営農情報誌「双葉」No.23を発行しました
    ・営農推進講演会について
2.消費者の部屋
    ・「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します
3.統計情報
    ・平成23年産茶生産量(主産県)
    ・平成23年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量
    ・平成23年牛乳乳製品統計調査(基礎調査)結果の概要
    ・平成23年農道整備状況調査結果の概要
    ・平成23年産日本なし、ぶどうの結果樹面積、収穫量及び出荷量

1.お知らせ

 

安全フレーム装着トラクター普及促進事業について

農作業死亡事故は、毎年全国で約400件前後発生しています。そのうち農業機械作業によるものが約270件ある中で、乗用型トラクターの事故は、約130件(死亡事故の約3割)となっています。

乗用型トラクター事故のうち転倒・転落が事故原因の1位(約7割)であることから、救命効果の高い安全キャブ・フレームを装着したトラクターへの更新を促進するための事業を実施することとしました。
 
★公募期間~平成24年12月28日(金曜日)

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/anzen/0621_1.html

 

第4回地産地消給食等メニューコンテストの結果について

2月24日(金曜日)に第4回地産地消給食メニューコンテストの近畿農政局長賞審査会を開催、その結果を経て10団体の中から4団体が近畿農政局長賞に選ばれました。

この表彰状の授与が、3月16日(金曜日)大阪市福島区のホテル阪神で開催された近畿6次産業化・地産地消連絡会議(近畿産業連携ネットワーク会議)の中で行われました。
 
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/chisan/23menucon.html

 

近畿フルーツ・レンジャープロジェクトアイデア集のご紹介について

   近畿農政局では、果物の消費拡大を目的として、大学生が「売れる売り方」等の検討を行う「近畿フルーツ・レンジャープロジェクト」を実施してきました。

大学生から提出されたアイデアについて、近畿フルーツ・レンジャープロジェクト表彰審査会を開催し、その結果、3月2日(金曜日)に大阪市中央卸売市場で、近畿農政局長賞等延べ25件の表彰を行いました。

提出されたアイデアのうち、表彰審査会で評価の高かったものを掲載しています。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/engeitokusan/fruitsranger/franger.html#franger

 

米の検査結果

平成23年産米の検査結果(速報値)
2月29日現在の検査数量は、水稲うるち玄米で4,301.6千トンであり、1月31日現在と比べ115.3千トン増加しています。
また、水稲もち玄米は220.1千トンで1月31日現在と比べ4.5千トン、醸造用玄米は63.8千トンとなり0.5千トン増加しています。

 

全国の検査結果はこちら(農林水産省ホームページリンク)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/syoryu/kensa/kome/index.html

 

近畿の検査結果はこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syokuryo/syouhiryutsu/komekensa/kekka.html


 
 

営農情報誌「双葉」No.23を発行しました

営農推進活動や営農の優良事例、技術、施策の紹介等を情報誌として取りまとめ、ホームページ上で公開することで、営農の速やかな定着、普及の一助としています。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keikaku/shigen/futaba/futaba.html

 

営農推進講演会について

国営土地改良事業地区営農推進講演会は営農対策の強化を図るため、側面的な支援として国営土地改良事業の実施中及び完了地区を対象に毎年開催しています。
今回は平成23年度に「大和高原北部地区」で開催した講演会の内容について紹介します。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keikaku/shigen/kouenkai/kouenkai.html

 

 

2.消費者の部屋

「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します

和歌山地域センターでは、毎月19日の「食育の日」にあわせ、下記の場所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けします。

★4月の食育推進朝はごはんでGO!

★4月のテーマ  めざましごはんキャンペーン

★JA紀の里めっけもん広場(紀の川市豊田56月3日)

★日時4月19日(木曜日)9時から16時

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/wakayama/local/info/heya.html

 

 

3.統計情報

【全国】
・平成23年産茶生産量(主産県)
・平成23年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量
・平成23年牛乳乳製品統計調査(基礎調査)結果の概要
・平成23年農道整備状況調査結果の概要
・平成23年産日本なし、ぶどうの結果樹面積、収穫量及び出荷量

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2011.html#koushin

 


∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
花粉症の方にはつらい季節ですが、「暑さ寒さも彼岸まで」というように、
やっと過ごしやすい穏やかな気候になりました。
この時期になるとお花屋さんには様々なハーブの苗や種が並びます。
ハーブは、もともと乾燥に強い植物で、水やりに神経を使う必要は殆どない
ので、面倒なことが苦手な私でも育てることができそうです。
ハーブティーやハーブを使った料理が今から楽しみです。(S)

 

 

☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html からお願いします。
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
代表:075-451-9161(内線2122)
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集