ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.246  2015年8月14日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.246  2015年8月14日

 

目次

1.お知らせ

2.消費者の部屋

3.統計情報  

 

1.お知らせ

 

平成26年度食料自給率等、平成25年度都道府県別食料自給率、平成26年度食料自給力指標を公表しました 

 

【カロリーベース食料自給率】

平成26年度においては、前年度と同率の39%になりました。

 

【生産額ベース食料自給率】

平成26年度においては、前年度から1ポイント減少の64%になりました。

 

詳しくはこちら

平成26年度食料自給率等

 

平成25年度都道府県別食料自給率

 

平成26年度食料自給力指標

 

ページトップへ

 

「食と防災シンポジウム2015」の開催について 

 

    災害から個人や家族、地域を守るためには、私たち一人ひとりが災害への認識を深め、備えを強化することが重要です。
    そこで、9月の「防災月間」に食と防災の視点から、自助(個人)、共助(地域、大学)、公助(行政、病院)の必要性について理解を深めるため、このシンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

 

日時:平成27年9月7日(月曜日)13時20分~16時10分(開場12時30分)

 

場所:相愛学園本町学舎講堂 (大阪市中央区本町4-1-23)

 

内容

〇講演(13時30分~14時30分)

「メディアから見た防災現場のルポや新しい食」

読売テレビ報道局解説委員      高岡 達之    氏

 

〇パネルディスカッション(14時40分~16時10分)

テーマ「地域との共助を考える」

【パネリスト】

   「災害時の応援体制を普段の取り組みより考える」

大阪赤十字病院    栄養係長      伊藤 大翼    氏

   「今、子どもを守る防災とは」

相愛大学客員教授、農林水産技術会議委員      坂本 廣子    氏

【コメンテーター】

大阪青山大学健康科学部教授、(公社)大阪府栄養士会会長      藤原 政嘉    氏

【コーディネーター】

相愛大学人間発達学部教授、大阪府立大学名誉教授      宮谷 秀一    氏

 

〇展示コーナー(12時30分~16時10分)

   地域と連携した食と防災      大阪府保健所栄養士

   大阪産(もん)の紹介   大阪府環境農林水産部

   見てわかる実践台所防災      坂本 廣子    氏

   若い仲間に伝えたい!食と防災

相愛大学人間発達学部発達栄養学科[管理栄養士養成課程]

 

定員:400名(申込みは先着順とさせていただきます。)

 

参加費:無料

 

申込方法

    下記アドレスの「食と防災シンポジウム2015チラシ」裏面の申込用紙に必要事項を記入の上、近畿農政局大阪地域センター消費・安全グループへファックスでお申し込みください。

近畿農政局大阪地域センター消費・安全グループ FAX:06-6941-9011

 

申込期限:平成27年9月2日(水曜日)

 

シンポジウムに関するお問い合わせ先

大阪府健康医療部保健医療室健康づくり課

TEL 06-6941-0351(代)内線2548

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/osaka/201597syokutobouai.html

 

ページトップへ

 

食育シンポジウムの開催について     『食のちからを語り、みんなで考えよう~食のトークセッションin大阪~』(再掲) 

 

    食について学ぶ、体験する、実践することはもとより、「語り・伝える」ことが、健康的な食生活や食文化を広め次世代に残していくためには大切です。このため、「探偵ナイトスクープ」医学担当、「おはよう朝日です」などでおなじみの谷 均史医師をはじめ、各分野でご活躍の方々を迎え、様々な視点から、食について「伝えたいこと」「語り・伝えていくために大切なこと」を語り、考える食育シンポジウムを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

 

日時:平成27年8月25日(火曜日)13時15分~16時15分(受付開始12時45分~)

 

場所:大阪ガス(株)本社ビル3階ホール

(大阪市中央区平野町4-1-2)

 

内容:

【基調講演】

「心が元気になる食事」~脳科学からみた食と心の関係~

淀川キリスト教病院医師      谷 均史    氏

 

