ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.216  2014年5月23日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.216  2014年5月23日

目次

トピックス

1.お知らせ

2.消費者の部屋

3.統計情報

トピックス

 

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の選定結果について 


    内閣官房及び農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例として、全国で23地区を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定しました。
  近畿農政局管内からは次の3地区が「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定されました。

 

 

お問い合わせ先
農村計画部農村振興課   電話   075-414-9050

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keikaku/nousonshinkou/140519.html

 

1. お知らせ

 

農山漁村再生可能エネルギー法が施行されました 

 

   「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律」(農山漁村再生可能エネルギー法)が成立し、平成26年5月1日に施行されました。また、この法律に基づく「国による基本方針(省令)」が 5月16日に施行されました。


   この法律は、農山漁村における再生可能エネルギー発電設備の整備について、農林漁業上の土地利用等との調整を適正に行うとともに、地域の農林漁業の健全な発展に資する取組を併せて行うこととすることにより、農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー発電を促進し、農山漁村の活性化を図るものです。

  

お問い合わせ先
経営・事業支援部 事業戦略課   電話   075-414-9024

 

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/houritu.html

 

平成26年度インターンシップのお知らせ 

 

   近畿農政局では、学生が近畿農政局の実際の行政事務に接することにより、学習意欲を喚起し、高い職業意識を育成するとともに、農林水産業、農山漁村及び農林水産行政に対する理解を深めてもらうことを目的としてインターンシップを実施します。

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/soumu/jinji/internship/index.html

 

食育セミナー「食育の根っこについて考える」開催のご案内 

 

   大津地域センターでは、地域で「食」に関する考え方を育てることに取り組まれている方を対象に、私たちが心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができる地域のあり方についてのセミナーを開催します。

日時:平成26年6月19日(木曜日)13時30分~16時20分
会場:ピアザ淡海(滋賀県立県民交流センターピアザホール)
定員:300名(応募多数の場合は先着順とさせていただきます。)
 
セミナー内容
1. 講演 「生き生きと暮らすための地域の食育のあり方について」
               結城 登美雄 氏 (民俗研究家、東北大学大学院非常勤講師)

2. 報告 「滋賀の伝統的な料理を活用した食事バランスガイドについて」
               久保 加織 氏 (滋賀大学教育学部教授)


お問い合わせ先
大津地域センター   消費・安全グループ 電話   077-522-4269

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/siga/2605_syokuikusemina.html

 

  2.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」5~6月展示(牛乳・乳製品)のご案内 

 

   現代の豊かな日本の食生活の中で、唯一、摂取量が不足しているといわれているカルシウムは、人間にとって様々な役割を持つ大切な栄養素です。
  カルシウムを含む食品には、牛乳、魚、海藻、大豆や野菜などがありますが、その中でも牛乳は、カルシウムの吸収率がとても高く、そのまま摂取できる手軽さもあります。
  それら食材間のカルシウムの違いと体内への吸収率等を比較し、無理なく上手にカルシウムを摂取できる方法を提案します。

 

テーマ:「牛乳・乳製品を食卓へ ~カルシウム不足を解消しましょう!~ 」

 

内容:パネル展示と小冊子等の配布
            ・食材別カルシウム量と吸収率の比較
            ・カルシウムの吸収をアップする食材の組み合わせ
            ・牛乳の最新研究
            ・牛乳・乳製品を使ったレシピ など

 

場所:京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」  (京都市下京区東塩小路町843-12)

 

期間:平成26年5月30日(金曜日)~6月12日(木曜日)
(期間中は終日展示をご覧いただけます。初日は午前10時からとなります。)

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課   電話   075-414-9761


詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/140516.html

  

 3.統計情報

 

平成25年産みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量(和歌山県) 



統計結果の概要
収穫量は16万8,900t、出荷量は15万4,200tで、前の表年である23年産に比べてそれぞれ1万2,900t(7%)、1万300t(6%)減少しました。

 

 お問い合わせ先
近畿農政局和歌山地域センター 農政推進グループ   電話073-436-3834

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/tiiki/wakayama/140513.html

 

平成26年度 農林水産統計公表予定及び公表結果 

 

(全国)
食料・農業・農村及び水産業・水産物に関する意識・意向調査
平成25年産みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量
平成25年産りんごの結果樹面積、収穫量及び出荷量

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2014.html


∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

   最近日差しが強くなり、少し歩いただけでも汗ばんでくるようになってき
ました。
   これから日増しに暑くなってきますが、新緑の中、風を感じながら歩いて
みようと思います。皆さんもいかがでしょうか?

 

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
   ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集