このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.277 2016年11月25日


目次
1.お知らせ
 ○「食育活動表彰」のご案内
 ○2015年農林業センサスミニ分析第2回を掲載しました
 ○農業分野における独占禁止法等に係る説明会の開催について(再掲)
 ○「農畜産物の輸出における動植物検疫等に関する地方ブロック説明会(近畿ブロック)」の開催について(再掲)

2.消費者の部屋
 ○近畿農政局「消費者の部屋」12月展示(食を支える農業研究)のご案内

3.統計情報
 ○平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果



1.お知らせ

〇「食育活動表彰」のご案内

  食育を推進するためには、農林漁業、食品製造・販売等その他の事業活動、教育活動又はボランティア活動を通じて、食育の推進に取り組む者(以下「食育関係者」という。)による当該取組が全国で幅広く行われることが重要です。
  このため、食育関係者を対象として、その功績を称えるとともに、その取組の内容を広く国民に周知し、食育を推進する優れた取組が全国に展開して
いくことを目的として表彰を行います。
  まだ募集は始まっていませんが、推薦調書の様式等が示されましたので、今からご準備いただきますよう、よろしくお願いします。

お問い合わせ先
経営・事業支援部地域食品課  電話  075-414-9025

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/hyousyo/161102.html


〇2015年農林業センサスミニ分析第2回を掲載しました

  「2015年農林業センサスミニ分析」は、最新の農林業センサス結果を用いて近畿農業の変化や特徴をグラフ化し、簡単な解説を加えたものです。

お問い合わせ先
統計部統計企画課  電話  075-414-9620

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/2015census/mini.html
 

〇農業分野における独占禁止法等に係る説明会の開催について(再掲)

  公正取引委員会と農林水産省は共同で、「農業分野における独占禁止法等に係る説明会及び個別相談会」を平成28年12月8日(木曜日)キャンパスプラザ京都で開催します。
  農業者や商系業者、農協関係者など、農業分野の幅広い関係者の皆様を対象に、農林水産省からは農協が組合員に事業利用を強制してはならないことを明記した改正農協法について、公正取引委員会からは農協と独占禁止法についてご説明します。
  また、農業者等の方々から独占禁止法に係る御相談を公正取引委員会の担当者が受け付ける個別相談会を開催いたします。

日時:平成28年12月8日(木曜日)13時30分~15時30分(受付開始12時30分)
                   個別相談会  15時30分~16時

場所:キャンパスプラザ京都第2講義室(4階)
    (京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路939)

定員:300名

申込方法
  下記アドレスの 6.参加申込要領よりインターネット又はFAXで、必要事項を記入の上、平成28年12月1日までにお申し込みください。

お問い合わせ先
経営・事業支援部経営支援課  電話  075-414-9055

詳しくはこちら
www.maff.go.jp/kinki/keiei/sien/noukyou.html


〇「農畜産物の輸出における動植物検疫等に関する地方ブロック説明会(近畿ブロック)」の開催について(再掲)

  農林水産省では、平成31年の農林水産物・食品輸出額1兆円目標の達成に向け、「農林水産業の輸出力強化戦略」(平成28年5月策定)に掲げた施策に取り組んでいます。
  この度、農畜産物を輸出しようとする生産者、生産者団体、輸出関係団体、流通・販売事業者等の皆様に対して、輸出における動植物検疫の手続等を説明するため、近畿ブロック説明会を開催します。
  個別相談会も開催致しますので、農畜産物の輸出をお考えの方は、是非ご参加ください。  

日時:平成28年12月21日(水曜日)13時30分~16時30分(受付:12時30分~)

場所:大阪合同庁舎第1号館第1別館2階大会議室
    (大阪市中央区大手前1-5-44)

定員:100名程度

申込締切:平成28年12月14日(水曜日)17時

申込方法
  下記アドレスの参加申込みフォームから必要事項を記入の上お申し込みください。
  なお、申込者数が定員に達した場合は、予定の期日より早く受付を締め切らせていただく場合があります。

お問い合わせ先
消費・安全部安全管理課  電話  075-414-9035

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/anzen/161107.html


2.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」12月展示(食を支える農業研究)のご案内

  農研機構西日本農業研究センターでは、新たな品種を生み出しています。そのなかから、国産原料へのニーズに対応し育成された新しい品種を、ご紹介します。
  たとえば、日本初のパスタ用デュラム小麦をはじめ、夏の高温に強い良食味米、もちもちした食感のパンになるパン用小麦などがあります。さらに、
味噌や豆腐・醤油向けの大豆、うどん用小麦など原料用途に適した品種もあり、最近では10月に米粉麺にピッタリの西日本向け高アミロース米も発表し、国産原料で食卓がにぎやかになることを期待しています。
*農研機構は、国立研究開発法人  農業・食品産業技術総合研究機構の通称です。


テーマ:食を支える農業研究
       ~食卓への贈りもの~

日時:平成28年12月1日(木曜日)~12月28日(水曜日) 8時30分~17時
    (土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

場所:近畿農政局1階消費者の部屋 「特別展示コーナー」
    (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容:パネルとパンフレットの展示
      ・日本初 ! パスタ用デュラム小麦「セトデュール」など、西日本農業研究センターで育成した品種の紹介 

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/161117.html


3.統計情報

〇平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • ・平成28年産びわ、おうとう、うめの結果樹面積、収穫量及び出荷量(全国)
  • ・平成28年産うめの結果樹面積、収穫量及び出荷量(近畿、和歌山県)
  • ・平成28年産4麦の収穫量(全国)
  • ・生産者の米穀在庫等調査(平成28年6月末)(全国)


∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

  和歌山県かつらぎ町の四郷地区では、正月の鏡餅を飾る特産の串柿作りが
最盛期を迎え、のれんのようにつるした柿が風に揺れています。
  そう言えばもうすぐ12月、今年もあと一ヶ月となりました。今年やり残し
たことなど、頑張って片付けていこうと思います。


☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060


 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060