ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.222  2014年8月22日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.222  2014年8月22日

この度の大雨により、被害に見舞われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

目次

1.農政の動き

2.お知らせ

3.消費者の部屋

4.統計情報

 

1.農政の動き

 

ジュニア農林水産白書について 

 

ジュニア農林水産白書が、農林水産省HPで公表されました。
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_junior/h26/index.html 

2. お知らせ

 

「日本食文化メッセンジャー」第2回ツアーの開催について 

 

   日本食文化に関して、外国人、特に情報発信力に優れた若者に日本文化の魅力を理解してもらうことは、日本食及び食材の海外普及にとって重要です。
   近畿農政局では、外国人留学生等に日本の食文化に接する機会を提供し、その魅力をFacebook等を用いて国内外へ情報発信してもらう取組「日本食文化メッセンジャー」を進めています。
   この度、第2回ツアーとして8月23日(土曜日)「日本食文化メッセンジャー」の登録者(今回は20歳以上の登録者)により「日本酒」をテーマに開催することとなりました。招徳酒造株式会社、月桂冠株式会社 大倉記念館の両社を訪問し、日本酒ができるまでの工程や歴史、製造工程の違いによる味と香りの関係、杜氏(とうじ)の役割などを学びます。

お問い合わせ先
企画調整室 電話 075-414-9036

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/kikaku/140821.html  

  

平成26年8月15日からの大雨に係る災害に対する金融上の措置について 

 

   今回の平成26年8月15日からの大雨により災害救助法が適用された京都府福知山市及び兵庫県丹波市内の災害の被災者に対し、通帳、印鑑等を紛失した場合でも貯金者であることを確認して払戻しに応じる等の適切な措置を講じるよう京都府及び兵庫県下の農協系統組織に対し、8月18日に要請しましたのでお知らせします。
   なお、今後、災害救助法の適用地域が追加された場合においても、同様に指導するよう要請しましたので、お知らせします。

お問い合わせ先
総務部検査課 電話 075-414-9015

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/soumu/kensa/140818.html 

 

平成26年度食品事業者表示適正化技術講座の開催について 

 

   近畿農政局では食品の製造業者、流通(小売・卸・輸入)業者を対象とした「食品事業者表示適正化技術講座」を近畿地域において開催することとし、参加者の募集を行っています。

内容
      ・食品表示に関する法制度及び生鮮食品の表示について
      ・加工食品の表示について
      ・米トレーサビリティ制度について
      ・コンプライアンスの推進について

なお、参加者を対象とした効果測定を、講座実施の一定期間後に実施します。

開催日程・場所 (お近くの会場リンクより、詳細及び申込みページへ。)

・10月16日(木曜日) 大津市 大津びわ湖合同庁舎1 階共用会議室1
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26otsu.html 

・10月29日(水曜日) 京都市 キャンパスプラザ京都4 階第3 講義室
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26kyoto.html 

・10月30日(木曜日) 豊岡市 豊岡市民会館3 階ギャラリー
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26toyooka.html 

・11月5日(水曜日) 姫路市 姫路労働会館1 階第5 会議室
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26himeji.html 

・11月12日(水曜日) 東近江市 東近江地域センター1 階会議室
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26higashioumi.html 

・11月20日(木曜日) 神戸市 神戸地方合同庁舎1 階第4 共用会議室
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26kobe.html 

・12月8日(月曜日) 奈良市 奈良第3 地方合同庁舎地下1 階共用会議室
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26nara.html 

・平成27年1月28日(水曜日) 和歌山市 和歌山地方合同庁舎4 階共用会議室
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/26kaizyou/26wakayama.html 

・平成27年1月下旬予定 大阪市 大阪合同庁舎1 号館共用大会議室
※ 大阪会場の開催日については、10月中旬頃お知らせを行う予定です。

参加費用 無料

参加申込みおよび問い合わせ先
      ・参加申込みについては、上記「開催日程・場所」の各会場リンクより「講座への申し込み」(食品事業者表示適正化技術講座の申し込み(web))からお申込みください。
      ・参加申込みの際は、申込締切をご確認ください。(締め切りは各開催日のおおむね1週間前となります。)
      ・お申し込みの受付は先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
      ・各会場ごとの申し込み状況等の確認については、各会場の講座担当者にお問い合わせください。

全般的なお問い合わせ先
消費・安全部表示・規格課 電話 075-414-9082

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/140818.html 

 

「食品トレーサビリティシンポジウム~食品の足あと たどれますか?~」の開催について 

 

   食品トレーサビリティは、食品の安全性等に関わる問題が生じた場合に移動ルートを特定し、遡及・追跡して原因究明や商品回収を円滑に行えるようにする仕組みです。
   この度、近畿農政局では、できるだけ多くの食品事業者に食品トレーサビリティに取り組んでいただけるよう、食品トレーサビリティの役割と必要性に関する講演、取組事例報告等を内容とする「食品トレーサビリティシンポジウム~食品の足あと たどれますか?~」を開催することとしましたので、お知らせします。

