ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.270  2016年8月12日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.270  2016年8月12日

 

目次

1..お知らせ

2.消費者の部屋

3.統計情報

 

  

1.お知らせ

 

平成27年度食料自給率等を公表しました 

 

    農林水産省は、平成27年度食料自給率及び食料自給力指標について公表しました。

 

【カロリーベース食料自給率】

    平成27年度においては、魚介類の国内生産及び自給率の高い米の消費が減少する一方、小麦及びてん菜の国内生産が増加したことから、前年度と同率の39%となりました。

 

【生産額ベース食料自給率】

    平成27年度においては、野菜及び畜産物の国内生産額が増加したことから、前年度から2ポイント上昇の66%となりました。

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/160802.html

 

  

ページトップへ

 

 

「フード・アクション・ニッポン    アワード2016」募集のお知らせ 

 

    国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体等の優れた取組を表彰する「フード・アクション・ニッポン    アワード」の募集が始まりました。
    開催が8回目となる本年度は、「商品部門」に特化し、全国への流通網を持つ大手百貨店、流通、外食事業者等が審査委員となり ”世界に通用する”地域の産品を選定し、作り手の想いとともに魅力的な産品を全国へ情報発信し、各社の販路を通じて消費者に届けていくこととしています。
    皆様から魅力的な産品の多数の応募をお待ちしております。

 

募集締切:平成28年8月31日(水曜日)

 

お問い合わせ先

「フード・アクション・ニッポン    アワード2016」事務局

e-mail:fan_award@syokuryo.jp

 

詳しくは、フード・アクション・ニッポン    アワードのサイトをご覧ください

http://syokuryo.jp/award/

 

 

ページトップへ

 

 

 

「食と防災シンポジウム2016    備えてまっか~! まさかの時の食-V」の開催について 

 

    いつ起こるかわからない災害から個人や家族、地域を守るためには、日ごろから私たち一人ひとりが、災害に対する知識を深め、備えを行っておくことが必要です。そこで、9月の「防災月間」に、防災の中で特に「食」の視点から、自助(個人)、共助(地域、大学)、公助(行政、病院)の災害時における必要性の理解を深める機会としてシンポジウムを開催します。

 

日時:平成28年9月2日(金曜日)13時20分~16時10分(開場12時30分)

 

場所:相愛学園本町学舎講堂(大阪市中央区本町4-1-23)

 

内容

 ◇ 講演

「最近の災害時における避難所等の食環境について」

兵庫県立尼崎総合医療センター    栄養管理部栄養管理課

栄養管理部次長兼栄養管理課長      下浦    佳之    氏

 

  ◇パネルディスカッション

「食の視点で今、もう一度考えよう!自助・共助・公助」

 

  ◇見学コーナー

熊本地震等で活動した災害支援医療緊急車両「JDA-DAT河村号」がやってきます。

 

定員:400名(申し込みは先着順とさせていただきます。)

 

参加費:無料

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域食品課    電話    075-414-9025

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/tiikijoho_osaka.html#syokutobousai0902

 

 

ページトップへ

  

 

 

2.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」8月展示(牛乳・乳製品)のご案内 

 

    牛乳やチーズ、ヨーグルト等の乳製品、アイスクリーム等のスイーツは私たちにとって、とても身近な食品となっています。
    これら牛乳・乳製品等の材料となる「乳」を生産する最近の牧場の仕事や、酪農家自らが牛乳・乳製品等を加工・販売する取組を紹介します。
    また、スーパー等の店頭に様々な種類の"牛乳"が並んでいますが、その違いについても紹介します。


テーマ:「牛を飼って、乳を搾る仕事」

~牛乳等の生産・加工・販売について~

 

期間:平成28年8月22日(月曜日)~8月31日(水曜日)8時30分~17時

(土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 

場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」

(京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

 

内容:パネルとパンフレットの展示

酪農の仕事

京都の酪農家の牛乳・乳製品等の直営店

牛乳・乳飲料等のパック表示例 等

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/160808.html

 

ページトップへ

  

 

近畿農政局「消費者の部屋」8月展示(動物検疫制度)のご案内 

 

    動物検疫は、口蹄疫や鳥インフルエンザ、狂犬病などの動物の病気が国内に侵入することを防止するために設けられている制度です。
    日本は、牛や馬、鶏のヒナなどの動物、肉製品などの畜産物を海外から輸入しています。これらの輸入検査がどのように行われているのかをご紹介します。
    また、旅行者の手荷物に肉製品や果物などの検査対象品が入っているかを嗅ぎ分ける「検疫探知犬」の活動もご紹介します。

 

テーマ:動物検疫制度をご存知ですか?

~家畜伝染病の国内侵入を防止するために~

 

期間:平成28年8月17日(水曜日)~8月31日(水曜日) 8時30分~17時

(土・日を除きます。初日は10時からとなります。)

 

場所:中京区役所1階「区民ホール」

(京都市中京区西堀川通御池下る西三坊堀川町521)

 

内容:パネルの展示とパンフレットの配布

動物検疫の輸入検査制度の紹介

関西国際空港で活躍している「検疫探知犬」の紹介

 

お問い合わせ先 

消費・安全部消費生活課 電話 075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/160803.html

 

ページトップへ

 

 

 

3.統計情報

 

グラフでみる2015年農林業センサスを掲載しました 

 

    農林業センサスの結果を広く活用していただくため、統計データを図表化しました。

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/2015census/graph.html

 

ページトップへ

 

 

 

平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果 

 

前回配信以降公表されたもの

 

詳しくはこちら 
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2016.html

      

ページトップへ 

 

 
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

    7月28日、29日に「夏休み親子見学デー」を開催し、今年もたくさんの方に
ご来場いただきました。
    各コーナーでは、楽しそうな笑顔や、真剣に取り組む眼差の子どもたちで
いっぱいでした。
    暑い中ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
   ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

近畿農政局案内

リンク集