ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.195 2013年6月28日


ここから本文です。

近畿アグリレターVol.195 2013年6月28日

目次

1.お知らせ
国産応援ポイントプログラム「こくポ」の説明会について
平成24年度「食料・農業・農村白書」「森林・林業白書」「水産白書」近畿ブロック説明会のご案内について
食品展示会の参加者募集について(出展者の募集ではありません)
「こどもマヨネーズ教室」の開催と参加者募集について
「平成24年度 近畿食料・農業・農村情勢報告」について
2.消費者の部屋
近畿農政局「消費者の部屋」6~8月展示(動物検疫)のご案内
近畿農政局「消費者の部屋」7月展示(グリーン・ツーリズム)のご案内
「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します
3.統計情報
・平成24年産さとうきびの収穫面積及び収穫量
・平成24年農業物価指数(平成22年基準)
・集落営農活動実態調査の結果(平成25年3月1日現在)
・平成25年農業構造動態調査の結果(平成25年2月1日現在)

1.お知らせ

 

国産応援ポイントプログラム「こくポ」の説明会について

「こくポ」とは、国産食料品購入の促進を目的とし、国産食料品等にポイントを付す補助事業のことです。

対象者:食品メーカー、流通業者等事業者

日時7月8日(月曜日)13時30分~14時30分

場所大阪合同庁舎1号館第1別館2F第3会議室

ご関心のある事業者様は、担当までお問い合わせ下さい。
担当:近畿農政局企画調整室中込
電話:075-414-9036

 

ページトップへ

 

平成24年度「食料農業農村白書」「森林林業白書」「水産白書」近畿ブロック説明会のご案内について

これらの白書は、農林水産業を取り巻く最近の動きを踏まえ、主要施策の取組状況や課題について、国民的な関心と理解が一層深まることをねらいとして作成しており、広く国民各層に発信していくこととしております。
つきましては、白書の説明会を開催します。

1 日時
7月18日(木曜日)13時30分~17時(13時より受付を開始します。)

2 内容
(1) 「食料農業農村白書」について 説明者:農林水産省大臣官房政策課
(2) 「森林林業白書」について   説明者:林野庁林政部企画課
(3) 「水産白書」について                          説明者:水産庁漁政部企画課

3 参加申し込み
どなたでもご参加できます。但し、申込みが、会場の能力(約250名)を超えた場合は先着順となります。
なお申込期限は 7月11日(木曜日)17時までとなっております。

(1) インターネットによる申込み
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/6cfd.html

(2) FAXによる申し込み
以下のアドレスの参加申込書に必要事項を明記の上、FAXでお申し込みください。(FAX:075-414-9060)

報道機関の方の席は別途設けますが、準備等の都合がございますので、事前に申し込みをお願いいたします。

4 開催場所
キャンパスプラザ京都 4階第2講義室(京都市下京区西洞院通塩小路下ル)

5 参加費無料

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/kikaku/130619.html

 

ページトップへ

 

食品展示会の参加者募集について(出展者の募集ではありません)

近畿農政局は、農山漁村の風景、伝統文化等のあらゆる「資源」を活用し新たなビジネスの創出、農林水産物の高付加価値化等を通じて、農業農村の6次産業化を図る取り組みを進めています。
このたび、6次産業化倶楽部員である伊藤忠食品(株)が、「健康で豊かな食生活創りを通じ消費者と社会に「もっと美味しい」」をテーマに展示会を開催します。

本展示会には倶楽部員も出展する予定です。加工食品の取組、商談ノウハウを習得する場として絶好の機会ですので、奮ってご参加下さい。

日時7月31日(水曜日)~8月1日(木曜日)10時~17時

会場大阪国際経済振興センター2号館(インテックス大阪)(大阪市住之江区南港北1-1-12)

定員20名(先着順)

申込締切7月12日(金曜日)まで

テーマ
健康で豊かな食生活創りを通じ消費者と社会に「もっと美味しい」

主催:伊藤忠食品株式会社 

申込方法  以下アドレスの参加者申込フォームにてお申し込み下さい。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keiei/zigyo/6ji/13_ito_sanka.html

 

ページトップへ

 

「こどもマヨネーズ教室」の開催と参加者募集について

 身近な食材である卵は、様々な加工食品や製品の原料となり、卵白や卵黄だけでなく、卵殻、卵殻膜に至るまで余すところなく利活用されています。
卵を原料として使うマヨネーズはどのようにして作られるのか、またその製造工程での“たまごの力”について学ぶとともに、実際にマヨネーズ作りを体験するマヨネーズ教室の開催をお知らせするとともに、小学生の参加者を募集します。

日時8月7日(水曜日)

<1部>10時30分~12時(受付10時~)
<2部>13時30分~15時(受付13時~)
(内容は1部、2部とも同じです)

場所
京都テルサ   調理実習室(東館2階)(京都市南区東九条下殿田町70番地)

内容
マヨネーズは何からできる?
マヨネーズを作ってみよう!
マヨネーズを試食しよう!

