ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.207  2014年1月10日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.207   2014年1月10日

目次

 トピックス

 

1.お知らせ

 

2.消費者の部屋

 

3.統計情報

 トピックス

  

「今般の施策の見直しに関する説明会」の開催及び一般傍聴について

     近畿農政局は、農地中間管理機構、新たな経営所得安定対策、新たな米政策の在り方及び日本型直接支払制度の創設について、地方公共団体及び関係団体等に説明するため、今般の施策の見直しに関する近畿ブロック府県別説明会を開催します。   

 【滋賀県】1月15日(水曜日)

http://www.maff.go.jp/kinki/press/tiiki/siga/140106.html

 【京都府】1月23日(木曜日)

http://www.maff.go.jp/kinki/press/kikaku/140109.html

 【大阪府】1月28日(火曜日)

http://www.maff.go.jp/kinki/press/tiiki/osaka/140110.html

 【兵庫県】1月20日(月曜日)

http://www.maff.go.jp/kinki/press/tiiki/hyogo/140108.html

 【奈良県】1月22日(水曜日)

http://www.maff.go.jp/kinki/press/tiiki/nara/140109.html

 【和歌山県】1月29日(水曜日)開催予定です。    (詳細が決まり次第、公表します。)

 

近畿農政局ホームページ    http://www.maff.go.jp/kinki/index.html

 

 農林水産省の名をかたった「なりすまし」メールに御注意ください

    農林水産省の名をかたった、「なりすましメール」に関する情報が寄せられています。

    内容としては、農林水産省の名をかたった被害に係る注意喚起を装い、メール文中のリンクから関係のないウェブサイトに誘導しようとするものです。

    このメールの内容について、農林水産省は一切関与しておりませんので、受信された場合には、ウイルス感染等を防止するため、メール文中のリンクの閲覧、添付されたメールフォームによる連絡等は行わず、削除していただきますようお願いいたします。

詳しくは、こちら>>>http://www.maff.go.jp/j/kanbo/hyoka/security/spoofing.html [農林水産省へリンク]

ページトップへ

1.お知らせ

 平成26年度競争的資金制度等説明会の開催について

    農林水産研究や産学官連携研究の推進を支援するため、農林水産省の競争的資金制度等を紹介する「平成26年度競争的資金制度等の公募に向けた説明会」を開催します。
 
日時    1月17日(金曜日) 13時15分~17時15分

場所    キャンパスプラザ京都 第2講義室(4階)

(京都市下京区西洞院通塩小路下ル)

交通アクセスhttp://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=585&frmCd=14-3-0-0-0[外部リンク]

プログラム(予定)

対象者

府県、大学、民間企業、独立行政法人等の試験研究や産学官連携等に携わる方(定員150名程度)

申込

参加をご希望の方は、事前に、氏名、連絡先(電話・ファックス)、所属先(団体名等)又は住所(市町村名までで構いません)、個別相談の希望の有無を下記の申込先へファックスまたはメールでお申込みください。

申込先    NPO法人 近畿アグリハイテク 事務局

〒606-0805
 京都市左京区下鴨森本町15 (財)生産開発科学研究所内    ファックス(電話):075-711-1248    e-mail:office@kinkiagri.or.jp

お問い合わせ先

生産部生産技術環境課    電話    075-414-9722

 「農山漁村再生可能エネルギー法に関する説明会」開催のご案内

    この法律は、農林地等の利用調整を適切に行いつつ、農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー発電を促進することにより、農山漁村の活性化を図る枠組みを構築するものです。

    法律の施行は公布の日(平成25年11月22日)から6ヶ月以内となっておりますが、法律の内容についてあらかじめご理解いただくとともに、国の基本方針等の策定に向けて、現場の方々のご意見を伺うため、近畿農政局において説明会を開催します。

日時    1月21日(火曜日)13時30分から16時30分

場所    京都JA会館  5階501号室(京都市南区東九条西山王町1)

定員    150名程度(申込先着順)

内容

対象者

府県担当者、市町村担当者、再生可能エネルギー発電事業者・関連団体、農林漁業関係団体等

申込み方法

1月16日(木曜日)午後5時までに、申込み用紙に必要事項を記入いただき、FAXにてお申込み下さい。FAX:075-414-7345

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課    電話    075-414-9024

 我が国の食文化について

    食文化は、その土地土地の自然と歴史を背景に育まれています。

    我が国では南北に長い海岸線と山がちな地形、モンスーン気候による多雨と明確な四季という自然条件が、地域ごとに多様な食文化を生み出しました。

    このような日本の食文化について概観を説明するとともに、各地の食文化について紹介いたします。

日本の食文化について

    和食ガイドブック:私たちの伝統的な食文化である「和食」について解説した入門書を作成いたしました。

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/index.html [農林水産省へリンク]