【パネルディスカッション】

「食を語り、伝えていくために」

パネリスト

淀川キリスト教病院医師      谷 均史    氏

シニア野菜ソムリエ      江草 聡美    氏

大阪ガスエネルギー・文化研究所研究員      山下 満智子    氏 

料理研究家      西村 秋保    氏

コーディネーター

近畿農政局消費・安全部長      石場 裕

 

定員:200名(先着順)

    定員になり次第締め切らせていただきます。(定員を超えたため参加いただけない場合のみ、こちらから連絡させていただきます。)

 

参加費:無料

 

申込方法:

    下記アドレスの「食育シンポジウムチラシ」の参加申込書に必要事項を記入の上、8月18日(火曜日)までに近畿農政局消費・安全部消費生活課までファックスでお申し込みいただくか、WEBによりお申し込み下さい。 
 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9771      FAX    075-417-2149

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/150722.html   

ページトップへ

 

 

  2.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」8~9月展示(野菜、果物、花、お茶)のご案内 

 

    野菜、果物、花、お茶は、私たちが元気になる様々な力を持っています。
    そんな野菜、果物、花、お茶などの伝統的な園芸作物の効能や手軽な楽しみ方を紹介します。

 

テーマ:夏バテしていませんか ~野菜、果物、花、お茶の魅力~

 

期間:平成27年8月21日(金曜日)~9月3日(木曜日)

(期間中は終日展示をご覧いただけます。初日は午前10時からとなります。)

 

場所:京都中央郵便局ATMコーナー「展示ギャラリー」

(京都市下京区東塩小路町 843-12)

 

内容:パネルとパンフレットの展示

夏の元気は野菜から

果物の機能性

フラワーアレンジメント

お茶のおいしい入れ方

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/150811.html

 

ページトップへ

 

近畿農政局「消費者の部屋」8~9月展示(動物検疫)のご案内 

 

    動物検疫は、口蹄疫や鳥インフルエンザなどの動物の病気の侵入を防ぐために世界各国で行われている制度です。海外旅行のお土産選びやペットを連れて海外に行く場合などに必ずチェックすべきことを知っていただくため、動物・肉製品等の輸出入検疫制度及び動物検疫所の活動をパネルやパンフレットでご紹介します。

 

テーマ:ご存じですか?動物検疫!

~海外に行く前に確認を~

 

期間:平成27年8月21日(金曜日)~9月3日(木曜日)9時~17時

(土、日を除きます。初日は午前10時30分からとなります。)

 

場所:中京区役所1F「区民ホール」

(京都市中京区西堀川通御池下る西三坊堀川町 521)

 

内容:パネルとパンフレットの展示

海外で畜産物のお土産を買っても大丈夫?

ペットを連れて海外に行くにはどうするの?

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/150807.html

 

ページトップへ

 

近畿農政局「消費者の部屋」8月展示(フード・アクション・ニッポン)のご案内 

 

    日本のカロリーベース食料自給率は、わずか39%にすぎません。これは、先進諸国の中でも著しく低いものです。このような中で、食との関わりや食料自給率向上につなげる国民運動「フード・アクション・ニッポン」の取組が行われていることをご存じですか。
    今回は、各種取組や食料自給率の向上に寄与する事例を表彰する「フード・アクション・ニッポン・アワード2015」応募のご案内と昨年度受賞された取組を紹介します。

 

テーマ:食料自給率・自給力の向上

~あなたのアクションが未来につながります!フード・アクション・ニッポン~

 

期間:平成27年8月18日(火曜日)~8月31日(月曜日)8時30分~17時

(土・日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

 

場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」

(京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町)

 

内容:パネルとパンフレット等の展示

フード・アクション・ニッポンの各種取組に関する情報

アワード2015の応募案内と昨年度の受賞取組事例の紹介

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/150807_1.html

 

ページトップへ

 

 

3.統計情報

 

 平成27年度 農林水産統計公表予定及び公表結果 

          

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2015.html      

ページトップへ 

  

 


 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

    7月30日、31日に「夏休み子ども消費者の部屋」を開催し、今年もたくさん
の方で賑わいました。
    各コーナーでは、楽しそうな子どもたちの笑顔や、ジオラマづくりに真剣な
眼差しで取り組んでいる姿が印象的でした。
    ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

 

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
   ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集