ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.172 2012年7月13日


ここから本文です。

近畿アグリレターVol.172 2012年7月13日

目次
1.お知らせ
新規就農を応援します
  ・「フード・アクション・ニッポンアワード2012」を募集します
「平成23年度 近畿食料・農業・農村情勢報告」について
  ・近畿農政局「消費者の部屋」7月展示のご案内
  ・近畿農政局「移動消費者の部屋」7~8月展示のご案内
  ・近畿農政局「移動消費者の部屋」7~8月展示(中京区役所)のご案内
  ・特設!夏休み子ども「消費者の部屋」開催のご案内
2.統計情報

1.お知らせ

 

新規就農を応援します

★Facebookを活用した情報発信を開始しました!
農林水産省 経営局 就農・女性課は、Facebook上に青年農業者の皆様を中心としたグループを作りました。
青年農業者の皆様方の情報交換や、意見交換が可能となります。是非ご参加下さい。

★H24技術習得支援事業の高度農業経営者教育機関、(社)アグリフューチャージャパンでは農業養成力講座の受講生を募集しています。
  ◎締切:(7日間コース)7月18日、(3日間コース)8月13日

★農業経営力養成講座新・農業人フェアを開催します。
 「全国新規就農相談センター」(全国農業会議所内)と「都道府県新規就農相談センター」(都道府県青年農業者等育成センター、都道府県農業会議内)がご相談にお答えします。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/keieishien/shinkisyuno/index.html

ページトップへ

 

「フード・アクション・ニッポンアワード2012」を募集します

 農林水産省では国産農産物の消費拡大の取組「フード・アクション・ニッポン」を推進していますが、その一環として、「フード・アクション・ニッポンアワード2012」を実施いたします。
本アワードは、食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の取組を広く募集し、優れた取組を表彰することにより、食料自給率向上に向けた活動を広く社会に普及すること等を目的としています。昨年に引き続き東日本大震災の復旧・復興を支援する活動も表彰することとしています。
国産農産物消費拡大に向け、業種・業態を問わず、より多くの企業・団体等の皆さまのご参加をお待ちしています。
応募の締切は8月20日です。

詳しくはこちら(外部リンク)
http://syokuryo.jp/award/

ページトップへ

 

「平成23年度 近畿食料・農業・農村情勢報告」について

近畿農政局では、「平成23年度近畿食料・農業・農村情勢報告」を取りまとめ、公表いたしました。

この報告は、各種データや事例に基づいて、近畿地域における食料・農業・農村の動向等を明らかにし、地域の関係者の皆様に基礎資料として活用していただくとともに、食料・農業・農村にかかる各種取組に積極的に参画いただく契機となることを目的に作成しています。
                                                     
【概要】
★特集
 「近畿農業の未来を拓く-若い力と女性の活躍-」
  近畿における若い世代の新規就農や農村女性の現状について関連データを基に記述し、近畿農業の未来を拓く希望として各地域で活躍されている方々をご紹介するとともに、農林水産省における新規就農に向けた支援施策を取り上げました。

★トピックス
  食料・農業・農村にかかる重点施策の取組状況及び災害被災地に対する復旧・復興に向けた支援の内容を取り上げました。
 「我が国の食と農林水産業の再生のための基本方針・行動計画」
 「農業者戸別所得補償制度」
 「六次産業化法に基づく総合化事業計画の推進」
 「東日本大震災から復興に向けての支援の取組」
 「台風12号・15号による紀伊半島豪雨被害の復旧支援への取組」

★動向
  近畿農政局が独自に取り組む「近畿農政局の戦略的取組」についての内容紹介と、近畿地域の食料・農業・農村の動向や取組について各種データや事例を用いて取り上げました。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/kikaku/wpaper/index.html

ページトップへ

 

近畿農政局「消費者の部屋」7月展示のご案内

近畿では、気候風土を活かした様々な農業が営まれています。
近畿農政局では、その農産物、伝統的な食文化や食材、都市に近接した農村、豊富な観光資源、大学や企業等が有する知的財産を活かし、農業・農村の6次産業化を推進しているところです。
近畿における先駆的な取組について、パネル、加工品の展示等を行います。
 
★テーマ
あすへ、そして未来へつながる可能性に向かって、6次産業化

★期間
~7月31日(火曜日)8時30分~17時
 (土、日、祝日を除きます。最終日は正午までとなります。)

★場所
近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
 (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

★内容
パネル展示
・6次産業化とは?
・6次産業化の取組で所得向上!
・近畿の6次産業化先駆的な取組
・平成23年度に新しく取り組まれた加工品の紹介

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120629.html

ページトップへ

 

