ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 近畿アグリレター  Vol.274  2016年10月14日


ここから本文です。

近畿アグリレター  Vol.274  2016年10月14日

 

目次

1.トピックス

2..お知らせ

3.消費者の部屋

4.統計情報

 

  

1.トピックス

 

地理的表示(GI)の登録について 

 

    農林水産省は、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、10月12日、4産品(三島馬鈴薯、下関ふく、能登志賀ころ柿、十勝川西長いも)の地理的表示(GI)を登録したので、お知らせします。

 

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)

http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bio/161012.html

 

ページトップへ

 

 

平成28年度補正予算(第2号)に係る公共事業の箇所別予算額について 

 

    平成28年度補正予算(第2号)で実施する公共事業の箇所別予算額をとりまとめました。

 

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)

http://www.maff.go.jp/j/budget/kasyo/28hosei2/2016.html 

 

ページトップへ

 

 

 

2.お知らせ

 

『和食の継承について考える交流会』開催について 

 

    ユネスコ無形文化遺産に登録された和食は、海外での評価が高まっている一方で、日本の食生活における存在感が薄れつつあります。 特に若年齢層において脂肪含量の高い洋食系の食事を好む傾向が見られ、こうした状況で子ども達に和食を継承するためには、幼少期に「和食」の基本である「だし」の味覚を形成し、和食に親しむようにすることが重要です。
    今般、 保育園の栄養職員等、子どもとの接触を多く持たれている方々に御参集いただき、このテーマについて考える交流会を開催します。 

 

日時:平成28年11月22日(火曜日)14時30分~16時30分

 

場所:学校法人 大和学園 京都調理師専門学校 4階セミナーホール

(京都市中京区四条通千本角)

 

内容:

和食の保護・継承に係る農林水産省の主な施策について

「天然だし」の引き方実演及び試飲

和食における「だし」の重要性について意見交換

 

定員:100名

定員になり次第締め切らせていただきます。参加申込みは先着順とさせていただきます。


参集範囲:府県担当者、保育園等栄養職員、食育実践者及び食育に関心のある方

 

申し込み方法:

    下記アドレスの『和食の継承について考える交流会』チラシの参加申込書に必要事項を記入の上、平成28年11月15日(火曜日)までに経営・事業支援部地域食品課までFAXでお申込下さい。


お問い合わせ先

経営・事業支援部地域食品課    電話    075-414-9025         FAX    075-414-7345

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/161014.html

  

ページトップへ

 

 

近畿地域農業者セミナーの開催について 

 

    新規就農者、若手農業者等を対象とし農業経営者としての資質・能力を養うとともに、農業者の定着を促進するため「近畿地域農業者セミナー」を開催します。

 

日時:平成28年11月8日(火曜日)13時30分~17時(受付開始12時30分)

 

場所:大阪合同庁舎第1号館第1別館大会議室

(大阪府大阪市中央区大手前1-5-44)

 

対象者及び定員:新規就農者、若手農業者、府県関係者等約100名

 

内容:

「新規就農者の農業経営の安定と地域や農業者との繋がり」

テーマ「新規就農者や若手農業者の農業経営を安定させるには」

 

申し込み方法:

    下記アドレスのセミナーチラシの参加申込書に必要事項を記入の上、平成28年10月28日(金曜日)までに経営・事業支援部経営支援課までFAXでお申し込み下さい。

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部経営支援課    電話    075-414-9055         FAX    075-414-7345

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/sien/161014.html

 

ページトップへ

 

 

「奈良フードフェスティバル C'festa2016」と連携した近畿・地域産品魅力発信イベントの開催について 

 

    農林水産省は、国産農林水産物・食品に対する消費者の理解や信頼を高めることを目的として、地域産品のブランド化の推進、生産者と食品関連事業者、消費者の結び付きの強化を図るため、全国11か所で地域の農林水産物の魅力を消費者に伝えるイベントを実施しています。
    近畿地域では、奈良公園(奈良市)で開催される「奈良フードフェスティバル C'festa2016」と連携し、地域の農林水産物の魅力を広く発信し、その消費拡大を推進するため、「みんなではぐくむ♪にっぽんの食in近畿」と題し、近畿・地域産品魅力発信イベントを実施します。皆様のご来場をお待ちしています。

 

日時:平成28年10月29日(土曜日)~10月30日(日曜日)

 

場所:奈良公園登大路園地(奈良市登大路町)

 

内容:

