ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.192 2013年5月10日


ここから本文です。

近畿アグリレター   Vol.192 2013年5月10日

目次

1.お知らせ

2..計情報

1.お知らせ

 

米粉まつり2013~米粉の未来を考えよう~

    水田を有効活用し食料自給率の向上を図るため、近畿農政局では近畿米粉食品普及推進協議会と連携し、米粉利用の推進に取り組んでいます。
    この度、近畿米粉食品普及推進協議会では、米粉の需要拡大を図るため「米粉まつり2013~米粉の未来を考えよう~」を開催し、シンポジウム、米粉食品
等の展示・試食・販売、米粉料理教室を行いますのでご案内します。

日時    6 月9 日(日曜日)

(1)米粉シンポジウム    13時~15時30分
(2)米粉食品等の展示・試食・販売    11時~16時
(3)米粉料理教室    10時~12時30分

 場所

神戸市立六甲道勤労市民センター
(神戸市灘区深田町4丁目1番39号メイン六甲Aビル4・5階)

 米粉シンポジウムプログラム

(1)報告

  • 米粉食品の普及推進状況について
  • 瀧尾佳明 協議会副会長(元グリコ栄養食品株式会社顧問)

 (2)米粉トークライブ

テーマ:米粉の未来に何が大切か

米粉普及を始めて10余年、今では「米粉」を見ない日はないほどの普及をとげました。しかし、今だからこそ未来に向けての問題点も現れてきました。
米粉の関係者がその対策を共に考えます。

定員      150名

入場料    無料

申込方法

 米粉シンポジウム、米粉料理教室は以下のアドレスからの参加申込書により近畿米粉食品普及推進協議会事務局
( TEL ・FAX075-662-2289Email:info@riceflour.jp)へお申込ください。
  なお、展示・試食・販売については、申込は不要です。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/sinko/130508.html

 

ページトップへ

 

平成23年度補正予算事業「6次産業化推進整備事業」の公募について

 

    農林水産省では、六次産業化法等の認定を受けた農林漁業者等が農林水産物の高付加価値化等を図るために必要な機械・施設の整備を支援しています。
    この度、財団法人食品流通構造改善促進機構において、6次産業化推進整備事業の公募をします。

概要

    六次産業化法等の認定を受けた農林漁業者等が農林水産物の高付加価値化等を図るために以下の機械・施設の整備を支援します。

1 農林漁業者団体が自ら行う6次産業化の取組を行う場合に必要な機械・施設の整備

2 農林漁業者団体等と食品産業事業者が連携して行う6次産業化の取組を行う場合に必要な機械・施設の整備

 

財団法人食品流通構造改善促進機構において、募集を開始します。

(1)日時:5月2日(木曜日)~平成25年5月21日(火曜日)

10時~12時及び13時~17時(土日、祝祭日を除きます。)

(2)公募要領等の配布場所
 〒101-0032  東京都千代田区岩本町3-4-5  第1東ビル6階

公益財団法人食品流通構造改善促進機構業務部

    なお、公募要領等は食流機構のホームページから印刷も可能です。

申請書類の提出期限等

(1)提出期限:5月21日(火曜日)17時必着

(2)提 出 先 :

〒101-0032  東京都千代田区岩本町3-4-5  第1東ビル6階 

公益財団法人食品流通構造改善促進機構業務部

財団法人食品流通構造改善促進機構のホームページ
http://www.ofsi.or.jp/rokujika25/rokujika.htm

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keiei/zigyo/23.html

 

ページトップへ

 

近畿農政局出張講座について

    近畿農政局では、次代を担う学生たちに、「食料・農業・農村」に係る幅広い知見や専門的知識を有してもらうことにより、将来、地域を活性化する人材となってもらうことを目的として、出張講座を実施しています。

対象;近畿6府県の大学、短期大学等に在学する学生。

内容:「食料・農業・農村」に係る現状等、農政全般について。

≪講義のテーマ(例)≫

食料・農業・農村を巡る状況について
食料自給率について
食の安全と消費者の信頼確保について
食生活の現状と食育の推進について
米を巡る状況について
農山漁村の6次産業化の状況について
人と農地の問題の解決に向けた施策について
農山漁村の活性化について
農業、農村の整備について
農業生産・流通・消費の現状について


