ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.257  2016年1月22日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.257  2016年1月22日

 

目次

1.お知らせ

2.消費者の部屋

3.統計情報

  

1.お知らせ

 

1月・2月・3月は花を贈るチャンスがいっぱい! 

 

    全国の花き業界関係者で組織されている一般社団法人花の国日本協議会では、農林水産省の後援により、花きの新たな需要拡大を目指して、男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝えあう新しいバレンタインデーの在り方として「フラワーバレンタイン」を推進しています。
    今年は、1月31日の「愛妻の日」、2月14日の「バレンタインデー」、3月14日の「ホワイトデー」を「3 LOVE STORIES」と称し、花贈りの大きなチャンスとして男性の花贈りを応援しています。
    男性の皆さん、この機会に大切なパートナーやご両親に、日頃伝えられない思いや感謝の気持ちを「花」に込めて、贈ってみてはいかがでしょうか。

 

詳細は下記ホームページをご覧下さい。

http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/engeitokusan/hana/flowervalentine.html

 

ページトップへ

 

 

EUによる日本産食品の輸入規制の緩和について 

 

    EUによる日本産食品の輸入規制の緩和について、欧州委員会は、日本産食品等の輸入規制に係る改正規則を採択し、平成28年1月6日付けで同規則を公布(EUの官報へ告示)しました。
    改正輸入規則は、平成28年1月9日から施行され、同日以降、日本の港(空港)を出発する貨物等から適用されております。
    今回の改正により、全都道府県産の野菜、果実(柿を除く)、畜産物、そば、茶等については、検査証明書及び産地証明書の添付が不要となりました。
    ただし、EFTA諸国(ノルウェー、スイス、リヒテンシュタイン及びアイスランド)については、原則、EUの輸入規制が適用されますが、現在確認中となっております。確認が取れ次第お知らせしますが、それまでは従来の輸入規制及び輸出証明書諸様式が適用されますので、ご注意ください。

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域連携課    輸出証明窓口    電話    075-366-4053

 

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)

http://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/eu_kisei_kanwa/201601.html

ページトップへ

 

 

平成27年度花きに関するセミナーの開催について 

 

    平成26年12月に施行された「花きの振興に関する方針」に基づき、近畿農政局は近畿花き振興協議会と連携し、花き産業及び花きの文化の振興を推進しています。
    このたび、近畿花き振興協議会では、日常生活における花きの活用の促進、花きに関する知識の普及等の推進を図るため、全国花き振興協議会と京都女子大学との共催により、「花きに関するセミナー~Flower Friday伝統文化を活かす町づくり家づくりと花の魅力発見」を開催します。

 

日時:平成28年2月27日(土曜日)11時~17時

 

場所:京都女子大学建学記念館「錦華殿」

         (京都市東山区今熊野北日吉町35)

 

内容:(1)講演会13時30分~15時50分「貴賓室」

  「伝統文化を活かす町づくり家づくり」

講師:京都女子大学家政学部生活造形学科    准教授 井上えり子 氏

  「花の香りの魅力~くらしの中で楽しむ生花の香り」

講師:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構    花き研究所 企画管理室    研究調整役  大久保直美   氏

 

(2)展示会11時~16時「貴賓室」及び「展示ホール」

  京都女子大学生による「くらしの中での花緑の飾り方提案」

  近畿地方で生産されている花・緑の展示

 

(3)花束作り体験16時~17時「展示ホール」

近畿地方の花・緑を使った花束作り体験

 

定員:講演会先着100名、花束作り体験先着30名(講演会の参加が必須となります。)

*定員になり次第締め切らせていただきます。(定員を超えたため参加いただけない場合のみ、こちらから連絡させていただきます。)

 

参加費:無料

 

申込方法:

下記アドレスの参加申込書に必要事項を記入の上、近畿花き振興協議会へFAX(075-451-5337)でお申し込みください。

 

お問い合わせ先

生産部園芸特産課    電話    075-451-9161

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/tokusan/160115.html

ページトップへ

 

 

 

2.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」2月展示・特別セミナー(大学は美味しい!!)のご案内 

 

     『大学は美味しい!!』とは、「『論文』の代わりに、『製品』で食の研究成果を伝える」ことをテーマに、「NPO法人プロジェクト88」が主体となって、全国各地の大学が研究・開発した「食品」を広めていくイベントです。
    今回の特別展示では、大阪大学や奈良女子大学などの研究成果をパネル展示などにより、ご紹介します。また、展示初日には、大阪大学名誉教授・招聘教授 小林 昭雄氏、奈良女子大学教授 高村 仁知氏の両名による特別セミナーも行います。
    皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

