このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.278 2016年12月9日

目次
1.トピックス
 ○地理的表示(GI)の登録について

2.お知らせ
 ○「農業参入フェア2016in大阪」の開催について
 ○「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間取りまとめ」に係る説明会の開催について

3.消費者の部屋
 ○近畿農政局「消費者の部屋」12月展示(食を支える農業研究)のご案内(再掲)

4.統計情報
 ○平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果



1.トピックス

〇地理的表示(GI)の登録について

  農林水産省は、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、12月7日、3産品(くにさき七島藺表、十三湖産大和しじみ、連島ごぼう)の地理的表示(GI)を登録したので、お知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省にリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bio/161207.html


2.お知らせ

〇「農業参入フェア2016in大阪」の開催について

  農家の基幹的従事者の高齢化などにより担い手確保に悩む農業現場と、ビジネスチャンスと考えて農業参入を志向する企業のマッチングを推進するため、農林水産省と全国農業会議所は、農業の参入を志向する企業とその受け入れを希望する地方自治体等とのマッチングを行う農業参入フェア2016を大阪で開催します。

日時:平成29年1月25日(水曜日)13時~16時30分

場所:「梅田スカイビル」タワーウエスト10階アウラホール
      (大阪市北区大淀中1-1)

内容:農業参入に関する基調講演・事例報告
      各種ブースを設置して、参入の説明や相談コーナーの受付

参加費:無料

申し込み締切:平成29年1月20日(金曜日)

お問い合わせ先
経営・事業支援部農地政策推進課  電話  075-414-9014

申し込み等、詳しくはこちら(全国農業会議所にリンク)
http://www.nca.or.jp/hojinsien/jirei/fair_index.html


〇「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間取りまとめ」に係る説明会の開催について

  消費者庁及び農林水産省の共同で開催していた「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」において、平成28年11月29日に「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間取りまとめ」が取りまとめられました。
  つきましては、説明会を次のとおり開催しますので、参加を御希望の皆様におかれましては、申込方法に従ってお申し込みください。
  この説明会では、「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間取りまとめ」の内容を中心に、検討会で議論された新たな原料原産地表示制度の基本的な考え方や表示方法について説明します。
  なお、具体的な食品表示基準の説明は、来年の春以降、改めて消費者庁主催で行われる見込みですのでご承知おき下さい。

日時:平成29年1月11日(水曜日) 1回目10時~     2回目14時~

参加可能人数:各回200名程度

場所:大阪合同庁舎1号館 第1別館2階 共用大会議室
    (大阪市中央区大手前1-5-44)

申込期限:平成29年1月5日(木曜日)18時

申し込み方法:
  参加を御希望される各会場の申込期限までに各登録フォームよりお申込みください。
  希望者多数の場合は、抽選を行います。参加いただける方へは、説明会前日までに、御登録いただきましたメールアドレスに御連絡をいたします。
  参加いただけない方には、特段連絡いたしません。当日お越しになりましても参加できませんので御了承願います。

大阪会場 申込登録フォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/syouan/hyoji/0111_oosaka.html

他ブロックでの開催日程、場所についてはこちらを御覧下さい。
(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/161202.html

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/hyouzi/161202.html


3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」12月展示(食を支える農業研究)のご案内(再掲)

  農研機構西日本農業研究センターでは、新たな品種を生み出しています。そのなかから、国産原料へのニーズに対応し育成された新しい品種を、ご紹介します。
  たとえば、日本初のパスタ用デュラム小麦をはじめ、夏の高温に強い良食味米、もちもちした食感のパンになるパン用小麦などがあります。さらに、
味噌や豆腐・醤油向けの大豆、うどん用小麦など原料用途に適した品種もあり、最近では10月に米粉麺にピッタリの西日本向け高アミロース米も発表し、国産原料で食卓がにぎやかになることを期待しています。
*農研機構は、国立研究開発法人  農業・食品産業技術総合研究機構の通称です。


テーマ:食を支える農業研究
       ~食卓への贈りもの~

日時:平成28年12月1日(木曜日)~12月28日(水曜日) 8時30分~17時
    (土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

場所:近畿農政局1階消費者の部屋 「特別展示コーナー」
    (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)

内容:パネルとパンフレットの展示
      ・日本初 ! パスタ用デュラム小麦「セトデュール」など、西日本農業研究センターで育成した品種の紹介 

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/161117.html


4.統計情報

〇平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

前回配信以降公表されたもの

  • ・被害応急調査(平成28年7月~9月)(全国)
  • ・平成28年産水陸稲の収穫量(全国)
  • ・平成28年産水稲の収穫量(近畿)
  • ・農業経営統計調査 平成27年個別経営の営農類型別経営統計(経営収支)-水田作経営-(全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年個別経営の営農類型別経営統計(経営収支)-畑作経営-(全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年個別経営の営農類型別経営統計(経営収支)-野菜作・果樹作・花き作経営-(全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年個別経営の営農類型別経営統計(経営収支)-酪農・肉用牛・養豚・採卵養鶏・ブロイラー養鶏経営-(全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年個別経営の経営形態別経営統計(経営収支)(全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年組織経営の営農類型別経営統計(経営収支)(併載:経営形態別経営統計)(全国)
  • ・平成28年産春植えばれいしょの作付面積、収穫量及び出荷量(都府県)
  • ・農林水産省における業務改善等の取組状況に関する意識・意向調査(全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年度牛乳生産費(全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年度肉用牛生産費[子牛・去勢若齢肥育牛・乳用雄育成牛・乳用雄肥育牛・交雑種育成牛・交雑種肥育牛生産費](全国)
  • ・農業経営統計調査 平成27年度肥育豚生産費(全国)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2016.html


∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

  12月7日は大雪(二十四節気の一つで、雪が激しく降り始めるころ)でした。
  京都では、無病息災を祈る「大根だき」が振る舞われたそうです。
  これからますます寒くなっていきます。こんな時に熱々の大根だきは、体
が暖まりそうですね。おでんの大根にお鍋の白菜など、冬野菜を食べて暖ま
ろうと思います。


☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060


 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060