日時:平成26年9月30日(火曜日)午後1時30分~午後5時

場所:キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞通塩小路下ル)

対象者:食品事業者、消費者団体、行政関係者等

シンポジウムプログラム
      ◇基調講演
            「なぜ食品トレーサビリティは必要か ~その原理と役割~ 」
            京都大学大学院農学研究科教授 新山陽子氏
      ◇情報提供
            「農林水産省における食品トレーサビリティ推進に向けた取組について」
            農林水産省 消費・安全局 表示・規格課
      ◇取組事例報告
            兵庫県健康福祉部健康局生活衛生課 中塚 勇二氏
            京都生活協同組合 佐々木 裕司氏
            ヤマサ蒲鉾株式会社 黒田 信行氏
            堺共同漬物株式会社 瀬田 孝恒氏
      ◇パネルディスカッション
            テーマ: 「食品トレーサビリティの普及・定着に向けた課題と対応」
            コーディネーター:新山 陽子氏
            パネラー:取組事例報告者及び農林水産省担当官

定員:150名

入場料:無料

申込方法
   下記アドレスの食品トレーサビリティシンポジウム開催案内チラシの裏面にある申込書に必要事項を記入の上、9月20日までにファクシミリ等にてお申し込み下さい。

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課   電話   075-414-9771       FAX   075-417-2149

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/140813.html 

  3.消費者の部屋

 

 近畿農政局「消費者の部屋」8~9月展示(植物検疫)のご案内 

 

   植物防疫所では、海外からの病害虫の侵入や日本国内でのまん延を防ぐため、検疫対象となる病害虫やその寄主となる植物の持ち込みを規制し、又は検査することにより、日本の農作物と緑を守っています。
   今回の展示では、海外旅行のおみやげとして植物を持ち帰るときに気をつけることや、沖縄・奄美・小笠原などから一部植物が持ち出せないものがあること等についてご紹介します。

テーマ:植物検疫ってなあに ~農業と緑を守るために~

期間:平成26年8月29日(金曜日)~9月11日(木曜日)9時~17時
(土・日、祝日を除きます。初日は、午前10時半からとなります。)

場所:中京区役所1F「区民ホール」
(京都市中京区西堀川通御池下る西三坊堀川町521)

内容:パネル展示とパンフレットの配布
            ・植物検疫の仕事
            ・国内移動規制の紹介

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課 電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/140813_2.html 

 

近畿農政局「消費者の部屋」8月展示(和の空間の展示)のご案内 

 

   農林水産省は、伝統的な和の文化の良さを国内外にPRし、国産の畳、お茶や木材の需要拡大を積極的に進めるため、農林水産省近畿農政局の正面玄関ロビーに奈良産等の木材、熊本産の畳表、鳥取産の和紙など国産の材料をふんだんに使った茶室とベンチを展示します。また、あわせて近畿の伝統野菜や茶の入れ方をパネル等でご紹介します。
   ご来庁の皆様に日本文化の良さやおもてなしの心を感じていただければ幸いです。

テーマ:茶室による「和」の空間でおもてなし
             ~野菜、果物、花、お茶の魅力を茶室とともに~

期間:平成26年8月22日(金曜日)~8月29日(金曜日)8時30分~17時
(土・日、祝日を除きます。最終日は正午までとなります。)

場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
(京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容:国産材を使った茶室と園芸特産関係のパネル展示とパンフレットの配布
            ・近畿の伝統野菜に関する情報
            ・茶の入れ方のご紹介 など

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課 電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/140813_1.html 

 4.統計情報

 

 平成26年度 農林水産統計公表予定及び公表結果(全国) 

 

      ・農業経営統計調査 平成25年産大豆生産費(全国)
      ・農業経営統計調査 平成25年産てんさい生産費(全国)
      ・農業経営統計調査 平成25年産原料用かんしょ生産費(全国)
      ・農業経営統計調査 平成25年産原料用ばれいしょ生産費(全国)
      ・農業経営統計調査 平成25年産そば生産費(全国)
      ・農業経営統計調査 平成25年産さとうきび生産費(全国)
      ・平成26年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2014.html 

 

 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

   先週はお盆休みという方も多かったのではないでしょうか?
   そういえば、お盆のお供え物と一緒にキュウリで作った馬と、ナスで作った
牛が並べられているところもありますね。キュウリで作った馬は、あの世から
一刻も早く帰ってきて欲しいとの願いから、ナスで作った牛は、あの世に少し
でもゆっくり戻って欲しいとの願いが込められていると言われているそうです。 

 

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
   ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集