近畿地域6府県の特色ある農林水産物・食品の魅力を紹介します。

奈良県の女性農業者が近畿地域6府県の食材を使った「温かいメニュー」レシピ紹介や試食と食育講座を行います。

奈良県の女性農業者が地元のハーブを使ったプランター作りのワークショップを行います。

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域食品課    電話    075-414-9025

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/161007.html

 

 

ページトップへ

 

 

営農情報誌「双葉」(No.32)を発行しました  

 

    本情報誌は、主に国営土地改良事業地区の営農にかかる現地の取り組み、施策等の情報を取りまとめ、ホームページ上で公開することで、地域の営農推進の一助としています。

 

最新号 No.32(H28.9発行)の主な内容

[トピックス]

国営亀岡中部地区推進協議会通常総会

「農事組合法人の設立と取組について」をテーマに講演

亀岡中部地区の作物の紹介 ~「紫ずきん」「京 夏ずきん」~

[国営事業地区 現地情報]

建設業から転身し、水耕栽培でグルメトマト生産 ~北淡路地区~

[施策等紹介]

近畿の食と農に係るインバウンドの推進

国営事業地区における取組の紹介

[国営事業地区 産地直売所情報]

イートローカルコウベ ファーマーズマーケット ~東播用水二期地区~

ファーマーズ・マーケットおうみんち ~野洲川沿岸地区~

 

お問い合わせ先

農村振興部農村環境課    電話    075-414-9052

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/keikaku/shigen/futaba/pdf/hutaba32gou.pdf

 

 

ページトップへ

 

 

「国産たくさん週間」のご案内 

 

    国産農林水産物の消費拡大を進めるためには、民間企業・団体・行政等が力を合わせて集中的に取り組むことが必要です。
    農林水産省では、昨年に引き続き、国産農林水産物消費拡大に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」の一環として、11月1日~15日を国産農林水産物の消費拡大に向けた取組強化週間「国産たくさん週間」を実施
いたします。
    また、本取組へのご参加(国産農林水産物やそれらを活用した食品の消費拡大に向けた販売促進フェア、PRイベント等の実施(1日単位から設定可能です))の協力をお願いしています。

 

詳しくはこちら

http://syokuryo.jp/kokusan-week/

 

 

ページトップへ

 

 

3.消費者の部屋

 

近畿農政局「消費者の部屋」10月展示(統計Watch(ウォッチ)!近畿の農林水産業)のご案内 

 

    毎年10月18日は「統計の日」です。
    「統計の日」は、国民の皆さまに、統計の重要性に対する関心と理解を深めていただき、統計調査に対してより一層の御協力をいただくため、昭和48年に定められました。
    この「統計の日」にちなんで、いろいろな統計データを活用し、近畿の農林水産業の現状について、ご紹介します。


テーマ:日統計Watch(ウォッチ)!近畿の農林水産業

 

期間:平成28年10月3日(月曜日)~10月31日(月曜日)8時30分~17時

(土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 

場所:近畿農政局1階消費者の部屋 「特別展示コーナー」

(京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

 

内容:パネルとパンフレットの展示

近畿の農林水産業に関するパネル

近畿農業の概要の紹介

統計からみる近畿水産業の概要の紹介

統計からみる近畿林業の概要の紹介

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課    電話    075-414-9761

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/160926.html

 

ページトップへ

  

 

4.統計情報

 

 2015年農林業センサスミニ分析を掲載しました 

 

    「2015年農林業センサスミニ分析」は、最新の農林業センサス結果を用いて近畿農業の変化や特徴をグラフ化し、簡単な解説を加えたものです。

 

お問い合わせ先

統計部統計企画課    電話    075-414-9620

 

詳しくはこちら

http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/2015census/mini.html

 

 

 

ページトップへ

 

 

 

平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果 

 

前回配信以降公表されたもの

 

詳しくはこちら 
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2016.html

      

ページトップへ 

 

 
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

    秋の楽しみと言えばキノコ狩りが思い浮かびます。焼いたり炒めたり、鍋
に入れるのもいいですね。
    おいしいキノコですが、食用キノコと間違えて毒キノコを食べてしまい食
中毒になるといった事故も発生しています。キノコの見分けは難しいので、
詳しい人のアドバイスをもらうなど気をつけながら、秋の味覚を楽しみま
しょう。
    aff10月号ではキノコの特集を掲載しています。

        aff10月号 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

 

 

☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html


☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
   ⇒ https://www.contact.maff.go.jp/kinki/form/8b56.html


までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集