ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.231  2015年1月9日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.231  2015年1月9日

 

目次

1.お知らせ

2.消費者の部屋

3.統計情報  

 

1. お知らせ

 

国内産農産物の銘柄設定等の申請に係る意見聴取会の結果について 

 

    農産物検査に関する基本要領(平成21年5月29日付け21総食第213号総合食料局長通知)及び国内産農産物銘柄設定等申請手続マニュアルに基づき、近畿農政局管内における平成27年産国内産農産物の銘柄設定等の申請に係る意見聴取会を開催しました。
    各府県の意見聴取会の議事要旨を整理していますのでご覧下さい。

お問い合わせ先
生産部生産振興課 電話 075-414-9021

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/syokuryo/syouhiryutsu/komekensa/meigarasetteiketuka.html      

ページトップへ 

広報誌「ムーブ南畿」Vol.34を発行しました 

 

主な内容
    特集1  地域活性化の先進的な取組
        色川地域振興推進委員会
        古座川ゆず平井の里
    農政情報
        国土強靭化基本計画
        インフラ長寿命化計画(行動計画)
        農地中間管理事業による農地集積
    特集2  農業水利施設の管理
        六箇井土地改良区
    事務所トピックス
        国交省・大滝ダムと連携した利水管理
    トピックス
        全国豊かな海づくり大会 ~やまと~
        世界農業遺産認定目指す「みなべ・田辺の梅システム」

お問い合わせ先
南近畿土地改良調査管理事務所 電話 0747-52-2791

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/kokuei/minami-kinki/minami-kinki06.html         

ページトップへ 

「和食道(WASHOKU-DO) The World Japanese Cuisine Show」の開催について 

 

    農林水産省は、和食を世界に広め、次世代へ継承することを目的に、平成27年1月30日(金曜日)から2月1日(日曜日)までの間、京都市において、本場の和食を知り、学び、理解を深める場として、「和食道(WASHOKU-DO)The World Japanese Cuisine Show」を開催します。

    「和食道(WASHOKU-DO) The World Japanese Cuisine Show」では、外国人料理人が日本料理の技術を競う日本料理コンペティション「和食ワールドチャレンジ2015」、日本を代表する料理人・食文化有識者と世界の料理人・食文化有識者が和食の伝統や最先端の発想・技術について講演・意見交換を行う「和食シンポジウム」を開催します。また、農林水産省が主催するイベントのほか、平成27年1月31日及び2月1日に、主に一般消費者を対象として、和食文化を総合的に学習・体験できるイベント、京野菜に関する街頭イベント、京都市内のレストランとの連携イベント等を「和食道(WASHOKU-DO) TheWorld Japanese Cuisine Show」の共催者である京都府、京都市等の主催によるイベントも開催します。イベントの詳細については、下記URLをご確認ください。

日時:平成27年1月30日(金曜日)~2月1日(日曜日)

場所:京都市・京都市勧業館「みやこめっせ」等

詳しくはこちら
http://washoku-do.jp/ 

農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/141113.html 

ページトップへ

 

  2.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」1月展示(再生可能エネルギー)のご案内 

 

    私たちの身の回りには、森林等のバイオマス、水、土地、風、地熱などの資源が豊富に存在しています。これらは自然によって絶えず再生・供給され、環境にやさしいエネルギー源といえます。農山漁村において、これらの資源を農林漁業と調和をとりながら、積極的に活用することで、地域の活性化につながる様々な効果が期待できます。
    今回の「消費者の部屋」では、近畿で取り組まれている先進的な事例などをご紹介します。

テーマ:農山漁村が元気になる!
              ~再生可能エネルギー~

期間:平成27年1月19日(月曜日)~1月30日(金曜日) 8時30分~17時
         (土・日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
         (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容:パネル展示とパンフレットの配布
               農山漁村再生可能エネルギー法等に関する情報
               農山漁村における再生可能エネルギーの取組

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課 電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/150108_1.html 

ページトップへ

 

 近畿農政局「消費者の部屋」1月展示(食品表示)のご案内 

 

    消費者の皆様が購入するいろいろな食品(生鮮食品や加工食品等)には、それぞれのルールに従い、「原材料名」や「原産地」などの表示が義務づけられています。
    また、飲食店等で提供されるご飯類についても、お米の産地情報の伝達が義務づけられています。
    今回の展示では、パネルの展示やパンフレットを通じて、消費者の皆様に知っておいていただきたい食品の表示や、お米の産地情報の伝達についてご紹介します。

テーマ:チェックしましょう!食品表示
             ~JAS法と米トレーサビリティ法~

期間:平成27年1月16日(金曜日)~1月22日(木曜日)
         (期間中は終日展示をご覧いただけます。初日は、午前10時からとなります。)

場所:京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」
         (京都市下京区東塩小路町843-12)

内容:パネル展示とパンフレットの配布
               生鮮食品、加工食品の表示
               食品表示110番
               米の産地情報の伝達

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課 電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/150108.html 
     

ページトップへ 

 3.統計情報

 

 平成26年度 農林水産統計公表予定及び公表結果 

          

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2014.html    

ページトップへ 

  

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

    新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
    今日、1月9日は「とんちの日」だそうです。とんちで有名な一休さん(一休
宗純)から「いっ(1)きゅう(9)」の語呂合わせだそうです。
    行政は「とんち」で乗り切るというわけにはいきませんが、窮地に発想の
転換をする姿勢は見習いたいものです。 

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
   ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集