近畿農政局「移動消費者の部屋」7~8月展示のご案内

 動物検疫は、国内への口蹄疫や狂犬病などの動物の病気の侵入を防止するため、世界各国で行われています。海外でお土産を買う前や、ペットを連れて海外へ行く前に必ずチェックすべきことを知っていただくため、動物・肉製品などの輸出入検疫の仕組みや動物検疫所の活動をパネル、パンフレットでご紹介します。
 
★テーマ
  ご存知ですか?動物検疫 ~海外に行く前にぜひ確認を!~

★場所・期間
1.京都中央郵便局での展示
  場所: 京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」
       (京都市下京区東塩小路町843-12)
期間: 7月13日(金曜日)~7月27日(金曜日)
        (期間中は終日展示をご覧いただけます。初日は午前10時~最終日は午前9時までとなります。)

2.近畿農政局での展示
  場所: 近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
        (京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町)
  期間: 8月1日(水曜日)~8月16日(木曜日)8時30分~17時
       (土、日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

★内容
パネル展示とパンフレットの配付
・海外からお土産として持って帰っても大丈夫な肉製品は?
・ペットを連れて海外に行くには?
・海外の牧場などへの立ち寄りは大丈夫?

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120629_1.html

農林水産省 動物検疫所 のホームページ
http://www.maff.go.jp/aqs/

ページトップへ

 

近畿農政局「移動消費者の部屋」7~8月展示(中京区役所)のご案内

豊かに広がる田畑や水路は日本の食料を支えるだけでなく、地域の人々にとっても防火や水に親しむ大切な場です。
しかし、農業者の高齢化や減少もあって、これらの役割をきちんと果たすことができなくなる恐れが生じてきているのです。
今後これらの施設の維持管理を適切に行い、できるだけ長く施設を使用するために行われている、保全活動事例()をパネル展示により紹介し、農村の自然環境や景観の保全・形成等の重要性を広く国民に向けて発信します。
 
農家だけでなく、地域住民による農地周辺の草刈りや水路の泥上げなどの保全活動を行っています。

★テーマ
~みんなで考えよう、これからの農村環境!~

★期間
  7月20日(金曜日)~8月2日(木曜日)9時~17時
 (土、日を除きます。初日は午前10時からとなります。)

★場所
中京区役所1F「区民ホール」
 (京都市中京区西堀川通御池下る西坊堀川521)

★内容
パネル展示とパンフレット配付
  ・農地と農業用施設の保全に関する事例紹介
  ・地域住民による維持活動の紹介など

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120706.html

ページトップへ

 

特設!夏休み子ども「消費者の部屋」開催のご案内

 農業を学び始める小学生をターゲットとして、夏休みという機会に、食と農林業をめぐる状況や施策に係る情報をイベント形式により体験してもらい、関心を深めてもらう契機とするため、「夏休み子ども消費者の部屋」を開催します。
 
★テーマ
食と農林業の再生 ~私たちにできること~

その1 : 環境、生産、消費ゾーン(体験、展示コーナー)
その2 : 木を使って何か作ってみよう!(親子木工教室)

★日時
7月26日(木曜日)~7月27日(金曜日)

  ・環境、生産、消費ゾーン(体験、展示コーナー)
  開始:9時、終了:16時

  ・親子木工教室
午前の部(受付:  9時) 開始:  9時30分、終了: 11時30分
  午後の部(受付: 13時) 開始: 13時30分、終了: 15時30分

木工教室については、定員制のため、事前の申込みが必要です。
  定員は、両日とも午前、午後 各10組、2日間で延べ 40組です。
  また、保険代、材料費に充当するため、一人当たり200円を参加当日にいただきます。
  木工教室の申込方法につきましては、以下のアドレス内にある添付資料を参照願います。

★場所
京都農林水産総合庁舎 近畿農政局 第1会議室ほか
 (京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/120706_1.html

ページトップへ

 

2.統計情報

【全国】
・平成23年産花きの作付(収穫)面積及び出荷量
・平成23年産さとうきびの収穫面積及び収穫量  
・平成23年木材流通構造調査結果の概要  
・食品流通段階別価格形成調査(青果物経費調査)結果の概要(平成22年度結果)
・食品流通段階別価格形成調査(水産物経費調査)結果の概要(平成22年度結果) 
・集落営農活動実態調査結果の概要(平成24年3月1日現在) 
・共済減収調査結果(平成23年産指定かんきつ)
・平成23年農業物価指数(平成17年基準)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2012.html

ページトップへ


∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*
久しぶりに少し遠回りをして自宅近くのあぜ道を通って帰りました。
苗もしっかりと根付き、来週には背丈も伸びて一面青々とした青田が見られそうです。
夕暮れ時の心地よい風が吹き抜ける青田道は、私にとって何ともすがすがしい気持ちにさせてくれる期間限定の特別な散歩道になります。

 

 ☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html からお願いします。
 ☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html
までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室 
代表:075-451-9161(内線2122)
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集