ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.210 2014年2月28日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.210 2014年2月28日

農林水産省の名をかたった「なりすまし」メールに御注意ください
詳しくは、こちらを御覧ください >>>  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/hyoka/security/spoofing.html

目次

トピックス

 

1.お知らせ

 

2.消費者の部屋

 

3.統計情報

トピックス

 

新たな食料・農業・農村基本計画の検討における国民の皆様の御意見・御要望の募集について

    農林水産省は、平成26年1月28日(火曜日)に食料・農業・農村政策審議会を開催し「食料・農業・農村基本計画」の見直しに向けて審議を開始しました。

    今回、新たな基本計画の検討に当たり、国民の皆様から御意見・御要望を募集します。

お問い合わせ先    企画調整室    電話 075-414-9036    FAX 075-414-9060

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo02/140226.html

 

1.お知らせ

 

新・農業人フェア(大阪会場)の開催について

    3月1日(土曜日)に大阪会館(大阪市中央区)で新・農業人フェアが開催されます。

    新・農業人フェアは、就農希望者や自治体、農業法人等が一堂に会し、相談ブースでお互いの意向を確認したり、セミナーで先輩就農者の体験談を聴くこと等により、農業への関心を具体的な就農に繋げていくための総合就農相談会です。

    「農業のことを知りたい!農業をやってみたい!」と思っている方、少しでも農業に興味がある方は、お気軽にご来場ください。

日時:3月1日(土曜日)10時30分~16時30分(最終入場16時)

場所:大阪会館(大阪市中央区本町4-1-52)入場無料・予約不要

主催株式会社リクルートジョブズ(詳細は次のURLを参照)
http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/

お問い合わせ先
経営・事業支援部経営支援課電話075-414-9055   FAX:075-414-7345

 

「伝統野菜」について学び、その魅力に迫る!~成功事例の紹介と知的財産の保護・活用セミナー~開催のお知らせ

    本セミナーは、皆様の伝統野菜についての理解を深め、その伝統野菜(知的財産)を保護・活用するためのノウハウについても学ぶことができるプログラムとなっております!

地域に埋もれた伝統野菜・食品の普及等推進事業

   本事業は、市場で注目されながらもなかなか流通しない伝統野菜等の認知度の向上を図るとともに、伝統野菜や在来種作物の市場拡大のためにどのような流通経路あるいは販売促進チャネルが適切なのかを分析、検証することを目的とした事業です。

日時    3月7日(金曜日)13時~15時

場所    ぐるなび大阪営業所ぐるなび大学

(大阪市北区梅田三丁目1番地3号ノースゲートビルディング 14F)

テーマ    「近畿地域の伝統野菜の特徴と普及事例」

講師    森下 正博氏

「知らないと大変!知的財産の基礎知識」

講師   特許庁普及支援課産業財産権専門官 川崎 洋右氏

申込み

インターネットによる申込み

https://business.form-mailer.jp/fms/5c2886d630280

FAXによる申込

申込用紙を印刷し、必要事項をご記入の上

お申込みFAX(0120-30-9672:送信料無料)にてお申し込み下さい。

(お申し込みいただいた方には別途受講票を送ります。)

申込み締切    3月3日(月曜日)18時

本セミナーのお問合わせ先
伝統野菜・食品等普及推進事業運営事務局
電話03-3500-9700(9時~18時(土・日・祝日を除く))
担当:プロモーション推進G安達・吉田

お問い合わせ先    経営・事業支援部事業戦略課    電話  075-414-9025

詳しくはこちら(申込用紙はこちらから)
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/dentouyasaiseminar.html

 

近畿地域環境保全型農業推進シンポジウムの開催について

    第19回環境保全型農業推進コンクールにおいて、近畿管内で受賞された農業者又は団体の表彰式を行うとともに、受賞者からの環境保全型農業の先進的な取組事例の発表と生産と流通関係者の連携による生産販売に係る講演等を行います。

日時    3月18日(火曜日)13時20分~17時(受付12時30分から)

場所    ホテルルビノ京都堀川  平安(地下1階)

(京都市上京区東堀川通下長者町)

内容

第19回環境保全型農業推進コンクール表彰式

  • 農事組合法人サンファーム法養寺(滋賀県)
  • てんとうむし畑オーガニックおやさい梅本農場(京都府)
  • 北河内農業協同組合(大阪府)
  • 牛尾武博氏(兵庫県)
  • 農事組合法人古座川ゆず平井の里(和歌山県)

事例発表

1.農事組合法人サンファーム法養寺(滋賀県)

2.牛尾武博氏(兵庫県)

3.農事組合法人古座川ゆず平井の里(和歌山県)

講演

「JAグリーン近江環境こだわり米の取り組みについて」

JAグリーン近江営農事業部 営農企画課課長    今村 和哉 氏

定員    150名程度(定員になり次第締切とさせていただきます。)

申込方法

申込用紙により、近畿農政局生産部生産技術環境課まで郵便又はFAXでお申し込み下さい。

申込期限    3月10日(月曜日)

お問い合わせ先    生産部生産技術環境課    電話  075-414-9722    FAX  075-414-9030

詳しくはこちら(申込用紙はこちらから)
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/kankyo/kankyohozen/25sinpo.html

 