    「食料・農業・農村」に関心をお持ちの大学であれば、学部・学科は問いません。講義・ゼミの1コマや勉強会等、ご希望に合わせて対応します。

    以下のページよりお申し込みください。

    申込用紙に、ご希望の講義のテーマや日時などをご記入の上、近畿農政局あてにFAX又は郵送していただくか、申し込みフォームよりお申し込みください。

不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先
企画調整室    代表:075-451-9161(内線2112)
ダイヤルイン:075-414-9036    FAX:075-414-9060

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/kikaku/senryaku/syutyoukouza.html

 

ページトップへ

 

「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します

    和歌山地域センターでは、下記の場所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けします。

5月の食育テーマ    :食生活指針

5月の農政全般テーマ:食品表示について

場所1:JA紀の里めっけもん広場(紀の川市豊田56 -3)

日時:5月18日(土曜日) 9時~15時

 場所2:ガーデンホテルハナヨ ハナヨアリーナ(田辺市文里二丁目36 -40)

日時:5月19日(日曜日) 10時~16時

お問い合わせ先

和歌山地域センター消費・安全グループ    TEL:073-436-3857

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/wakayama/info/heya.html

 

ページトップへ

2.統計情報

 

近畿農林水産統計年報(平成23~24年)について

内容

    「近畿農林水産統計年報」は、近畿農政局が平成23年~24年の間に近畿管内で実施した各種農林水産統計調査結果を中心に、他機関において実施された統計結果を付加して編集したものです。

    本書の編集に当たっては、近畿の農林水産業に関する動向が詳細に把握できるよう内容の充実に努めるとともに、我が国の農林水産業の現状に関する統計を掲載しました。

目次

(1)   概況の部:面積、人口、気象など
(2)   農業構造の部:経営体数、農家数、集落営農数など
(3)   耕地の部:耕地面積、耕地利用率など
(4)   農作物の部:米、麦、大豆、野菜の収穫量など
(5)   畜産の部:乳用牛、肉用牛、豚、鶏の飼養戸数、頭羽数など
(6)   農業経営の部:経営形態別経営統計、農畜産物生産費など
(7)   生産農業所得の部:農業産出額、生産農業所得など
(8)   青果物及び畜産物流通の部:農畜産物の出荷量、価格など
(9)   林業の部:林野面積、林業産出額、木材流通など
(10)  水産業の部:経営体数、漁獲量、生産額など
(11)  6次産業の部:年間販売金額、事業件数、従事者数など

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/nenpou/mokuzi_2012.html

ページトップへ

 

近畿農業の概要(平成25年5月)について

内容

    「近畿農業の概要」は、農林水産省が実施している統計調査や農林水産業に関する統計などの最近のデータを基に、近畿地域における農業の概要等について紹介しているものです。

(1) 近畿農業のすがた

近畿地域のあらまし

耕地面積

農家数

農業産出額

主要品目の農業産出額

農業経営

(2)近畿農業のうごき

農地の流動化による経営規模の拡大

近畿農業を担う認定農業者

集落営農化の進展と活動状況

近畿農業・農村6次産業倶楽部の活動と成果

地域の環境に適応した農業水利施設

(3)近畿農業50の統計指標

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/gaiyo/kinkigaiyo/2505.html

ページトップへ

 

平成25年度    農林水産統計公表予定及び公表結果について

全国

平成24年漁業・養殖業生産統計

青果物卸売市場調査の結果(平成24年)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2013.html

 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
  ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?
  新緑が鮮やかな時期になりましたが、森林浴などされましたでしょうか?
  森林浴という言葉には、樹木に接し精神的な癒しを求める行為で、近くの公園や林を散歩する程度から登山やキャンプ、植物園見学まで幅広く含まれます。
  日本では1982年に当時の林野庁などによって提唱されました。
   この機会に木々のある公園や植物園などにお出かけ下さい。

 

ページトップへ

 

☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、

http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html からお願いします。

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、

https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html

 までお願いします。

編集・発行:近畿農政局 企画調整室

〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町

 電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集