テーマ:『大学は美味しい!!』in 近畿農政局

 

期間:平成28年2月15日(月曜日)~ 2月29日(月曜日)8時30分~17時

(土・日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

(2月15日の特別セミナーは、14時から16時となります。)

 

場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」

(2月15日の特別セミナーは、近畿農政局1階第1会議室となります。)

京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町

 

内容:

    パネル等の展示とパンフレットの配布

大阪大学(テラプロジェクトと羽衣国際大学との共同開発によるおからやパンノキを用いた機能性食品について)

奈良女子大学(奈良の伝統食材「大和まな」を用いた商品開発について)

近畿大学 (世界で初の完全養殖マグロの研究について)

立命館大学(土の微生物研究から生まれた日本酒の開発秘話について)

関西大学 (安心・安全な植物由来不凍タンパク質について)

NPO法人 プロジェクト88による『大学は美味しい!!』の取組について

 

    特別セミナー

日時:平成28年2月15日(月曜日) 14時~16時

場所:近畿農政局1階第1会議室

テーマ1:「おさとう」をかしこく活かす

講師:大阪大学名誉教授・招聘教授 小林昭雄先生(一般社団法人テラプロジェクト 理事長)

テーマ2:「地産地消と大学の研究教育」

講師:奈良女子大学研究院生活環境科学系食物栄養学領域教授   高村仁知先生

募集人数:30名程度(先着順)

参加費:無料

申込方法

    下記アドレスの『大学は美味しい!!』in近畿農政局の参加申込書に必要事項を記入の上、2月10日(水曜日)12時(必着)までに近畿農政局消費・安全部消費生活課までFAXでお申し込みいただくか、インターネットでお申し込み下さい。

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761      FAX    075-417-2149

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/160121.html

 

ページトップへ

 

近畿農政局「消費者の部屋」2月展示(牛肉)のご案内 

 

    食生活と健康は密接な関係にあり、動物性食品を適度に取り入れたバランスの良い食生活が、健康の維持・増進につながると言われています。
    しかし、バランスの良い食事とは、年代や生活環境などによってさまざまに異なります。
    牛肉を中心として、世代ごとに体と心の健康をつくる食生活のあり方や、効果的な食品の組み合わせなどをご紹介します。

 

テーマ:こんなとき、食べるなら牛肉でしょ!

~世代ごとに見る、牛肉を取り入れた食生活~

 

期間:平成28年2月1日(月曜日)~2月12日(金曜日)8時30分~17時

(土・日、祝日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

 

場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」

(京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

 

内容:パネル展示とパンフレットの配布

 世代にあった食生活に関する情報

 牛肉の栄養とその役割についての紹介

 牛肉レシピの紹介

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/160119.html

ページトップへ

 

近畿農政局「消費者の部屋」1~2月展示(野菜、果物、花、茶)のご案内 

 

    野菜、果物、花、お茶は、私たちが元気になる様々なパワーを秘めています。
    そんな野菜、果物、花、お茶のパワーを活かしてこの冬を乗り切って頂けるように、効能や手軽な楽しみ方を紹介します。

 

テーマ:野菜・果物・花・お茶パワーで こころもからだもポッカポカ!

 

期間:平成28年1月29日(金曜日)~2月12日(金曜日) 9時~17時

(土・日、祝日を除きます。初日は午前10時からとなります。)

 

場所:左京区役所1F「区民ロビー」

(京都市左京区松ヶ崎堂ノ上町7番地の2)

 

内容:パネル展示とパンフレットの配布

 3 LOVE STORIES(愛妻の日、フラワーバレンタイン、ホワイトデーに花を)の紹介

 暖房ほどほど~お鍋でほかほか~(鍋料理レシピ)の紹介

 果物の選び方と保存法の紹介

 JAPANESE GREEN TEA 日本茶の魅力の紹介

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/160115.html

ページトップへ

 

 

3.統計情報

 

 平成27年度 農林水産統計公表予定及び公表結果 

 

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2015.html      

ページトップへ 

 

 
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

    ここ数日寒さが厳しくなってきました。寒い夜には寄せ鍋、湯豆腐、ちゃ
んこ鍋、おでんやすき焼きなど、熱々の鍋が体を温めてくれます。
    健康のためにも野菜がたっぷりととれ、おいしくて体も温まる鍋。今夜あ
たりおいしい鍋で体も心も温まろうと思います。

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
   ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集