ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレターVol.205    2013年12月13日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.205  2013年12月13日

目次

トピックス

 

1.お知らせ

 

2.消費者の部屋


3.統計情報


 トピックス

 平成26年度 農林水産予算概算要求の概要

資料は以下のリンク先から、御覧いただけます。

問い合わせ先

大臣官房予算課    電話    03-3502-8111(内線3164)

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/j/budget/2014/index.html[農林水産省へリンク]

ページトップへ

 「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録決定!

    12月4日(水曜日)、アゼルバイジャン共和国・バクーで開催された、ユネスコ無形文化遺産保護条約の第8回政府間委員会において、日本が無形文化遺産に登録申請していた「和食;日本人の伝統的な食文化」の登録が決定されました。

    「和食」は、私たち日本人の「自然を尊重する」こころが育んできた、大切な食文化です。

    今回の登録決定をきっかけとして、私たちみんなが日本食文化について再認識するとともに、日本食文化への関心が継続的なものとなり、次代に向けた保護・継承へとつながるように努めていくことが大切です。

ページトップへ

  農林水産省の名をかたった「なりすまし」メールに御注意ください

    農林水産省の名をかたった、「なりすましメール」に関する情報が寄せられています。

    内容としては、農林水産省の名をかたった被害に係る注意喚起を装い、メール文中のリンクから関係のないウェブサイトに誘導しようとするものです。

    このメールの内容について、農林水産省は一切関与しておりませんので、受信された場合には、ウイルス感染等を防止するため、メール文中のリンクの閲覧、添付されたメールフォームによる連絡等は行わず、削除していただきますようお願いいたします。

ページトップへ 

1 お知らせ

 年末年始の「食品等の輸出に関する証明書」の発行について

    年末年始12月28日(土曜日)~1月5日(日曜日)の間、当局は閉庁となります。

    この期間の前後は申請が集中し、混雑が予想されますので、年内発行を希望される方は郵便事情も考慮の上、早目の申請をお願いします。

    証明書発行番号について、年明けの発行分より年度更新を行い、証明書発行番号(Declaration Number)の数字部分が変ります。

    2014年に使用する証明書の様式については、NS2641となります (現行2013年は、NS2631)。

    なお、変更後の様式については、12月24日(火曜日)からホームページに掲載する予定です。

問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課    海外展開支援係    電話    075-414-9024

ページトップへ

 米粉パン等製造技術講習会の開催案内について

    水田を有効活用し食料自給率の向上を図るため、近畿農政局では近畿米粉食品普及推進協議会と連携し、米粉利用の推進に取り組んでいます。

    この度、近畿米粉食品普及推進協議会では、米粉パン等の製造技術の普及とその販売店の増加を図るため、パン製造・販売業、農産物加工業等の食品製造者を対象とした「米粉パン等製造技術講習会」を開催しますので御案内します。

開催日時・場所

(1) 平成26年2月6日(木曜日)11時00分~16時00分    カネカ食品販売(株)大阪支店(大阪府摂津市鳥飼西5-1-8)

(2) 平成26年2月7日(金曜日)11時00分~16時00分    (株)木下商店(京都府京都市南区東九条西明田町49番地)

(3) 平成26年2月8日 (土曜日)11時00分~16時00分    戸倉商事(株)栗東工場・研修所(滋賀県栗東市東坂53 -16)

 講師    大西邦廣氏(近畿米粉食品普及推進協議会技術部副部長)

 内容

(1) 調理実習:新しいレシピ提案による米粉パン・ケーキ等の調理実習

(2) 講話:米粉パン等の特徴と作り方

募集人員

(1)平成26年2月6日(木曜日)36名

(2)平成26年2月7日(金曜日)36名

(3)平成26年2月8日(土曜日)30名

参加費    2,000円(食材費等)

申込方法

「米粉パン製造技術講習会」開催チラシ(参加申込書)により、近畿米粉食品普及推進協議会事務局までお申込みください。

(電話 075-662-2289・FAX 075-662-2289 E-mail:info@riceflour.jp)へ

主催:近畿米粉食品普及推進協議会、(公社)米穀安定供給確保支援機構

後援:近畿農政局

問い合わせ先

生産部生産振興課    電話    075-414-9021

ページトップへ

2.消費者の部屋

 近畿農政局「消費者の部屋」12~1月展示(食品表示)のご案内

    皆さんは食品を購入される時、何を基準に選ばれていますか?お店等で販売されている様々な食品には、「原産地」や「原材料」などの情報が表示されています。また、飲食店等で提供されるご飯もお米の産地情報がわかるようになっています。

    今回の展示では、皆さんが知りたい食品の情報を、正確でわかりやすく表示、伝達するために定められたJAS法と米トレーサビリティ法に基づく表示についてご紹介します。

テーマ    お役に立ちます食品表示    ~JAS法・米トレーサビリティ法~

期間    12月16日(月曜日) ~平成26年1月15日(水曜日)    (土・日曜日、祝日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

場所    近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」    (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容

パネル展示とパンフレットの配付

生鮮食品・加工食品の表示

食品の期限表示

食品表示110番

米の産地情報の伝達 など

問い合わせ先

消費・安全部消費生活課       電話    075-414-9761

消費・安全部表示・規格課    電話    075-414-9082

消費・安全部流通監視課      電話    075-414-9731

 「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します

    和歌山地域センターでは、下記の場所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けします。

日時:12月19日(木曜日) 9時 ~ 15時

場所:JA紀の里 めっけもん広場(紀の川市豊田56 - 3)

問い合わせ先

和歌山地域センター    消費・安全グループ    電話    073-436-3857

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/wakayama/info/heya.html

ページトップへ

3.統計情報

 平成25年産水稲の収穫量(近畿)

調査結果の概要

    近畿における平成25年産水稲の10a当たり収量は518kg(作況指数102)、収穫量(子実用)は56万7,200t(前年産対比101%)となりました。

    また、主食用作付面積に10a当たり収量を乗じた収穫量(主食用)は55万4,000tなりました。

問い合わせ先

統計部生産流通消費統計課    電話    075-414-9650

ページトップへ

 農業経営統計調査 平成24年産米生産費(近畿)

調査結果の概要

    近畿における平成24年産米の10a当たり全算入生産費は16万7,359円で、前年産に比べ1.5%増加、60kg当たり全算入生産費は2万296円で、前年産に比べ0.6%減少しました。

問い合わせ先

統計部経営・構造統計課    電話    075-414-9630

ページトップへ

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
「和食;日本人の伝統的な食文化」が、ユネスコ無形文化遺産への登録
が決まりました。
    観光客が多く訪れる、京都市の「錦市場」でも、アーケードに、お祝
の横断幕が掲げられ、京都料理組合の加盟料理店では、お祝いの提灯が
店頭に掲げられました。
    お正月におせち料理をご家族で囲まれるご家庭もあると思いますが、
和の文化について、この機会に考えられてはいかがでしょうか。

☆配信停止、メールアドレス等変更には

御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。

☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、

http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

 

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、

https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html

までお願いします。

編集・発行:近畿農政局 企画調整室

〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町

電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集