ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.167 2012年4月27日


ここから本文です。

近畿アグリレターVol.167 2012年4月27日

目次
1.お知らせ
  ・「平成23年度食料・農業・農村白書」の公表について
    ・近畿農業の概要
    ・食品リサイクル法に基づく定期報告等に関する説明会について  
    ・米の検査結果
2.消費者の部屋
  ・近畿農政局「消費者の部屋」5~6月展示のご案内
     ・「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します
3.統計情報

1.お知らせ

  

「平成23年度食料・農業・農村白書」の公表について

 

【概要】
・冒頭、「東日本大震災からの復興1年」とする特集章を設け、復旧・復興に向けた取組等を記述しています。
・「食料・農業・農村基本計画」策定後2年間の達成度を検証し、食料自給率、戸別所得補償制度、6次産業化、食の安全と消費者の信頼確保等を中心に記述しています。

 

詳しくはこちら(農林水産省ホームページにリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo04/120424.html

ページトップへ

  

近畿農業の概要(平成24年4月)

 

★内容紹介
 「近畿農業の概要」は、農林水産省が実施している統計調査や農林水産業に関する統計などの最近のデータを基に、近畿地域における農業の概要等について紹介しているものです。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/gaiyo/kinkigaiyo/2404.html

ページトップへ

  

食品リサイクル法に基づく定期報告等に関する説明会について

 

食品リサイクル法においては、食品廃棄物等の発生量が年間100トン以上の食品関連事業者に、食品廃棄物等の発生量及び食品循環資源の再生利用等の状況を定期的に報告することが義務付けられています。平成24年4月に、新たに16業種に対し、食品廃棄物等の発生制御目標値が設定され、併せて定期報告における業種区分が変更されたため、制御変更等についてご理解いただくことを目的に説明会を開催します。

 

★日時
  5月25日(金曜日)
・13時00分~14時55分
・15時30分~17時15分(※希望者多数の場合)

 

★場所
大阪合同庁舎第1号館第1別館2階 共用大会議室
 (大阪市中央区大手前1-5-44)

 

 ★申し込み
参加希望の方は、5月11日(金曜日)までに、氏名、連絡先等を以下のアドレスにある申込書にご記入の上、FAXで担当者あてお申し込みください。

 ★問い合わせ先
事業戦略課
TEL:075-414-9024

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/zigyo/120423_1.html

ページトップへ

  

米の検査結果

 

平成23年産米の検査結果、平成24年3月31日現在(速報値)が公表されました。
 

 3月31日現在の近畿の検査数量は、水稲うるち玄米で185,550トンであり、2月29日現在と比べ6,267トン増加しています。
また、水稲もち玄米は4,501トンで2月29日現在と比べ13トン、醸造用玄米は20,598トンとなり98トン増加しています。

 

近畿の検査結果はこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syokuryo/syouhiryutsu/komekensa/pdf/23kinki240331.pdf

 

 全国の検査結果はこちら(農林水産省ホームページにリンク)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/syoryu/kensa/kome/index.html

ページトップへ

 

2.消費者の部屋

  

近畿農政局「消費者の部屋」5~6月展示のご案内」

 

豊かに広がる田畑や水路は日本の食料を支えるだけでなく、地域の人々にとっても防火や水に親しむ大切な場です。
しかし、農業者の高齢化や減少もあって、これらの役割をきちんと果たすことができなくなる恐れが生じてきているのです。
今後これらの施設の維持管理を適切に行い、できるだけ長く施設を使用するために行われている保全活動事例(※)をパネル展示により紹介し、農村の自然環境や景観の保全・形成等の重要性を広く国民に向けて発信します。
 

★テーマ
~みんなで考えよう、これからの農村環境!~

 

★内容

パネルとパンフレットの展示
・農地と農業用施設の保全に関する事例紹介
・地域住民による維持活動の紹介など

 

★場所・期間

1.近畿農政局での展示
場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
    (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)
     期間:5月1日(火曜日)~5月31日(木曜日)8時30分~17時
          (初日は午後から、最終日は午前中。ただし土、日曜日、祝日を除く)

2.京都中央郵便局での展示
    場所:京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」 
      (京都市下京区東塩小路町843-12)
     期間::6月1日(金曜日)~6月15日(金曜日)
           (期間中は終日展示をご覧いただけます。初日は10時から、最終日は9 時までとなります。)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120426.html

ページトップへ 

 

「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します

 

和歌山地域センターでは、下記の場所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けします。

 

★5月の食育テーマ
食生活指針

 

★5月の農政全般テーマ
食品表示について

 

★場所

JA紀の里めっけもん広場(紀の川市豊田56月3日)

 

★日時
5月20日(日曜日)9時~16時

 

★問い合わせ先
和歌山地域センター 消費・安全グループ
TEL: 073-436-3857

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/jimusyo/wakayama/local/info/heya.html

ページトップへ

  

3.統計情報

 【全国】
・集落営農実態調査結果の概要(平成24年2月1日現在)
・平成22年漁業生産額
・平成23年産4麦の収穫量(第2報 )
・平成23年産飼料作物の収穫量(牧草、青刈りとうもろこし及びソルゴー)
・平成23年産大豆の収穫量(第2報)
・平成22年生産農業所得(全国及び都道府県別)
・共済減収調査結果(平成23年産大豆)
・平成23年産春野菜、夏秋野菜等の作付面積、収穫量及び出荷量
 (併載:平成22年産きゅうり、なす、トマト、ピーマンの年間計)
・平成23年産西洋なし、かき、くりの結果樹面積、収穫量及び出荷量

 【和歌山】
・平成23年産かきの結果樹面積、収穫量及び出荷量(和歌山県)

 

 詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2012.html

 

 ∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*
先日、淡路島のあわじ花さじきに行ってきました。
海を望むことができる広大な高原での鳥のさえずりを聞きながら眺める青空と菜の花畑は格別なものでした。
ぽかぽか陽気の中、絵を描いている方を多く見かけましたが、絵の具で色を作りながら風景を描くゆったりとした時間も過ごせたら素敵ですね。私にも絵心があれば良いのですが。(S)

 

 ☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html からお願いします。
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html
    までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060 
 

お問い合わせ先

企画調整室 
代表:075-451-9161(内線2122)
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集