 

あなたが伝えたい「和食」の魅力コンテスト

「写真」「川柳」「絵手紙」の3部門で募集しています。

詳しくはこちらhttp://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo02/131227.html [農林水産省へリンク]

ページトップへ

 地域食文化について

     農林水産省では、平成19年度、全国各地の農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味」として、国民的に支持されうる郷土料理を「郷土料理百選」として選定しました。

各県の食文化リンク集

各都道府県庁のウェブサイトで紹介されている食文化・郷土料理についてご紹介します。

【滋賀県】

【京都府】

【大阪府】

【兵庫県】

【奈良県】

【和歌山県】

 

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/index.html [農林水産省へリンク]

ページトップへ

 京都府からのお知らせ(その1)

和食のユネスコ無形文化遺産登録記念企画

     京都府では、和食のユネスコの無形文化遺産登録を記念して、■郷土の和食やその関係者が集まる「きょうと×きょうど料理サミット」、■京都の和食を支えてきた京野菜の魅力を現場でも体感してもらえる「京野菜体験ツアー」を実施します。

きょうと×きょうど料理サミット

日時    平成26年1月18日(土曜日)13時00分~16時30分

場所    大阪ガスディリパ京都    パルホール    (京都市下京区中堂寺粟田町93    七本松五条下る)

内容

(さば寿司、いとこ汁、頭芋の雑煮、ろくと餅、黒豆寿司、てんてら焼き、呉汁、丹後ばら寿司、けんちゃんなど)

基調講演(14時20分~15時20分)

演題    「あるもの探しから始まる食育~わがまちの豊かな食卓をつくろう(仮)」

講師    森    千鶴子(もり    ちづこ)氏(森の新聞社代表)

講師プロフィール

1968年生まれ、福岡県出身。
広告業界でコピーライターとして活躍後、福岡にUターン、『増刊現代農業』記者。農・漁・食の分野で執筆、九州各地で行われている「家庭料理大集合」「食の文化祭」のアドバイザー。

主な著書・雑誌記事等

『竹田読本~まちとむら、農と食を結ぶ~』、西日本新聞社、『大人のための食育入門』(『増刊現代農業』)など

参加対象・参加費・申込方法等

対象     府内にお住まいの方又は通勤、通学されている方    150名(先着順)

参加費    無料

申込方法    要事前申込、締切1月15日(水曜日)まで

「きょうと×きょうど料理サミット参加希望」と明記し、氏名、郵便番号、住所、連絡先(電話・FAX)を記載の上、下記あてにFAXまたはメールでお申込ください。

申込先    京都府農林水産部食の安心・安全推進課

【FAX】075-414-4982 【TEL】075-414-5652

【MAIL】shokuanzen@pref.kyoto.lg.jp

その他

「食」に関する興味あるテーマで新聞記事や資料を切り抜く「京都府食のスクラップコンクール表彰式」は、13時40分~14時10分

詳しくはこちら>>>http://www.pref.kyoto.jp/shokuiku/kyoudoryouri.html [外部リンク]

ページトップへ

 京都府からのお知らせ(その2)

京野菜体験ツアー

    和食と深い関わりを持つ、京野菜の魅力を多くの人に体感してもらい、京野菜ファンになってもらうことをめざして、京野菜を育てる、料理するプロから収穫や調理を「学び」、京野菜を「食べ」、直売所で京野菜などを「買う」ことができる京野菜体験ツアーを以下のとおり実施します。

開催日時・場所・内容

いずれのコースも京都駅八条口発着で日帰り、昼食付き

2月2日(日曜日) 「小松菜・聖護院だいこんコース」(久御山町)

小松菜などの収穫体験

久御山町農産物直売所「旬菜の里」でお買い物

京の食文化ミュージアム あじわい館(京都市)の見学

京野菜マイスター平田宗子氏(きょうと食いく先生)による京野菜を使った料理の実演

ばらずしで丹後をつなぐ会による丹後ばらずし講習

2月11日(火・祝) 「えびいもコース」(京田辺市)