マジごはん by OSAKA “ちゃんと食べよか~”推進プロジェクト   食育ヤングリーダーフォーラムの開催について

    大阪では、産官学連携による「マジごはん計画」推進プロジェクトを立ち上げ、府内の高校生や大学生が地域や学内で行っているさまざまな食育活動を支援しています。

    今年度は、その活動発表会と食育に関する講演会を行います。

日時    3月24日(月曜日)13時~16時30分(開場12時)

場所    相愛学園本町学舎講堂(大阪市中央区本町4-1-23)

第1部

食育ヤングリーダー育成支援事業参加校の活動発表会 「めざせ!!食育ヤングリーダー」

第2部

講演:「五感とこころで食を意識し、行動するための食育」

学習院女子大学国際文化交流学部

日本文化学科・環境教育センター教授  品川   明  氏

第3部

食育ヤングリーダー育成支援事業表彰式

主催    大阪府、相愛大学、近畿農政局大阪地域センター

参加費    無料

定員    300名(定員となり次第締切とさせていただきます。)

申込方法

申込用紙により、近畿農政局大阪地域センター消費・安全グループまでFax(郵便可)でお申し込み下さい。

申込期限   3月19日(水曜日)

お問い合わせ先    近畿農政局大阪地域センター    消費・安全グループ    電話  06-6943-9691    Fax  06-6941-9011

詳しくはこちら(申込用紙はこちらから)
http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/osaka/20140224_majigohan.html

 

地域活動促進事業について

    地域ぐるみでの農作業安全活動を自立的で継続的に実践する体制の整備を促進するため、都道府県段階または市町村段階に設置される農作業安全推進協議会の取組を支援します。
 

農作業安全推進協議会の取組内容

本事業の取組は次のとおりとします。ただし、助成の対象は2及び4の取組になりますのでご留意ください。

1.農作業安全推進計画の策定

現状の把握・認識、目標や取組内容の設定

2.安全研修実施体制の整備

推進コーディネーター(都道府県段階)及び推進リーダー(市町村段階)の育成(研修会等への派遣)

3.広報活動の実施

チラシやHP等を活用して農作業事故防止に係る情報を提供

4.研修会等の開催

農業者を対象とした事故事例に基づいた研修や安全な作業環境整備(農道・路肩等における危険箇所への看板・ポール設置、ほ場進入路の拡大・緩斜面化等)に係る講習等を実施

公募期間   2月18日(火曜日)~3月11日(火曜日)

提出先・担当窓口

〒602-8054

京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町(京都農林水産総合庁舎)

近畿農政局 生産部生産技術環境課 資材対策係

お問い合わせ先  生産部生産技術環境課    電話  075-414-9722    FAX  075-414-9030

 

近畿地域の優良取組事例(畜産分野)のご紹介 (平成26年2月現在)

    近畿地域の畜産分野における先進事例や優良取り組み事例などを随時紹介しています。

お問い合わせ先    生産部畜産課    電話  075-414-9022

 

近畿管内のブランド牛肉紹介

    近畿地域は、昔から東日本や九州に比べ、牛肉食文化が発達した地域だと言われています。

    総務省家計調査においては、毎年、牛肉購入量、額ともに軒並み上位にランクインするほどです。

    各府県において地域色豊かなブランド牛肉を生産振興していますのでご紹介します。

近畿管内のブランド牛一覧

滋賀県:近江牛

京都府:亀岡牛、京都肉、京の肉

大阪府:大阪ウメビーフ

兵庫県:但馬牛・但馬ビーフ、神戸ビーフ・神戸牛・ 神戸肉、湯村温泉但馬ビーフ、本場但馬牛、黒田庄和牛、加古川和牛、淡路ビーフ、丹波篠山牛、三田肉・三田牛、神戸ワインビーフ、姫路和牛

奈良県:大和牛

和歌山県:熊野牛

お問い合わせ先   生産部畜産課   電話   075-414-9022

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/chikusan/syouhikakudai/beefbrand/syoukai.html

 

2.消費者の部屋

 

「移動消費者の部屋」(和歌山)を開設します

    和歌山地域センターでは、「移動消費者の部屋」を開設し、消費者の皆様からの食に関する様々な相談をお受けします。

場所    JA紀の里 めっけもん広場(紀の川市豊田56 -3)

日時    3月19日(水曜日) 9時 ~ 15時

お問い合わせ先   和歌山地域センター   電話  073-436-3857

詳しくはこちら>>>http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/wakayama/info/heya.html

 

3.統計情報

農林水産省    http://www.maff.go.jp/j/tokei/index.html

近畿農政局    http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/index.html

(全国)

2月18日 平成24年林業産出額

2月18日 平成25年産こんにゃくいもの栽培・収穫面積及び収穫量(主産県)

2月18日 平成25年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量
--------------------------------------------------------------------
∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
   2月14日の大雪は、近畿管内でも農業用ハウスの倒壊など多大な被害が
発生しました。被災農業者の方には心よりお見舞い申し上げます。
   農政局としても、支援対策の円滑な実施に努めてまいります。

    今冬の豪雪関係について(農林水産省にリンク)
http://www.maff.go.jp/j/saigai/

☆配信停止、メールアドレス等変更には

御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。

☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、

http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、

https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。

編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集