ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.200   2013年9月13日


ここから本文です。

近畿アグリレターVol.200    2013年9月13日

目次
1.お知らせ

 

2.消費者の部屋

 

3.統計情報

1.お知らせ

 

   近畿農政局男女共同参画優良事例表彰について

    近畿農政局では、平成16 年度より、農山漁村における男女共同参画の実現を目指して、近畿地域で経営参画や社会参画の取組に顕著な功績のあった団体及び個人を表彰するとともに、その活動事例を広く紹介することにより、農山漁村における男女共同参画を推進しています。

    平成25年度におきましても、受賞者を決定しましたのでお知らせします。

 

受賞者の選定

近畿農政局管内の府県知事からの推薦を受けた候補者について、近畿農政局表彰審査会の審査を経て、表彰受賞者を決定しました。

表彰点数

経営参画部門4点(個人2点、団体2点)

社会参画部門2点(個人2点)

お問い合わせ先

経営・事業支援部経営支援課   女性・高齢者係    電話   075-414-9055


 

ページトップへ

 

第11回輸出セミナー&情報交換会について

(1)生産者から運送会社までが連携し、輸出事務の一元化、輸送費の低減を狙って、パッケージで食品を海外に売り込む事業、

(2)海外向け専門の食料品のネット通販事業、

(3)贈答用高級フルーツの贈答用カタログ販売事業、

の3事業のプレゼンテーションの会を企画しました。各事業とも、多くの事業者の方が参加することで充実し、スケールメリットが発揮されることが見込まれるものとなっています。

海外展開に単独で取り組むにはハードルが高いと感じている食品事業者や農林漁業者の方をはじめ、輸出に興味をお持ちの事業者のみなさまの参加をお待ちしております。

以下のアドレスからの申込書によりFAXで近畿農政局事業戦略課までお申し込みください。

 

日時:10月15日(火曜日)13時30分~17時(受付13時~)

場所:大阪合同庁舎第1号館/第1別館3F/第4会議室

(大阪市中央区大手前1-5-44)

定員:90名

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課    電話    075-414-9024    FAX    075-414-7345

ページトップへ

 

農地等活用ボランティア情報交換会の開催について

    農地等を活用したボランティア活動を行っている団体(主に都市側)や、ボランティアを受け入れて農地等の活用を行っている団体(主に農村側)の皆さんが集まり、情報交換会を開催しますので、お知らせします。
 

日時    10月2日(水曜日)9時から16時30分

集合    南海電鉄岸和田駅中央口 9時(貸切バスで移動)

解散    南海電鉄岸和田駅中央口16時30分

開催テーマ    大学が取り組む農業支援ボランティア活動の課題と展望

場所

午前:岸和田市、和泉市内のボランティア活動農地(現地調査  9時から12時)

NPO法人ゴールドファーム神於山農園(耕作放棄地再生農地)

和泉市仏並町農業団地(学生ボランティア活動農地)

 

午後:意見交換会  13時から16時30分

大阪府泉南府民センター多目的ホール

(大阪府岸和田市野田町3丁目13 - 2)

話題提供

- 大学が行う農地等活用ボランティアの役割と課題 -(仮題)

京都大学特定准教授  清水  夏樹  氏

事例研究

-和歌山県有田川町沼地区における大学生ボランティア活動について-(仮題)

和歌山大学観光学部「棚田ふぁむ」代表  保坂  有香  氏

 意見交換(パネルディスカッション)

京都大学特定准教授  清水  夏樹  氏

桃山学院大学経済学部教授  津田  直則  氏

和歌山大学観光学部「棚田ふぁむ」代表  保坂  有香  氏

立命館大学文学部「地域観光学研究会」代表  友納  一嵯  氏

農業ボランティア活動受入地区代表(予定)

【進行:京都府立大学大学院教授  宮崎    猛    氏】

申込方法

団体名、所属、お名前、ご連絡先等、1日または午後のみ参加の別、昼食希望の有無について、下記までご連絡下さい。

なお、定員(80名)になりましたら受付を終了させていただきます。

申込期限    9月25日(水曜日)

お問い合わせ先

農村計画部農村振興課    電話   075-414-9050   FAX:075-451-3965

企画調整室    電話    075-414-9036

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/kinki/press/keikaku/nousonshinkou/130912.html

ページトップへ

2消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」9月展示(食料自給率)のご案内(再掲)

    日本の食料自給率について、「食料自給率の現状」、「なぜ下がってきたのか」、「諸外国と比べたら?」、「私たちにできること」などの、パネル展示やパンフレットを通じてご紹介します。

テーマ    私たちの大切な「食」    ~平成24年度食料自給率等について~

期間    (開催中)~9月30日(月曜日)8時30分~17時    (土・日曜日、祝日を除きます。最終日は正午までとなります。)

場所    近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」

 (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容    食料自給率についてのパネル展示、パンフレット配布など

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話:075-414-9761

企画調整室    電話:075-414-9036

ページトップへ

 

3統計情報

(全国)

  • 平成24年産パインアップルの収穫面積、収穫量及び出荷量(沖縄県)  
  • 平成24年産指定野菜(秋冬野菜等)及び指定野菜に準ずる野菜の作付面積、収穫量及び出荷量

併載:平成24年産野菜(40品目)の作付面積、収穫量及び出荷量(年間計)

  • 平成25年産小豆及びいんげんの作付面積(北海道・乾燥子実)
  • 平成25年産水稲の8月15日現在における作柄概況   全国、近畿、滋賀、京都、兵庫、奈良
  • 農業経営統計調査  平成24年産大豆生産費
  • 農業経営統計調査  平成24年産てんさい生産費
  • 農業経営統計調査  平成24年産さとうきび生産費
  • 農業経営統計調査  平成24年産原料用かんしょ生産費
  • 農業経営統計調査  平成24年産原料用ばれいしょ生産費
  • 農業経営統計調査  平成24年産そば生産費

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2013.html

ページトップへ


∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
    朝晩過ごしやすくなってきましたが、昼は急に暑くなったりし、まだまだ
油断が出来ません。こうした季節のかわり目は体調をくずしやすいものです。
    健康診断の時、お医者さんから、外出から戻ったら手洗いと、うがいを
するようにとアドバイスを受けました。
    感染症の予防にはそれが一番良いとのことで、当たり前のことかも
しれませんが、ぜひ、おためしください。

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

 

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html

までお願いします。

編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集