普賢寺ふれあいの駅農産物直売所でお買い物

料理研究家 杉本節子氏(きょうと食いく先生)によるえびいもを使ったおばんざい料理講習

えびいも収穫

京の食文化ミュージアム あじわい館の見学

2月16日(日曜日)    「京みずなコース」(京丹後市)

丹後あじわいの郷で月例祭の見学とお買い物

ばらずしで丹後をつなぐ会による丹後ばらずし講習と京野菜鍋づくり

京みず菜収穫

2月22日(土曜日) 「京みずなコース」(亀岡市)

京みず菜収穫

旬の京野菜提供店『へき亭』で京みず菜を使った巻き寿司など料理講習

JA京都ファーマーズマーケットたわわ朝霧でお買い物

京の食文化ミュージアム あじわい館の見学

3月2日(日曜日) 「花菜コース」(長岡京市)・久御山町

花菜収穫体験

料理研究家 杉本節子氏による花菜などを使った季節の料理講習

久御山町「旬菜の里」でお買い物

京の食文化ミュージアム あじわい館の見学

定員    各コースとも30名(最少催行人員    15名)

参加費用    各コースともお一人    2,980円

申込み方法

開催日の2週間前までに、下記の申込先へ

<申込先>    JTB西日本 団体旅行京都支店

(京都市下京区綾小路通烏丸西入ル童侍者町167   NBF四条烏丸ビル2階)

電話    075(284)0173    FAX    075(284)0153

受付時間    9時30分~17時30分(土日祝日除く)

主催    京都府

後援    公益社団法人京のふるさと産品協会、京都府教育委員会、京都市教育委員会

 

2.消費者の部屋

 近畿農政局「消費者の部屋」1月展示(和食)のご案内

    「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。改めて考えると、「和食」ってなんだろうと思われる方もいらっしゃるのでは?
    今回、パネル展示を通じて「和食」についてご紹介します。
 

テーマ    「和食;日本人の伝統的な食文化」

期間    1月10日(金曜日)~ 1月30日(木曜日)(期間中は終日展示をご覧いただけます。初日は午前10時からとなります。)

場所    京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」    (京都市下京区東塩小路町843-12)

内容    和食に関するパネル展示とパンフレットの配付

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 近畿農政局「消費者の部屋」1月展示(森林フォトコンテスト)のご案内

    森林・里山に暮らす動植物や森林づくり活動、森林環境教育活動などの写真撮影を通じて、森林・里山の現状や役割を多くの人に伝えるため、「身近な森林・里山の動植物や森林と人との関わり」をテーマに写真募集した「森林の調査隊!!フォトコンテスト」の応募作品の中から、一次・最終審査を経て入選した10点の作品をご紹介します。
 

テーマ    身近な森林・里山の動植物や森林と人との関わり  ~森林調査隊!!フォトコンテスト入選作品~

期間    1月16日(木曜日)~ 1月31日(金曜日)8時30分~17時(土・日、祝日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午まで。)

場所    近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」    (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容    パネル・木製品展示

森林の調査隊!!フォトコンテスト入選10作品(1作品=写真3枚1組)の紹介、木製のアクセサリーなど展示

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します

    和歌山地域センターでは、下記の場所で「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けします。

 

日時    1月19日(日曜日) 9時~15時

場所    JA紀の里 めっけもん広場(紀の川市豊田56 - 3)

お問い合わせ先

和歌山地域センター    消費・安全グループ    電話    073-436-3857

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/wakayama/info/heya.html

ページトップへ

 3.統計情報

近畿農業の概要(平成26年1月)

    「近畿農業の概要」は、農林水産省が実施している統計調査や農林水産業に関する統計などの最近のデータを基に、近畿地域における農業の概要等について紹介しているものです。

近畿農業のすがた

近畿農業のうごき

近畿農業の統計指標

用語の説明

近畿農政局の組織と仕事

管内配置図

お問い合わせ先

統計部統計企画課    電話    075-414-9620

☆今号でお知らせする、最新の統計情報はございません。

農林水産省    http://www.maff.go.jp/j/tokei/index.html [農林水産省へリンク]

近畿農政局    http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/index.html

--------------------------------------------------------------------
∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

    新年あけましておめでとうございます。

    本年も近畿アグリレターをご覧いただきありがとうございます。

    今後も、速やかな情報伝達に努めますので、よろしくお願いします。

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

☆配信停止、メールアドレス等変更には

御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。

配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
    ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html
 
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
    ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。

編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集