講師キューピー株式会社   社員

主催近畿農政局

募集対象と定員小学生(各回先着20名程度)*原則、保護者同伴でお願いします。

参加費
100円/人(体験材料費として)

申込み〆切7月29日(月曜日)(申込み人数が定員に達し次第、募集を締め切ります。)

申込み方法
参加申込みを希望される方は、以下のアドレスのFAX申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みいただくか、お電話にて、同様の内容をお知らせ下さい。

FAX番号   :   075-451-5337    (近畿農政局生産部)
電話番号   :   075-414-9022    (近畿農政局生産部畜産課)

参加の可否について、申込み受付後、折り返しFAX等にてご連絡いたします。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/chikusan/130617.html

ページトップへ

 

「平成24年度 近畿食料農業農村情勢報告」について

近畿農政局では、「平成24年度近畿食料農業農村情勢報告」を取りまとめ公表しました。
本報告は、各種データや事例に基づいて、近畿地域における食料農業農村の動向等を明らかにし、地域の関係者の皆様に基礎資料として活用していただくとともに、食料農業農村にかかる各種取組に積極的に参画いただく契機となることを目的に作成しています。

概要
特集 「近畿における野菜生産の現状課題及び可能性」
近畿における野菜の生産、流通、消費の現状について概観するとともに、近畿における野菜に関するイノベーション事例について紹介し、近畿の野菜生産の潜在力を発揮していくための課題と施策推進上の課題について報告します。

トピックス
地域における人と農地の問題の解決策を示すものとして作成していただく、
地域農業の未来設計図「人農地プラン」について、
和食の文化遺産登録(ユネスコ)への取組について、
「東日本大震災」からの復興支援について、
青年新規就農者の定着を図ることを目的とした「青年就農交付金」
に関する状況について取り上げました。

動向
近畿農政局が独自に取り組む「近畿農政局の戦略的取組」についての内容紹介と、近畿地域の食料農業農村の動向や取組について各種データや事例を用いて取り上げました。

本報告の全編及び概要版を近畿農政局のホームページに掲載していますのでご覧ください。

http://www.maff.go.jp/kinki/kikaku/wpaper/index.html

 

ページトップへ

2.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」6~8月展示(動物検疫)のご案内

動物検疫は、動物の病気の侵入を防止するために世界各国で行われている制度です。海外でお土産を買ったり、ペットを連れて海外へ行く前に必ずチェックすべきことを知っていただくため、動物肉製品等の輸出入検疫制度及び動物検疫所の活動をパネルやパンフレットでご紹介します。

テーマ  ご存知ですか?動物検疫~海外に行く前にぜひ確認を!~

1.京都中央郵便局での展示京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」(京都市下京区東塩小路町843-12)

期間6月28日(金曜日)~7月12日(金曜日)(期間中は終日展示をご覧いただけます。最終日は午前9時まで)

2.中京区役所での展示中京区役所1F「区民ホール」(京都市中京区西堀川通御池下る西三坊堀川町521)

期間7月12日(金曜日)~7月26日(金曜日)9時~17時(土日、祝日を除きます。また、初日は午前10時30分からとなります。)

3.近畿農政局での展示近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」(京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)
期間8月1日(木曜日)~8月15日(木曜日)8時30分~17時(土日、祝日を除きます。また、初日は13時から、最終日は正午までとなります)

内容
パネル展示とパンフレットの配付
海外からお土産として持ち帰りが大丈夫な肉製品は?
ペットを連れて海外へ行くには?

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/130624_1.html

 

ページトップへ

 

近畿農政局「消費者の部屋」7月展示(グリーンツーリズム)のご案内

農村をめぐる、心をいやす旅。

のんびり、ゆったり、農林漁業体験やその地域の自然や文化を体験してみませんか!

今回の特別展示では、近畿各地で取り組まれているグリーンツーリズム(*)や地域食材を使った農家レストラン、新鮮で安全な農産物を供給している農産物直売所を紹介しています。

*グリーンツーリズムとは、「緑豊かな農村地帯において、自然、文化、人々との交流を楽しむ、滞在型の余暇活動」のことです。

テーマ近畿のグリーンツーリズム~夏休みは農山漁村に出かけましょう~

期間7月1日(月曜日)~7月19日(金曜日)8時30分~17時(土、日、祝日を除きます。また、初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

場所
近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」(京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容パネル展示とパンフレットの配付

グリーン・ツーリズムの紹介パネル展示
・子ども農山漁村交流プロジェクトの取組の紹介
・農産物直売所の紹介パネル展示
・近畿のグリーン・ツーリズム等のパンフレット など

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/130624.html

 

ページトップへ

 

「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します

和歌山地域センターでは、下記の場所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けします。

場所
JA紀の里めっけもん広場(紀の川市豊田56月3日)

日時  7月19日(金曜日)9時~15時

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/wakayama/info/heya.html

 

ページトップへ

 3.統計情報

平成25年度農林水産統計公表予定及び公表結果について

 

全国
平成24年産さとうきびの収穫面積及び収穫量
平成24年農業物価指数(平成22年基準)
集落営農活動実態調査の結果(平成25年3月1日現在)
平成25年農業構造動態調査の結果(平成25年2月1日現在)

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2013.html

ページトップへ

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
先日来の降雨により、近畿の加古川水系農業用ダムの貯水状況は

6月半ばの40~55%から、6月23日現在で58~67%となりやや改善しま

したが、まだ平年よりは低い水準となっています。

まだまだ、これから夏本番です。熱中症にはご注意ください。

(参考)加古川水系総合管理事務所管内のダム状況
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/dam/kinki-dum/soukan.html

☆配信停止、メールアドレス等変更にはご登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。

配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html 
 
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html

までお願いします。

 

編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
代表:075-451-9161(内線2122)
ダイヤルイン:075-414-9036
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集